あなたもスマホ決済デビュー ポイントもたまる「楽天ペイ」の登録方法と使い方»マネーの達人

あなたもスマホ決済デビュー ポイントもたまる「楽天ペイ」の登録方法と使い方

最近では、現金を持ち歩かなくても買い物ができます。

クレジットカードや電子マネーが主流ですが、最近ではスマホ決済も増えています。

スマホ決済なら、カードでお財布が膨らむこともありませんし、非常にスマートです。



≪画像元:楽天ペイ


今回は、ポイントが多くたまること有名な楽天の「楽天ペイ」の概要、メリットやデメリットを紹介しましょう。


楽天ペイの登録方法

まずは、楽天ペイを使うための準備をしましょう。

(1) 楽天の会員情報にクレジットカードを登録する


楽天カードならば、VISA、マスターカード、JCBが登録可能、楽天カード以外のカードも楽天ペイに登録できますが、VISAとマスターカードのみです。

(2) 楽天ペイをインストールする


iPhone、Androidのどちらの端末でもインストールできます。

(3) 楽天ペイの登録をする


楽天IDでログインをしたら、決済で使うクレジットカードを登録します。

これで準備完了です。


楽天ペイの使い方

楽天ペイは、街のお店でも、楽天市場以外のネットショッピングでも使えます

街のお店での使い方


(1) お店の人に「楽天ペイ」で支払うことを伝える

(2) コード表示、QR読み取り、セルフのいずれかを選択する

【コード表示】 スマホ画面にバーコードを表示 → お店のスタッフに読み取ってもらう


≪画像元:楽天ペイアプリ


【QR読み取り】 スマホでお店の端末に表示されたQRコードを読み取る → 確認


≪画像元:楽天ペイアプリ


【セルフ】 スマホ画面でお店を選ぶ → 金額を入力 → 確認


≪画像元:楽天ペイアプリ


ネットのお店での使い方


(1) 購入画面で「楽天ペイ」での決済を選択する


≪画像元:楽天ペイ


(2) 楽天ペイのサイトへ移動する


≪画像元:楽天ペイ


(3) 楽天IDでログインする


≪画像元:楽天ペイ


これでネット決済が可能です。


楽天ペイのメリット

楽天ペイを使うと0.5%分の楽天スーパーポイントが上乗せ


登録するクレジットカードにかかわらず、楽天ペイを使って決済をすると、支払金額の0.5%分の楽天スーパーポイントが付与されます

もちろん、クレジットカードのポイントも同時に付与されますので、楽天カードを登録していれば、「楽天カードの1% + 楽天ペイの0.5%」で、1.5%分の楽天スーパーポイントがもらえちゃうんです

期間限定ポイントも使える


楽天ペイは、クレジットカード決済だけでなく、楽天スーパーポイントを使った決済も可能です。

楽天で買い物をすると、通常ポイント以外に「期間限定ポイント」がもらえる場合がありますが、期間限定ポイントは正直使い勝手がよくありません。

ローソンなどでは、期間限定ポイントも楽天ペイで使うことができるので、ポイントが無駄になりません。

安心して使える


クレジットカードを店員さんに渡すと、スキミングされてカード情報が盗まれる可能性も否定できません。

しかし、楽天ペイはスマホを店員さんに渡す必要がなく、決済の際もお店側にクレジットカード情報が渡ることがありませんので、安心して使えます。


楽天ペイのデメリット

メリットばかりのような楽天ペイですが、もちろんデメリットもあります。

「セルフ」は間違えるリスクが他より高い


街のお店で使える3つの支払い方法ですが、このうち「セルフ」は最も間違うリスクが高いです。

セルフは、利用者自身がお店の選択や金額の入力をするのですが、間違えてしまうと取り消しが非常に面倒です

通信できない場所、電池切れでは使えない


楽天ペイは、通信ネットワークがないと使えません。

楽天ペイの街の加盟店は、通信設備を整備しているので問題ないでしょうが、ネットで楽天ペイを利用する際には注意が必要です。

また、スマホのデータ使用量が多く通信制限がかかっていると、決済に時間がかかります。

さらに、スマホのバッテリーが切れてしまうと、アプリを立ち上げる必要のある楽天ペイは使えません

まだまだ加盟店は少ない


楽天ペイは、Apple Payと比べると使える加盟店が多くありません。

全国的チェーンでは、

ローソン
ローソンストア100
ナチュラルローソン
和民
坐・和民

くらいです。


≪画像元:楽天ペイ


個人店舗で楽天ペイを導入しているお店も多いですが、店舗の入口やレジに楽天ペイのマークがあるかどうかを確認しましょう


まとめ

楽天ペイは、ポイント0.5%が上乗せされ、利用者が好きな支払い方法を選択できます

クレジットカードの情報流出リスクもほぼありませんが、加盟店はまだまだ少ないです。

楽天ペイの操作に慣れないと、思わぬミスをしてしまう可能性もあります。

まずは、近所のローソンで少額の買物をして楽天ペイに慣れてから、徐々に楽天ペイの活躍の場を広げていきましょう。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

楽天ペイ
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ