※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

節約は無理があると失敗する お金を貯めるコツと、簡単にできる節約術

節約・ポイ活 節約・ポイ活
節約は無理があると失敗する お金を貯めるコツと、簡単にできる節約術

我慢しないで確実にお金を貯めるコツ

ムリな節約は失敗する

お金を貯めようと思ってもなかなか貯金ができない、節約生活をしていてもお金が貯められないというお悩みがある方も多いかと思います。

節約は無理をすると失敗しがちです。

何事も我慢をする行動は、なかなか長続きしません

節約も我慢をせずに成功できるコツがありますのでご紹介します。

家計簿をつけて日常のお金の流れを把握

日常のお金の流れを自分で把握することが重要です。

何にどれだけお金を使用しているのかを、家計簿をつけて理解するようにしましょう。

最近では便利なアプリがあり、レシートを読み取りするだけで支出の管理もできます。

最初は大まかでも、

どのような項目にどれだけのお金を使用しているのかを理解する

ことがポイントです。


そうすることにより、節約できる項目も自然と見つかるでしょう。


使う口座と貯金をする口座を分ける

・ 自由に出し入れできる口座

・ 貯蓄用の口座]

を2つ作りましょう。

給与などの収入が入れば、まずは決まった金額を貯蓄用の口座に入れておくとよいです。

最初に貯蓄に入れてしまうことで確実にお金を増やすことに繋がり、残った金額でやりくりをする習慣がついてきます。

習慣化されれば無理なく節約ができるようになるでしょう。

簡単でお得な節約成功術

節約をするのには、何をどうすればいいのか分からない場合もあります。

そこで簡単で確実に節約できるコツをご紹介します。

住居費・保険費・通信費などの固定費を見直す

家計の支出は固定費と変動費に分かれています。

固定費は毎月一定額かかる費用で住居費や光熱費、保険費、通信費などになります。

まず節約を考える場合は固定費を見直すようにしましょう。

例えば毎月支払いをしている携帯代ですが、契約しているプランの見直しをしたり、格安スマホに乗り換えしたすることで節約ができます。

同じように保険もプラン内容など常に変化していますので、意外と節約できる場合もあります。

住居費もローンで支払いしている場合になりますが、金利が変動していますので借り換えすることで大きな金額を節約できます。

契約内容やプランを見直すだけでも、節約できる費用を発見できます。

契約やプランを見直そう

クレジットカードや、キャッシュレス決済でポイント還元

最近はキャッシュレス化が進んでおり、支払いを電子マネーやクレジット決済をされる機会も増えてきています。

キャッシュレス決済も、どれを使えばいいのか迷うほどあります。

クレジットカードも種類が豊富にあり、種類や年額の利用料によりポイントが高還元率になるものもあります。

クレジットカードやキャッシュレスで支払いすればポイントが還元されるので、現金で支払うよりお得です。

ポイントをためると買い物ができたり、他の商品に引き換えもできます。

支払い方法を変えるだけでも、節約につながります。

クーポンやアプリを使ってお得に利用する

私たちの日常生活において、クーボンやアプリを使ってお得に利用するのは当たり前になってきました。

スマホを利用して簡単にクーポンを入手できたり、お得なお店を探すことができたりすることは非常に便利です。

場合によっては、半額近くの金額でお得に商品を購入できたり、抽選で無料券がもらえることもありますので、かなりおすすめです。

確実に節約ができる習慣を身につけよう

節約する習慣を身につけることで無理なく貯蓄を増やすことができます。

日頃から少し意識して継続すれば習慣化されますので、まずはできることから始めてみましょう。

不要なものは買わない

節約の基本は不要なもの、無駄なものは買わないことです。

そのためには、何にどのくらい使ったのかを記録をすると良いでしょう。

客観的に出費の傾向をつかむことができます。

無駄を省きすぎない程度に節約を目指すことがポイントです。

ただ必要か不要かの判断が難しい部分もあります。

それらを判断する方法として、何にどのくらい使ったのかという記録を毎月見直しをして、お金の使い方を見直しする習慣をつけることです。

そうすることで、日頃からお金を使う際に自然と不要なものを買わないようになるでしょう。

また、日用品や食料品など生活に欠かせないものを買いに行く際には、事前に数日分の献立をたて必要なものをメモをしておくことで無駄なものを買うことが少なくなります。

材料をうまく使いきるような献立を立てるとより効果的でしょう。

外食をやめて自炊する

外食だけではなく、デパートの地下でお惣菜を買ったり、コンビニでお弁当を買って食べたりすることを含めると意外と回数が多いかもしれません。

外食や出来合いの物を購入しているとどんどんお金を使ってしまいます。

出来合いの物はすぐに食べることができますし、後片付けも簡単なので便利さはあります。

しかし、便利さと引き替えに外食はお財布には優しくありません

例えばランチに1,000円はよくあることですが、スーパーで1,000円というと食材をいろいろと購入でき、いくつかの料理を作ることも可能です。

そう考えると、いかに外食をしたり、コンビニでお弁当を購入するお金が無駄に感じるようになります。

ただ、時には外食するという行為も必要な場合もありますので、月に外食をする上限の回数を決めたり、お昼はお弁当にするなどして、節約するようにしましょう。 

無理のない範囲でコツコツ節約しよう

ムリせずコツコツ

日々お金の流れやちょっとした行動を習慣化することで節約はできます。

誰でもすぐにでもできる方法ばかりですので、まずはできることから無理はぜず楽しみながら節約を始めましょう。(執筆者:編集部)

《編集部》
この記事は役に立ちましたか?
+0

関連タグ

編集部

執筆者: 編集部 編集部

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。イード 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集