一時期よりも魅力は薄れましたが、それでも「Kyash」はまだまだ使えます。

そんなKyashがアメックスからのチャージに対応したので、紹介しましょう。

Kyashがアメックスからのチャージに対応

Kyashがアメックスからのチャージに対応


≪画像元:Kyash

7月5日、KyashがJCBとアメックスからのチャージに対応しました。

これでカードの選択肢が増えますね。


≪画像元:Kyash

クレジットカードの登録方法も、これまでと変わりありません。

カード発行会社ごとに異なる還元率

アメックスが対応したのは、特に大きいです。

アメックスブランドのクレジットカードは、さまざまな会社から発行されていますが、発行会社によってポイント還元率も異なります。

【アメックス発行カード】還元率は半減


≪画像元:アメリカン・エキスプレス

アメックス自体が発行しているカード(プロパーカード)で採用しているポイントは、「メンバーシップ・リワード」です。

基本的には100円利用すると1ポイント貯まり、1ポイント=1円相当ですから、還元率は1%となります。

しかし、Kyashへのチャージは100円=1ポイントとして換算されません。

電気料金や国民年金保険料と同様に、200円=1ポイントと還元率が半減します。

以下のカードは、還元率が若干異なります。

・ ヒルトン・オナーズアメックス:200円=2ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

・ ヒルトン・オナーズアメックス・プレミアム:200円=3ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

・ Marriott Bonvoyアメックス:200円=2Marriott Bonvoyポイント

・ Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム:200円=32Marriott Bonvoyポイント

Apple PayのnanacoやモバイルSuicaが、還元すらされないのを考えればまだましですが、それでもさびしいですね。

【セゾンカード】目減りなし


≪画像元:クレディセゾン

セゾンカードにもアメックスブランドがあり、0.5%分の永久不滅ポイントが貯まります。

こちらはプロパーカードとは異なり、Kyashへのチャージでも還元率が減りません

【三菱UFJニコス】目減りなし


≪画像元:三菱UFJニコス

三菱UFJニコスにもアメックスブランドがあり、0.5%分のグローバルポイントが貯まります。

こちらも、Kyashへのチャージで還元率が減りません

【楽天カード】7/1より還元なし


≪画像元:楽天カード

楽天カードにもアメックスブランドがあります。

他のブランドと同様に、普通に利用する分には還元率1%です。

しかし、2022年7月1日より、au PAYチャージとKyashへのチャージが、ポイント還元の対象となりました。

アメックスの「修行先」としておすすめ

アメックス自体が発行しているカードからKyashにチャージすると、還元率が半減します。

それでも、セゾンカードや三菱UFJカードと同じ0.5%ですが、わざわざチャージする意味を見出しにくいですよね。

実は、プロパーのアメックスの「修行先」として、Kyashがおすすめなんです。

「修行」とは、クレジットカードをガンガン使って、ポイントや特典を得ることです。

ANAアメックス・ゴールドの場合

≪画像元:アメリカン・エキスプレス

例えば、ANAアメックス・ゴールド(年会費3万4,100円)に9月27日までに新規入会して、入会後4か月以内のカード利用で、最大12万2,000マイル相当を獲得できます。

その内訳は、以下の通りです。

・ 入会ボーナス:2,000ポイント

・ 入会後4か月以内に50万円以上利用:2万5,000ポイント

・ 入会後4か月以内に120万円以上利用:4万5,000ポイント

・ 入会後4か月以内に150万円以上利用:3万5,000ポイント

・ 150万円利用で獲得できるポイント:1万5,000ポイント(1%還元の場合)

普通に利用していては、4か月で150万円もとても使えません

そこで役立つのが、Kyashへのチャージです。

キャッシュへのチャージ上限額は、最高30万円/回・24時間です。

アメックスからのチャージ残高は、最高1,000万円まで保有できます

これだけ余裕があれば、ガンガンチャージできますね。

チャージしたKyashはさまざまなことに使える

今回は、Kyashがアメックスからのチャージに対応した件について紹介しました。

チャージしたKyashは、Visa加盟店で利用できます。

すぐに使わない方は、他の電子マネーなどへのチャージ元として使うのもいいでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)