※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

若年層が「積立投資」をすべき理由 「一括投資」と「3か月の運用損益」の比較で提示

投資 投資信託
若年層が「積立投資」をすべき理由 「一括投資」と「3か月の運用損益」の比較で提示

今回は、「一括投資」と「積立投資」の違いから、若年層に向いている投資を考察してみましょう。

若年層が 「積立投資」 にすべき理由

「一括投資」と「積立投資」の違い

一括投資」とは、ある一定時点で資金を投じ、それをずっと運用していくことを言います。

一方で「積立投資」は、毎月1回など事前に決めた法則にしたがって、少額ずつ継続的に投資していく方法のことを言います。

比較的年配の方であれば、まとまった資産をお持ちであることが推測されるので「一括投資」を検討されるのもよいかと思います。

しかし、

若年層の方は手持ち資産が少ない一方で、長期に運用していくことが可能ですから「積立投資」を検討されるのがよい

と言えるでしょう。

特に、銀行の給与振込口座から自動的に積み立てる形にしておけば、資産形成しつつ無駄遣いも減らすことができ、一石二鳥と言えます。

積立投資の具体例

それでは、「一括投資」と「積立投資」について具体例で見みてみましょう。

前提

1月1日~3月31日の3か月間、投資を行うという想定です。

なお、手数料や税金はないものとします。

投資対象の値動きは、

1月1日:1万円
2月1日:5,000円
3月1日:2万円
3月31日:1万円

だったと仮定します。

「一括投資」の場合

1月1日に30万円を「一括投資」し、3か月間運用した場合には、1月1日と3月31日の投資対象の価格が同じ1万円ですので、3か月後の評価額は30万円のままで運用損益はゼロです。

「積立投資」の場合

一方、毎月1日(1月1日、2月1日、3月1日の3回)に10万円ずつ合計30万円の「積立投資」を行った場合には、3か月後の時価は35万円となり、運用損益は5万円のプラスとなります。

計算方法としては、

1月1日:
10万円 ÷ 1万円 = 10口

2月1日:
10万円 ÷ 5,000円 = 20口

3月1日:
10万円 ÷ 2万円 = 5口

購入し、

3月31日の評価額は、

3か月合計購入口数:
35口 × 3月31日の時価1万円 = 35万円

となります。

つまり、投資対象の価格が上記の設定のような動きをした場合には、「一括投資」よりも「積立投資」の方が利益が多く生じることになります。

これは常に言えることではありませんが、このように

「積立投資」の方が「一括投資」よりも投資成果が良くなることがある

ということです。

「積立投資」の方が利益が多く生じることも

価格変動幅が大きいものを積立投資の対象にする

それでは、積み立てに向く「投資対象」というのはどのようなものなのでしょうか。

結論から言うと、日々の価格変動が大きいものということになります。

たとえば上記の例で、毎月の価格変動がなかった場合を想定(1月1日、2月1日、3月1日、3月31日ともに価格が1万円であった場合)すると、「一括投資」でも「積立投資」でも3月31日の評価額は30万円で運用損益はゼロとなり、結果は同じになるのです。

これは極端な例ですが、一般的には、

投資対象の価格変動が大きい方が結果的に増えやすい

傾向にあります。

長期間可能ならリスク資産の積立もあり

若年層の方は、長期に渡って積み立てることが可能ですから、安定的な資産ばかりではなく、価格の変動幅が大きなリスク資産で積立てることも考えてみられてはいかがでしょうか。
(執筆者:土井 良宣)

《土井 良宣》
この記事は役に立ちましたか?
+0

関連タグ

土井 良宣

土井 良宣

元日本銀行員で、現在独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍しています。一般的なファイナンシャルプランナーと異なり、マクロ経済分析をベースとした運用アドバイスを独立した立場から行っています。また、相続や保険・家計の見直しのご相談も承っております。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集