現在副業では、ネットで稼ぐ系が大人気となっています。

しかし中にはネットがどうも苦手で、直接体を動かして稼ぎたいと思う方も多いです。

「ネットを極力使わない稼ぎ方を知りたい」

「複数の稼ぎ方から吟味して選びたい」

ネットを使わない稼ぎ方について知りたい方は、上記のような疑問を持たれることもあるでしょう。

そこでこの記事ではネットを極力使わない、代行業での稼ぎ方をまとめました。

運転代行

代行業での副業はバイトよりも時給が高くおすすめ!自分に合うものを選択しよう

代行業は、誰かの困ったことを代わりにやってあげるものです。

もちろん募集や入り口はネットを介したほうが良いものの、実務はほとんど自分が体を動かして代行します。

1. 運転代行(レンタカー回送含む)

運転代行は、運転ができない方の代行を行うものです。

よく深夜に「自分の車があるけど飲酒をしてしまった」という方の代行を行います。

またレンタカーの回送も、おすすめの代行業です。

レンタカーは各地で乗り終わった車を、販売店に戻したり移送したりするものとなっています。

筆者はどちらも経験しましたが、レンタカー回送は人とも会わないし運転が好きな方なら最適です。

時給にして1,000〜1,500円程度が期待できます。

週に1日の勤務でも、2〜4万は目指せるのが良いところです。

おもにインディードのような、求人募集サイトで見つけられます。

2. 家事代行

家事代行は、家事ができない方に代わって家事を行うものです。

筆者は家事が苦手だったものの、料理代行や買い物代行、付き添い代行を行った経験があります。

基本的に相手の要望に合わせて業務をこなしていくため、あまり難しいものはありません

むしろ相手の不快をなくし、円滑なコミュニケーションができるかどうかにかかっています。

家事が得意な方であれば、かなり高時給を狙えるのが強みです。

時給にして1,200〜2,000円と幅が広くなっています。

本業として活躍されている方もいて、月に20万以上稼いでいる方も多いです。

家事代行で検索すると、タスカジベアーズといった代行サービスがヒットします。

求人募集サイトでもヒットしやすいです。

家事代行

3. 結婚式の出席代行

意外と需要があるのは、結婚式の出席代行です。

さまざまな事情で、出席の代行を依頼したい場面があります。

「相手との人数を合わせたい」

「友人が少ないので席を埋められない」

「式場を借りたいけど人数が足りない」

そういった際に、友人や知人になりすまして出席を行います。

最低限のマナーやドレスコードが必要になるものの、日給は1万円以上となかなか良い案件です。

拘束時間も2〜3時間程度と、副業としては負担も少なめ

代行サービスに登録し、複数の人数でペアとなって行くため初心者にも安心です。

結婚式の出席代行

4. 営業代行

「もっと稼ぎたい!営業力には自信がある!」

という方には、営業代行をおすすめします。

営業代行は成果報酬や業務内容に応じ、やることが非常に幅広いです。

アポ取りや商品成約といった違いもあるので、自分が得意なものを狙うと高収入が期待できます。

例えばリアルアフィリエイトと呼ばれる「リファラル営業」であれば、自身の人脈をフル活用することも可能です。

人材に困っている社長さんがいれば、人材サービスの案件を紹介する…といった形も取れるでしょう。

企業側としても成約率が高いため、企業ではなく信頼のある個人から営業をしてもらいたい思惑があります。

詳しい収入例や業務内容・始め方は過去の記事にまとめましたので、詳しく見たい方はぜひ確認してみてください。

 

自分の体を動かして収入を獲得していきたいなら代行業がおすすめ!

筆者も代行業をいくつか試しましたが、ネットを使ったものと違って直接感謝されることが多いです。

あまりネットを使いたくないと思う方であれば、非常に相性が良いでしょう。

ぜひ気になるものがありましたら、情報収集をしてサービスへ登録するところから始めてみてください。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)