先週の市況をダイジェストで振り返る(9月第5週)

2017/9/25 月

北朝鮮関連の緊張感の高まりが株式市場にマイナスの影響。SP500はわずかに値を上げたがDOWは値下がり。

国債と金は値上がり。OPEC参加国の会合がウィーンで開催されるということで原油価格は上昇。金属価格は北朝鮮の問題と中国の格下げから値を下げる。

欧州市場では日曜日にドイツの総選挙を控えてDAXは横ばい。

2017/9/26 火

北朝鮮問題の緊張からVIX指数が上昇。安全資産として国債や原油が上昇。

株式市場ではアップル、FB、マイクロソフトなどのテクノロジー関連が軟化し市場全体も軟調。

欧州市場ではドイツのメルケル政権が勝利したものの極右勢力の勢力の拡大によりユーロは軟化。ドイツ株式は上昇。フランス市場では幾分軟化。

金融株が弱く、ヘルスケア、エネルギー、産業株が強かった。

2017/9/27 水

米国では安全資産から資金が戻ってきて、国債、金、日本円などが低下。

イエレンFRB議長は、金融引き締めは極めて緩やかと発言。市場は好感し小型株を中心に価格上昇。テクノロジー株もリバウンド。

欧州では、原油価格の上昇からロイヤルダッチなどの大手石油関連株が上昇。ネスレは株主からの要求もあり初めて利益率の目標を設定。株価は上昇。

2017/9/28 木

米国ではトランプ政権の減税プランが年内に法制化される見通しとなり、イエレンFRB議長も12月に利上げに前向きな発言をしたことから、米ドルが上昇しイールドは低下。

株式市場は景気の好転に伴い収益が期待できる銀行株・テクノロジー株を中心に値を上げた。SP500は史上最高値を更新し、小型株も堅調。

欧州でも、金利高、インフレ高、証券化価格高を目指す、”トランプフレーション”が好感され、銀行株がけん引して市場は上昇。

2017/9/29 金

投資家はトランプ政権の減税プランを様子見ではあるが、小型株を中心に市場は値上がりし、Russell2000は0.5%上昇し、SP500も史上最高値を更新。

ただし、PEレシオで見るとSP500もRussell2000もすでに割高感がある。セクターではヘルスケアが、銘柄ではマクドナルドが上昇。


(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明()»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう