このところ、都内各地でQRコード決済のキャンペーンを実施しています。

筆者は多くに出掛け、日常の買い物をしています。

2022年12月は特に、多くの地域で還元がおこなわれています。

スーパーとドラッグストアで還元が受けられると、買いだめその他の意欲が湧きますが、中小企業のみ対象なのがネックです。

それでも調べれば還元店があるので、ご案内します。

2022年12月の東京・城北は QRコード決済の還元ラッシュ!

東京都区内の12月はこれだけ同時に大型還元実施中

自治体ごとの大型還元は住民に限りません。

還元を求め、近隣の区にまで出掛けてみてはいかがですか。

2022年12月現在実施中のキャンペーンについて、最大還元率、対象QRコード決済をご案内します。

「4種類」はPayPay、d払い、au PAY、楽天ペイです。

23区内だけで、実にこれだけ実施しています。

【本記事で重点的に取り上げている区】

・ 台東区(年内)《20%・PayPay》

・ 荒川区(~12/28)《20%・4種類》

・ 文京区(~1/10)《30%・PayPay》

【別記事ですでに取り上げた区】

・ 足立区(年内)《30%・PayPay》

・ 品川区20%(~12/8早期終了決定)《20%・4種類》

 

 

【それ以外】

・ 練馬区(年内)《20%・PayPay》

・ 北区(年内)《30%・PayPay》

・ 葛飾区(年内)《30%・4種類》

・ 中野区(~12/14)《15%・PayPay》

・ 杉並区(~12/20)《30%・PayPay》

・ 港区(~2/28)《20%・PayPay》

・ (2023/1/10~2/12予定)墨田区

いずれも早期終了が見込まれます。

12月31日までの予定でも、暮れのお買い物を待たず終了する可能性も大です。

品川区も前倒し終了となりました。くれぐれもお早めに。

都区内大型キャンペーンの共通項

10月実施済の江東区などはかなり独自性の強いものでしたが、これを除くと還元率の幅(15~30%)はあるものの、内容は次の通りおおむね一緒です。

 

・ エントリー不要

・ アプリを入れれば誰でも還元

・ 共通ポイントで還元(d払いの場合、期間限定dポイントを付与)

・ 中小企業のみ対象

・ 大手スーパーやコンビニは対象外

・ PayPayはおおむね利用可(他社クレジットカード払いだと対象外)

・ PayPay以外も対象の場合、還元上限はそれぞれ設けられているため有利

 

中小企業でも比較的大きな会社や、中小企業の運営する大手フランチャイズ店舗など、例外もあります。

これらの店舗をいかに活用するかが、お得なキャンペーン活用の第一歩です。

還元を受けられる城北のスーパーとドラッグストア、そしてそれ以外

2022年12月1日、実際に台東区と荒川区、文京区を歩いてまいりました。

城北を中心に、特に役立つ店舗をお知らせします。

なお★を付けた店舗は、アプリのみで確認し、直接現地(または公式サイト)で確認していない店舗です。

各QRコード決済アプリで対象店舗を調べられますが、実際には使えなかったりするケースも多々あります。

足立区でも、2度目の訪問の際アプリの地図から消えていた(恐らく修正が入った)、幻の対象店舗も数件ありました。

逆に、還元店ではあることを現地で確認したがどうみても「スーパー」ではない小型商店だったケースは取り上げていません。

★付の店舗は、ご自身で必ずご確認をお願いします。

 

 

スーパーマーケット

・ ベルクス(足立区に10店舗)

・ ユータカラヤ(荒川区東日暮里)※ロピアグループ

・ スーパーみらべる(荒川区、北区、練馬区に複数)※公式サイトでいずれも還元対象であること確認済

・ のなかストアー(台東区谷中)

・ スーパーたなか(足立区北千住に3店舗)

足立区で30%還元のベルクスは江戸川区にも店舗(中葛西店)がありますが、還元対象外です。

ユータカラヤは実質「ロピア」であり、大型のスーパーのため、20%還元はお得です。

高円寺(杉並区)にもありますが、QRコード決済非対応のようです(アプリ調べ)。

のなかストアーは日暮里方面から「夕焼けだんだん」を抜けて谷中銀座を端まで進んだあたりにある小型のスーパーです。

ドラッグストア

・ マツモトキヨシ(一部)

・ ぱぱす(一部)

・ ★三千里薬品

・ ユニバーサルドラッグ

マツモトキヨシは全店ではないものの、城北の一部の店舗が還元対象となっています。

たとえば御徒町の3店舗、北千住の3店舗、★浅草の4店舗等です。

ぱぱすはマツモトキヨシのグループで、マツキヨと同様に還元店があります(例:東上野)。

先に取り上げた台東区のスーパー、「のなか」の西にさらに進むと文京区になりますが、付き当たりにあるぱぱすは還元店(30%)です。

他にも文京区関口、小石川等も還元店です。

PayPayアプリでマツモトキヨシの還元店を見つけるのは少々手間ですが、次のようにするとわかります。

 

1. Google Mapで「マツモトキヨシ」を検索

2. 表示された店舗の正式名称を、PayPayアプリの「近くのお店」から進んだ検索窓で検索

3. 「応援」マークが表示されれば還元対象店

 

一方で、統合されたココカラファインは非対象です。

御徒町にある三千里薬品はアプリでは還元対象となっていますが、12月1日に現地に出向いたところポスターは一切出ていませんでした

その他

御徒町の有名な★「二木の菓子」が還元店です。

★人形町今半、★黒船亭(洋食)等も還元店です。

「スーパーのなか」もある谷中銀座には、台東区側、それから隣接する文京区側にも多くの還元店がありました。

カフェや甘味処、お土産などが目立ち、外国人観光客も多い商店街です。

それから、日暮里駅から中央通りを進むと「スーパーみらべる」がありますが、その周囲は繊維街です。

手芸用品や生地を扱うお店が多いですが、この中に還元店も多数ありました。

散歩も兼ねて還元を楽しもう

広範囲で同時に、短い期間で還元が実施されています。

こんなときこそ思わぬお気に入り店舗が見つかるものです。

アプリだけではわからないことも多いので、事前に目星は付けつつも、実際に街を歩いてみるのをおすすめします。

一日の最後に、スーパーやドラッグストアで散歩をフィニッシュするといいでしょう。(執筆者:金融系ライター 沼島 まさし)