簡単なのに、完璧な家計管理ができる「マネーフォワード」とは?

 家計簿をつけてもなかなか続かない、という人は多いのではないでしょうか?さまざまなやり方を試してみても、結局いつのまにか家計簿をつけるのが面倒くさくなり、自然消滅してしまうことも少なくありません。

 そこで、今回は家計の管理を劇的に楽にするアプリ、「Money Forword(マネーフォワード)」を紹介したいと思います!

PCとスマホで楽々家計管理ができちゃいます

 マネーフォワードとは、「銀行の取引履歴」、「財布の中身」、「預貯金等の資産」を一括して管理できる家計簿アプリで、かなりの部分を自動で記録してくれるので、自分で記録する手間を減らせるのが魅力です。

 月ごとの収支の詳細や銀行ごと、費目ごとの収支履歴など事細かに管理できるので、「ここで使いすぎたかな」など問題にも気づきやすいんですよ。


≪トップ画面はこんな感じ≫

マネーフォワードの使い方

 会員登録を済ませたら、手元の現金・資産、それから銀行などの金融機関の登録をしていきます。

◎現金・資産

 現金は、たとえば「現金生活費」というように自分で名前をつけて、現在の残高を入力します。「小遣い」など、複数の現金項目を設定できるのも便利です。

◎銀行

 銀行を登録するには、それぞれの銀行のネットバンキングを利用していることが前提になります。マネーフォワードにIDやパスワードを登録することで、各銀行の取引状況を同期できます。ちなみに、証券口座の登録もできますよ。

※暗証番号など、入出金に必要なものは入力しないので、不正に引き出される、なんてことはありません。

◎その他金融機関

 他にも、携帯会社を登録すればその月の請求額の確認もできますし、楽天市場やAmazonのアカウントを登録しておくことによっていつ、何を買ったのかも確認できるようになります。また、電子マネーやポイント(Tポイントなど)のアカウントも登録できて、それぞれの利用状況も確認できますよ。

ここまで自動でやってくれます!

 銀行で引落や入出金があれば、自動で残高が減ります。つまり、「〇月×日 保険料引落」なんて記録する必要はありません。財布の中のお金を銀行に入金すれば、銀行の残高が増えて、現金の残高も自動で減ります。

 さらに、お金の動きは自動で家計簿に書き込まれ、自動的に「食費」「日用品」など項目も割り振ってくれます


≪銀行口座と連動してくれるのはとても便利≫

自分でやるべきことは?

 現金を使って買い物をした場合は、マネーフォワードは勝手に記録はしてくれません。これは、自分でその都度入力する必要があります。スマホのアプリからなら外出先でもいつでも登録ができますし、現金の動きだけ記録すればいいので楽ですよ。

 また、銀行等の入出金は自動で記録してくれるものの、項目が間違っていたり、「未登録」になっていることもあります。明細で「〇〇生命保険」などと書かれていれば自動で「生命保険」の項目に入れてくれますが、明細だけではっきり分からないものについては割り振ってくれませんので、時々家計簿を確認して修正するといいでしょう。

 ちなみに、毎月引き落とされるようなものは、一度設定すれば次からは自動で割り振ってくれますよ。


≪スマホからの操作も楽々≫

管理するのは現金だけ!

 このように、マネーフォワードを使えば自動でほとんどの家計管理をしてくれるので、自分は現金の管理だけに集中すればいいです。現金だけの管理であればさすがに記録するヒマがない、という人もいないと思いますし、忙しくて面倒くさがりのわたしでもできているので大丈夫です。

 マネーフォワードを使いだしてから9か月ほど経ちますが、今までよりも楽に、しかも漏れなく家計が管理できるので、安心して仕事に打ち込めますよ。ぜひ、試してみてくださいね!

 次回は、マネーフォワードと一緒に使いたい、現金管理を楽にするためのアプリを紹介したいと思います。(執筆者:吉見 夏実)

この記事を書いた人

吉見 夏実 吉見 夏実»筆者の記事一覧 (375) http://manetatsu.com/author/nyoshimi/

1984年生まれ。お金を貯めるのは好きだが同様にお金を使うことも大好き。好きなものを買うために普段はムダ遣いを排除し、シンプルライフを徹底。専業主婦時代には食費月1万円を実践、年間貯蓄額200万円を継続中。お金の使い方やダイエットにも断捨離の考えを取り入れ、無駄なくかつ楽しく豊かに生活する方法を模索中。メディア掲載:日経WOMAN、週刊SPAなど
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう