皆さんはどのようにして収益物件を探していますか?

私が実践している方法も、実はそれほど珍しいものではありません。多くの投資家が実践している王道、つまりインターネットを用いた物件検索がほとんどです。

そうは言っても、

「何か特別なことをしているのでは?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんので、私のこれまでの経験も交えて、収益物件の仕入れについてお話します。

ネットを用いたオーソドックスな検索

楽待・建美家

ご存知の方も多いと思いますが、収益不動産検索サイトの「楽待」や「建美家」を用いて物件検索をします。

地域・価格・利回りなどの希望条件を入力すると、その条件にマッチした物件が表示されるという仕組みです。

希望条件を登録しておくと、条件に近い物件が登録されるたびにメールで知らせてくれる機能もあります。通勤などの空き時間にまとめて物件のチェックができるので、こうしたサービスに登録しておくのもオススメです。

アットホーム

戸建物件の検索には、賃貸物件検索でもお世話になることが多い「アットホーム」のサイトを使うこともあります。

居住用の物件が多いのですが、掲載されている物件の数が圧倒的に多いので、飽きずに根気よく物件探しができる人にお勧めしたいサイトです。

業者からの紹介

まれに、過去に取引をしたことがある業者さんから物件の紹介を受けることもあります。

私が本気で不動産投資を行っていて、どんな物件を探しているかを業者さんは理解しています

業者さんの側に立って考えてみましょう。

私の希望に合った物件であれば、その物件を他のお客さんではなく私に紹介することで、決済まで持って行ける可能性が高いということになります。

私の立場で考えると、優良物件を優先的に紹介してもらえるというメリットが生じます。このようにウィンウィンの関係となり、両者にとってメリットが大きいということですね。

このような関係を築くためにはコミュニケーションが大事だと思います。

内見して物件に良い印象を持ったならば、業者さんにその感想を伝えて購入を検討する意思表示をすること。購入する意思がないなら、それを率直に伝えることが大事です。

「○○万円であれば購入します!」と、具体的な金額を伝えるのも良いでしょう。業者さんが売主さんと交渉してくれますので、その結果を待ちます。希望通りの金額で、業者さんが交渉をまとめてくれたようなら、即買付けを入れることが肝心です。

そこでもう少し値切ろうという邪念を見せようものなら、その業者さんと良好な関係を築くことはできません。したがって、内見に行く際には心構えをしておくことが必要です。

また、年賀状には「良い物件が出たら紹介してください」など、一筆副えておくと良いかもしれません。相手に忘れられないよう、年に1度くらいは連絡するようにしたいものです。

他に「売地を探す」という手法もあるのですが、次回以降にお話したいと思います。(執筆者:内田 陽一)

私が実践している収益物件を探す方法とその際のポイント(後編) はこちら