コロナで中止されていた祭りが続々と再会している中、コロナ禍でも開催し続けた祭りが「ヤマザキ春のパンまつり」です。

参加者数でいえば、ギネス世界記録に登録されていても決しておかしくありません。

世界には「奇祭」と呼ばれる祭りがいくつかありますが、「ヤマザキ春のパンまつり」もその1つかもしれません。

2023年も開催が決定した「ヤマザキ春のパンまつり」の概要を紹介します。

春のパンまつり

2023年の「ヤマザキ春のパンまつり」の概要

春のパン祭りはもはや奇祭≪画像元:山崎製パン

1981年に第1回目のパンまつりが開催されて以降、東日本大震災のあった2011年には名前を「白いお皿プレゼントキャンペーン」としたものの、中断はありません。

2023年で43回目となる歴史と伝統にあふれたお祭りで、ユネスコの無形文化遺産に登録されていてもおかしくありません。

2月1日~4月30日(北海道地区は3月1日~5月31日)に、対象商品に貼付してある点数シールを30点分集めましょう。

2月1日~5月14日(北海道地区は3月1日~6月11日)に、ヤマザキ商品取扱店で景品と引き換えられます。

2023年の景品は「白いフローラルディッシュ」

2023春のパン祭りの引換品≪画像元:山崎製パン

景品は毎年デザインが変わっている「白いお皿」、2023年の白いお皿は「白いフローラルディッシュ」です。

直径190mm、高さ19mmで、リムのフリルがレトロっぽくもあり、キュートにもエレガントにも見える不思議なお皿です。

強化ガラスでできたお皿は軽くて丈夫、電子レンジにも使えます。

山崎製パンの広報の方によると、毎年1,400万枚ほど用意されているとのことですから、お皿を作っているフランスの街にもそれなりの経済効果があり、パンまつりは世界を幸せにします。

洋の東西を問わず、幅広い料理の盛り付けに活躍するでしょう。

2023年はWebでも「まつり」を開催

コロナ禍で会議や飲み会だけでなく、祭りや旅行もオンラインでという風潮になりました。

少し寂しい気分もありますが、誰でも参加しやすくなります。

今年は「ヤマザキ春のパンまつり」でもWebで「まつり」を開催しますので、興味のある方は参加してください。

(1/31まで)ツイッターで「えらべるPay」1,000円分もらえる

Twitterで選べるペイ≪画像元:Twitter

1月31日までの期間中、山崎製パン公式ツイッターアカウントをフォローし、「カウントダウンキャンペーン」対象投稿をリツイートしてください。

対象投稿内にあるURLから抽選サイトにアクセスし、抽選結果を確認すると、毎日30名に「えらべるPay1,000円分」が当たります。

えらべるPayは、PayPayポイントやdポイントなどに交換できます。

1日1回応募可能で、早めに応募するほどチャンスが広がりますので、パンまつりの「前夜祭」として楽しんじゃってください。

(2/1~2/28)ツイッターでオリジナルキーホルダー3種セットがもらえる

ツイッターでオリジナルキーホルダー3種セットがもらえる≪画像元:山崎製パン

次に紹介するのは、パンまつり前半戦と並行して行われるWeb上の祭りです。

2月1日~2月28日の期間中、山崎製パン公式ツイッターアカウントをフォローし、「#うちのパンまつり」をつけてツイートしましょう。

エピソードは自由ですので、つぶやくどころかWeb世界の中心で、あなたのパンまつりにかける熱い愛を叫んでください。

抽選で100名に「ロイヤルブレッドセット」、「ランチパックセット」のいずれかのオリジナルキーホルダー3種セットがもらえます。

  • 「ロイヤルブレッドセット」はロイヤルブレッド、北海道チーズ蒸しケーキ、ミニスナックゴールドの3種、
  • 「ランチパックセット」はランチパック(ピーナッツ)、まるごとソーセージ、まるごとバナナの3種です。

甲乙つけがたいですが、筆者が実際に食べるなら「ランチパックセット」でしょうか。

セット内容は選べません。

(3/1~4/30)合計1,000円分の購入レシートで「えらべるPay」1,000円分もらえる

レシートキャンペーン≪画像元:山崎製パン

最後に紹介するのは、パンまつり後半戦と並行して行われるWeb上の祭りです。

3月1日~4月30日の期間中対象商品を合計1,000円分(税込)購入したレシートを撮影(合算可)します。

必要項目を入力してレシート画像をアップロードしたら応募完了です。

抽選で500名に「えらべるPay1,000円分」が当たります。

ただしこちらのキャンペーン、対象商品が以下に限られます。

  • ロイヤルブレッドシリーズ
  • ルヴァンバターロール(6個入。レーズン・黒糖含む)
  • ランチパック(たまご・ピーナッツ・ツナマヨネーズ)
  • まるごとバナナ

撮影前にレシートを捨てるとまつりに参加する資格がないので、絶対に購入レシートを絶対に捨てないでください。

リアルのハードルは上がるので、やはり北海道行きも選択肢に

2022年は28点だった必要点数が、2023年は30点にアップしました。

パンの価格も上がっていることから、今年の難易度はかなり上がっています。

どうしても点数が足りない人は、遅くまでシールを集められる北海道に、まつりの遠征に行くのも考慮してください。

そこまでできない人は、Web上のまつりにも参加するのも悪くありません。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)