「キッズメニュー99円」や、バーミヤンの「値下断行」など、2022年も数々のお得なキャンペーンを実施してきたすかいらーくグループが、7月14日(木)より、価格改定を行いました。

今回は、すかいらーく5ブランドの新価格や対象商品について、詳しく紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込です

すかいらーく 価格改定

地域によって値上げ幅が異なる

7月14日(木)より実施となった、すかいらーくグループの値上げは、次の5ブランドが対象です。

  • しゃぶ葉:7月14日(木)~
  • バーミヤン:7月21日(木)~
  • ステーキガスト:7月21日(木)~
  • ガスト:7月28日(木)~
  • ジョナサン:7月28日(木)~

一斉に価格改定を行うのではなく、ブランドによって開始日が異なります。

ブランドによって開始日が異なります

≪画像元:株式会社すかいらーくホールディングス(pdf)≫

今回の値上げは、「地域別価格」を導入。

エリアによって改定内容に違いがあり、地方都市よりも都市部店舗の方が値上げ幅も大きいです。

実際に、どのメニューをいくら値上げとなったのが、ブランドごとの価格改定の詳細を見ていきましょう。

7/14~しゃぶ葉

都市型・その他地域:平均約6%の価格改定

〈ランチ〉

・国産牛&フェア 食べ放題コース:2,969円→3,079円

・フェア食べ放題コース:2,199円→2,419円

・牛2種&三元豚 食べ放題コース:1,869円→1,979円

・三元豚 食べ放題コース:1,594円→1,649円

〈ディナー〉

・国産牛&フェア 食べ放題コース:3,409円→3,519円

・フェア食べ放題コース:2,749円→2,859円

・三元豚 食べ放題コース:1,869円→1,979円

・三元豚 食べ放題コース:2,034円→2,089円

しゃぶ葉の値上げ幅は、ランチが55円~220円、ディナーは55円~110円です。

値上げは残念ではありますが、今年3月にした「小学生は一律980円」の実質的な値下げは、継続で実施します。

7/21~バーミヤン

都市型:平均約6%の価格改定

その他地域:平均約3%の価格改定

・本格焼餃子(6コ):274円→関東圏 285円/その他 価格据え置き

・レタスチャーハン(スープバー付き):598円→関東圏 615円/その他 604円

・五目焼そば:799円→関東圏 824円/その他 813円

・海老のチリソース:799円→関東圏 824円/その他 803円

・武蔵野麻婆:549円→関東圏 582円/その他 571円

・担々麺:699円→関東圏 714円/その他 704円

・アンニンドウフ:219円→関東圏 230円/その他 価格据え置き

・キリン一番搾り生ビール:494円→関東圏・その他 549円

全体の値上げ幅は、11円~55円。

対象8品のうち、都市部以外の店舗では、「本格焼餃子」「アンニンドウフ」が価格据え置きとなります。

今年4月、バーミヤンでは、16品を最大134円価格を下げる「値下断行」を実施しましたが、今回の価格改定により、「担々麺」が最大15円値上げとなりました。

しかし、担々麺の旧価格は799円ですので、価格改定後も「値下断行」の恩恵は受けられます。

7/21~ステーキガスト

都市型・その他地域:平均約5%の価格改定

・ダブルハンバーグ:989円→1,044円

・目玉焼きハンバーグ:659円→714円

・みすじステーキ 約300g:2,199円→2,419円

・サーロインステーキ 約300g:2,419円→2,529円

・ヒレステーキ 約200g:2,694円→2,804円

・サイコロステーキ 約240g:1,649円→1,759円

・MEGA盛りカットステーキ 約400g:1,979円→2,089円

・チキンステーキ:769円→824円

ステーキガストは、他ブランド比べてもともとの価格が高いため、値上げ幅も55円~220円と大きいです。

都市部・その他地方の値上げ幅が変わらないので、関東にお住まいの方にとってはメリットもかもしれません。

7/28~ガスト

都市型:平均約6%の価格改定

その他地域:平均約3%の価格改定

・チーズINハンバーグ:699円→都市型・その他 769円

・トマトソーススパゲティ:549円→都市型 560円/その他 550円

・マルゲリータピザ:659円→都市型・その他 714円

・から好し定食(から揚げもも4個):759円→都市型 869円/その他 据え置き

・チキテキスパイス焼き:769円→都市型 780円/その他 770円

・日替わりランチ(スープバー付き):593円→都市型・その他 604円

・ガストバーガー:899円→都市型 910円/その他 900円

・セットドリンクバー:241円→都市型・その他 263円

ガストの値上げ幅は、1円~70円です。

都市部以外の店舗では、「から好し定食」が価格据え置きとなります。

対象商品と価格を見てみると、ガストの値上げはそれほど金額が大きくなく、クーポンやキャンペーンを賢く使えばカバーできる範囲です。

7/28~ジョナサン

都市型・その他地域:平均約5%の価格改定

・タスマニア島ビーフ100%ハンバーグ 和風ビネガーソース:1,209円→1,264円

・若鶏のグリル 和風てりやきソース:934円→989円

・一日分の緑黄色野菜が摂れるドリア:879円→934円

・たっぷりコーンとベーコンのピザ:769円→824円

・本まぐろの鉄火丼 みそ汁・小鉢つき:1,499円→1,539円

・ヒレカットステーキ シャリアピンソース:1,499円→1,539円

・パンケーキ:439円→494円

ジョナサンの値上げ幅は、40円~55円。

6月25日放送の「ジョブチューン」(TBS系)のジャッジ企画で、一流料理人が絶賛した「タスマニア島ビーフ 100%ハンバーグ」値上げとなりました。

参照:株式会社すかいらーくホールディングス(pdf)

クーポン・キャンペーン利用で値上げ分はカバーできる

すかいらーくグループ5ブランドの値上げは、利用する側にとって苦しいものではありますが、クーポンを上手く使うことで、値上げ分を補えます。

  • 公式アプリ
  • スマートニュース
  • Yahoo!JAPANアプリ
  • LINEクーポン
  • 紙のクーポン

上記のクーポンと合わせて、各ブランドのキャンペーンやキャッシュレス決済各社の還元・抽選キャンペーンを併用するとさらにお得です。

価格改定は行いましたが、すかいらーくグループの飲食店は、そもそも価格がお手頃。

工夫次第で、今後もリーズナブルに利用できますので、キャンペーン情報も定期的にチェックしておきましょう。(執筆者:三木 千奈)