ネットでの支払いは、クレジットカードが一般的です。

しかし、クレカ出の支払いを終了、縮小するサービスがいくつかあります。

忘れずチェックして、対策をしてください。

クレカ払い終了・縮小

【TSUTAYAオンラインショッピング】9/16よりクレカ払いが利用不可に

9/16よりクレカ払いが利用不可に
≪画像元:カルチュア・コンビニエンス・クラブ

「TSUTAYAオンラインショッピング」では、9月16日よりクレジットカード払いによる「自宅配送」が利用できなくなります。

決済代行会社の業務終了によるものです。

9月16日以降は、8月29日より利用開始予定の代金引換で支払うこととなります。

ただし、BOOKの注文については代金引換を利用できません(一部商品を除く)。

「店舗受取」では従来の支払い方法を引き続き利用可能

「店舗受取」では従来の支払い方法を引き続き利用可能
≪画像元:カルチュア・コンビニエンス・クラブ

BOOKの注文はどうすればいいのかというと、「店舗受取」を利用してください。

クレジットカードが利用できなくなるのは、「自宅配送」のみです。

店舗受取なら、クレジットカードはもちろん、電子マネーやコード決済などで支払えます。

カート内商品名の下に「TSUTAYA店頭受取限定商品」と記載されているBOOKの注文は、自宅配送を利用できないものの店舗受取を利用可能です。

近くにTSUTAYA店舗がある人は、送料もかからない店舗受取を利用しましょう。

10月以降に配送予定の商品を予約している場合

10月以降に配送予定の商品を予約している場合、TSUTAYAコンタクトセンターより個別にメール・電話にて連絡があります。

TSUTAYAオンラインショッピングからのメール、TSUTAYAコンタクトセンターからの電話(0570-064-038)の際には、注意してください。

Tサイトとのクレジットカード情報の連携が解除

現在クレジットカード払いを利用している人は、Tサイトとのクレジットカード情報の連携が解除されます。

Tサイトに登録済みのクレジットカード情報は、2022年秋頃に削除予定です。

先手を打って情報削除したい人は、Tサイト「お客様情報の確認ページ」で削除手続きできます。

【DMM.com】7/29でMastercardが利用不可に

7/29でMastercardが利用不可に
≪画像元:DMM

7月29日14時をもって、DMM.com内のサービスでMastercardの利用ができなくなります。

それ以降は、Visa、JCB、ダイナース、アメックスが引き続き利用可能です。

継続利用サービスの利用者は注意

DMM.com内の継続利用サービスを利用している人は、特に注意してください。

都度利用と比べて、どのクレジットカードを使っているかを把握しにくいからです。

忘れずに、Mastercard以外のカードに変更しましょう。

「DMMモバイル」は引き続き利用可能

「DMMモバイル」は引き続き利用可能
≪画像元:DMM

かつて筆者も利用していた「DMMモバイル」も、DMMのサービスの一つです。

ただしこちらは、7月29日14時以降も引き続きMastercardを利用できます。

7月20日14時~7月29日の期間中、Mastercardへの登録カード変更受付が一時的にできません

7月29日以降、Mastercardへの変更受付が可能となりますので、安心してください。

Amazon Pay、PayPalは対象外

Amazon Pay
≪画像元:DMM

Amazon Payとは、Amazonアカウントを使った決済サービスです。

Amazon.co.jpだけでなく、DMMでも利用できます。

ただし、支払いに直接使えるわけではなく、Amazon PayからチャージしたDMMポイントを支払いに充てる、という形です。

Amazon Payの支払い元にはMastercardも設定できますが、こちらは今回の利用不可の対象ではありません

PayPalも同様です。

「DMM JCBカード」ならDMMで4%還元

「DMM JCBカード」ならDMMで4%還元
≪画像元:DMM

代わりのカードとしておすすめなのが、「DMM JCBカード」です。

「ウマ娘」など人気キャラクターデザインのカードが12種類あり、いずれも年会費はかかりません

さらに、最短当日に利用可能です。

DMMでの利用で、DMMポイントが4%還元されます(DMM以外でも1%還元)。

8月29日までの期間中、新規入会で1万円分のDMMポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

複数のカードを準備しよう

「TSUTAYAオンラインショッピング」では、自宅配送におけるクレジットカードが利用できなくなります。

また、「DMM.com」内のサービスも、Mastercardの利用ができなくなります。

DMM JCBカードをはじめ、複数のカードを準備しておくと、登録できないリスクを避けられるでしょう。