PayPayポイントをミニアプリで疑似運用体験できる「PatPayポイント運用」、提供開始から2年で利用者は600万人を超えました。

まだ始めていないという人、今回紹介する最新情報やお得キャンペーンを読んで、始めてみてはいかがでしょうか。

PayPayポイント運用 「金(ゴールド)コース」

「金(ゴールド)コース」が誕生

「金(ゴールド)コース」が誕生
≪画像元:PayPay

これまではテクノロジー、スタンダード、チャレンジの3コースだったPayPayポイント運用に、8月8日より「金(ゴールド)コース」が加わりました。

文字通り、金で運用するETFの価格に連動するものです。

金で運用するETFの価格に連動
≪画像元:PayPay

他のコースは複数企業によるリスク分散はありますが、株価に連動しています。

金(ゴールド)コースのみ、金で運用するETFの価格に連動しており、株価下落時にも影響を受けにくくなります。

リスク回避としてもおすすめです。

自動追加設定も可能

自動追加設定も可能

≪画像元:PayPay

投資初心者は、どのコースを選んでよいか分かりませんよね。

「全コース」を選ぶとリスク分散できますが、ポイントの追加が面倒です。

そんなとき、「自動追加」を設定すれば面倒ではありません。

新たにPayPayポイントが付与されると、「金(ゴールド)コース」→「テクノロジーコース」→「スタンダードコース」→「チャレンジコース」の順に、金額が自動追加されます。

【PayPayをはじめてみる(iPhone)】
【PayPayをはじめてみる(Android)】

(8/31まで)利用規約への同意だけで1,000円相当もらえるチャンス

利用規約への同意だけで1,000円相当もらえるチャンス
≪画像元:PPSCインベストメントサービス

7月27日~8月31日の期間中、「ポイント運用」の利用規約に新規同意してください。

利用規約に新規同意するだけでOKで、実際にPayPayポイントを追加する必要はありません。

以下のように、抽選で「スタンダードコース」の運用中残高(運用ポイント)が9月上旬以降に付与されます。

 

・1等:1,000円相当(1,000名)

・2等:100円相当(3万名)

 

一度PayPayポイントとして引き出せば、別のコースを選択して追加することもできます。

もらった運用中残高(運用ポイント)は、一度PayPayポイントに交換して、再度別コースを選択して追加することも可能です。

(9/30まで)自動追加設定で300円相当もらえるチャンス

自動追加設定で300円相当もらえるチャンス
≪画像元:PPSCインベストメントサービス

現在、自動追加設定のキャンペーンが開催中です。

ポイント運用内の自動追加設定
≪画像元:PPSCインベストメントサービス

7月27日~9月30日の期間中、ポイント運用内の自動追加設定をしてください。

各月末23時59分時点で自動追加設定を継続中の人を対象に、300円相当の「スタンダードコース」の運用中残高(運用ポイント)が抽選で当たります。

過去に自動追加設定をしたことがある場合でも、どのコースを自動追加設定しても、キャンペーンの対象です。

自動追加設定の方法

自動追加設定の方法
≪画像元:PPSCインベストメントサービス

ポイント運用のホーム画面の「その他」→「自動追加設定」をタップします。

自動追加設定をしていないと「自動追加なし」にチェックがついた状態です。

自動追加設定をしたい該当コースを選択し、内容を確認して「自動追加する」を選択すれば、自動追加設定が完了します。

キャンペーンの注意点

引き出しをすると自動追加が解除されますので、月末までに再度設定してください。

還元されるのは、手数料相当額を除外した運用中残高(運用ポイント)です。

(9/14まで)手数料の最大90%分を還元

手数料の最大90%分を還元
≪画像元:PPSCインベストメントサービス

現在、PayPayポイントを運用ポイントに交換(追加)する際、1%の手数料がかかります。

交換(追加)するPayPayポイントが100円未満なら手数料はかかりませんが、何回も手続きするのは面倒ですね。

そんな方に、手数料の50%が還元されるキャンペーンを紹介しましょう。

最大90%還元には100万円追加が必要

最大90%還元には100万円追加が必要
≪画像元:PPSCインベストメントサービス

8月15日~9月14日の期間中、「1回あたり100円以上」のPayPayポイント追加額の合計金額が1万円以上の人に、以下のように手数料相当額の一部が9月下旬以降に還元されます。

・1万円~2万4,999円:50円付与(1万円追加時、手数料相当額の最大50%)

・2万5,000円~4万9,999円:125円付与(2万5,000円追加時、手数料相当額の最大50%)

・5万円~7万4,999円:250円付与(5万円追加時、手数料相当額の最大50%)

・7万5,000円~9万9,999円:375円付与(7万5,000円追加時、手数料相当額の最大50%)

・10万円~24万9,999円:500円付与(10万円追加時、手数料相当額の最大50%)

・25万円~49万9,999円:1,500円付与(25万円追加時、手数料相当額の最大60%)

・50万円~74万9,999円:3,500円付与(50万円追加時、手数料相当額の最大70%)

・75万円~99万9,999円:6,000円付与(75万円追加時、手数料相当額の最大80%)

・100万円以上:9,000円付与(100万円追加時、手数料相当額の最大90%)

還元率アップには、ポイント追加額をできるだけ多くしつつ、付与単位の下限を狙うといいでしょう。

ポイントを追加する先のコースはどこでも対象で、複数コースへの追加は合算できます

キャンペーンの注意点

対象外に気を付ける
≪画像元:PPSCインベストメントサービス

還元対象となるのは、100円以上/回のポイント追加です。

99円以下/回のポイント追加には手数料が発生しませんが、還元対象にもなりません

また、自動追加でのPayPayポイント追加も対象外です。

還元されるのは「スタンダードコース」の運用中残高(運用ポイント)で、PayPayポイントではありません

還元される運用中残高(運用ポイント)は同サービス内でのみ利用可能ですので、PayPayポイントとして利用するには、引き出して交換してください。

手数料やリスクに注意

今回は、PayPayポイント運用の最新情報を紹介しました。

元手がポイントなので、お財布の現金へのダメージはありません。

しかし、100円相当以上のPayPayポイントを運用ポイントに交換(追加)する際、1%の手数料がかかり目減りします。

また、リスクも当然ありますので、余裕を持って運用してください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)

【PayPayをはじめてみる(iPhone)】
【PayPayをはじめてみる(Android)】