【ふるさと納税】「返礼品を選べない…」そんな時は食べ物だけじゃない「カタログギフト」がおすすめ

ふるさと納税もいよいよ最終追い込みの時期になりましたね。

「さて、何の返礼品を受け取ろうか」

と考えたとき、寄付限度額がたっぷり残っている人は、なかなか選びきれないですよね。

また、駆け込み時期に急いで決めず、後からゆっくり選びたい…と思っている方も少なくないのではないのでしょうか?

そこでおすすめなのが、カタログギフトの返礼品です。

好きな時に、好きな特産品を受け取れる!

カタログギフトを返礼品として受け取れば、ゆっくり後から品物を選ぶことができるメリットがあります

つまり、カタログギフトを受け取るために、先に寄付を済ませておき、品物の受け取り時期は好きな時に決められるというわけなのです。

これなら、年末に急いで品物を選ぶ必要がありませんし、年をまたいでしまってもOKです。

また、通常は返礼品がいつ届くか予測ができませんが、カタログギフトなら、自分の好きな配達日、時間を指定できるところがほとんどです

日時を指定できると、再配達の手間も省けますね。

カタログギフトなら、贈り物としても◎

駆け込み時期に、ポイント制を利用する方も多いかと思います。

ポイント制でも、先に寄付を済ませておいて、後から好きな時に返礼品を選べる、という点は同じです。

ですが、カタログギフトには「ネットではなく書面(紙)で見ることができる」という強みがあります。

ポイント制の場合、多くはネット上で好きな返礼品を選ぶようになりますが、カタログから選ぶことになります

カタログは見ているだけでも楽しいですし、返礼品の他、自治体の観光情報やお得情報も載っている場合が多いので、観光雑誌を見ているような感覚で楽しめます。

さらに、カタログギフトならそのまま贈り物としても利用できます

いつもお世話になっている人へプレゼントをしても喜ばれますよ。

自分で好きなものを選ぶことができるので、もらった方もうれしいですよね。

おすすめのカタログギフト返礼品をご紹介

新潟県見附市

≪画像元:ふるさとチョイス

【見附市の魅力をお届け!見附市カタログギフト「みつけでみつかる」Mitsuke Gift Selection 寄付金額:3万円】

新潟県見附市のこだわりが詰まった、カタログギフトが届きます。

カタログギフトと言えば食べ物の商品が多いのですが、見附市のカタログギフトは一味違います

見附を代表する繊維製品を選ぶことができますし、さらに観光地で利用できる体験チケットやお食事券もあるなど、商品がバラエティ豊かです。

「made in 見附」のニットは、1つ1つ丁寧に手作りされていて、とてもやわらかい仕上りで着け心地も快適。

ストールやニットワンピースなども選ぶことができるのでおすすめですよ。

また、見附市のカタログギフトには、商品以外に、観光情報を伝統についての解説も書かれているガイドブックの要素がたっぷり詰まっているので、読んでいるだけで楽しめるのも魅力です。

宮城県女川町

≪画像元:ふるさとチョイス

【選んで届く女川町産品「女川町のギフト」 寄付金額:2万円】

2011年3月11日に発生した「東日本大震災」による大津波の被害が大きかったことでも知られている女川町。

「町を復興させよう!」立ち上がった合同会社が心を込めて作ったもの、それが返礼品である「女川町のギフト」なんです。

女川町にゆかりのある14種類ものお品の中から好きなものを選ぶことができます

殻付きのホタテや、ご当地名物「ほや」のセット、雑貨類など、すべて作り手の思いが込められているものばかりです。

女川町のギフトを利用することで、復興の手助けをすることにもつながりますよ。

三重県四日市市

≪画像元:ふるさとチョイス

【四日市こだわりギフトAコース 寄付金額:2万円】

四日市市の魅力がぎゅっと詰まったカタログギフトです。

このカタログギフトを作るために、四日市中の生産者がたくさん集まりました。

さらに、「産・官・学」が連携して選定基準に沿って作られたのが、この「四日市こだわりギフト」なのです。

カタログギフトからは、四日市が誇る肉、果物などの食材をはじめ、「made in 四日市」の高性能なパジャマや、四日市萬古焼の三島鍋なども選ぶことができます

さいごに

カタログギフトは、その土地にゆかりのある品を選ぶことができるので、自治体を知ることができる良さもあります

地域の歴史や観光についての情報が掲載されているところも多いので、返礼品を選び終わってから見ても楽しむことができますよ。

カタログギフトには有効期限があります

期限を過ぎてしまうと返礼品が受け取れなくなってしまいますので、注意しましょう。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧 (102)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ