目指せ配当長者!(1) インカム収入を増やすポートフォリオとは?

投資の収益は大きく二つにわけられます。株価が上昇した際に利益確定するキャピタル・ゲイン、配当等による収入がメインのインカム・ゲイン。

インカム重視のポートフォリオを作成するには、コツがあります。今号では、インカム・ゲインにフォーカスして、現金収入を増やすコツをみなさまとシェアできればと思います。

ポイント1:J-REITを毛嫌いしない。

日本の株式市場を見渡してみると、高配当銘柄と言っても良くて2%前後。利回りが3%台になると、利回りの観点からみて超優良銘柄と言えるでしょう。

つまり、日本のマーケットは、海外に比べて利回りが低いのです。これでは、いくら国内の高配当銘柄に投資しても、そのリターンは限定的です。

国内マーケットで、インカムを重視したポートフォリオを構築するには、J-REITをうまく組み合わせる必要があります。

不動産特有の値動きの荒さはあるものの、日銀の買い入れ効果も相まって、現状は比較的安定的に推移しています。

利回りが5%以上の銘柄も非常に多く、新興市場の銘柄を短期トレードするより、よっぽど健全リスクの少ない運用と言えるでしょう。

J-REITはインカム重視の運用をするうえで、欠かせないピースなのです。

ポイント2:海外市場にも目を向ける。


上述したように、国内市場でインカム収入を追及するには限度があります。

結論から言うと、インカム収入を確保するには、海外市場にも目を向ける必要があります。特に、投資初心者には米国株がおすすめです。

日本のマーケットには、いまだに単元株制度が残っていますが、米国市場ではその限りではありません。

一株単位で株を購入できるのです。元手も少なく始められ、高配当銘柄も多い。さらに、国際優良銘柄が多数米国市場に上場しています

例えば、自動車大手フォードの利回りは約4.7%。資源メジャーであるエクソンの利回りも3.7%あります。

さらに、コカ・コーラやジョンソン&ジョンソンのように、50年以上も増配を続ける銘柄も存在します。インカム収入を求めるには、海外市場にも目を向ける必要があると言えるのです。

配当による現金収入を増やすには、J-REIT海外株がキーワードです。

国策の後押しを受けたJ-REITと、米国の国際優良銘柄をうまくマッチングさせれば、それほどリスクの高い投資ではありません。

現金収入を増やしたいと考える方は、これら二つの観点からポートフォリオの構築を考えてみてください。(執筆者:徳田 陽太)

目指せ配当長者!(2) 今年のJ-REIT市況は好調の公算が高い 

【関連記事】
【米国株投資】手数料水準もトレーディングツールもおすすめな「マネックス証券」
外国株投資はどこがおすすめ?手数料が安いのはどの証券会社
好調な米国株。ETFに実質「手数料無料」で投資しよう!

この記事を書いた人

徳田 陽太 徳田 陽太»筆者の記事一覧 (101)

立命館大学卒業後、大和証券株式会社に入社。法人・個人営業に従事し、5年間で4年連続4度社長賞を受賞。退職後、Finanzaを設立し独立。FP業務や金融ライティング業務に従事。また、近年では企業向けのコピーライティングを行い、企業のブランディングにも参画。米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
<保有資格>:証券外務員一種、AFP
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ