超低金利でも「定期預金」の便利な使い方がある 上手な4つの活用法。»マネーの達人

超低金利でも「定期預金」の便利な使い方がある 上手な4つの活用法。

定期預金は金利が低い

定期預金は金利が低い


定期預金を検討した人から、
「金利が低すぎたので諦めた」
という声をよく聞きます。

確かに、マイナス金利という政策の影響もあって、定期預金の金利も超低金利時代に突入しています。

でも、だからといって定期預金の良いところを見逃してはいけません

定期預金の特徴を正しく理解すれば、わたしたちに適した便利な使い方があると気づくかもしれません。


1. ゼッタイの安全を求めるなら「定期預金」

定期預金は元本割れをしない点は、国債や投資信託といった投資商品にはない特徴です。

満期が来る前に解約したとしても元本割れはしません。

また、万一、定期預金を預けている銀行が破綻したとしても定期預金は守られます

普通預金も同じですが銀行に預けている場合、元本1,000万円までとその利息を預金保険機構が守ってくれます

定期預金は絶対的な安心感がある

必ず支払わなければならないお金の一時的な置き場
として定期預金は使えます。

例えば、1年後に必ず支払う必要がある子供の進学費用などは、将来に影響するほど重要です。

元本割れをすることがない「定期預金」なら1年後まで安心して、お金を預けておけます。


2. 解約しにくい特徴を逆に利用する

定期預金は浪費を抑制


定期預金は期間が設定されるので、心理的にも満期までは解約しにくい性質があります。

一見、デメリットに見えますがこの特徴をうまく使えば、貯蓄しやすくなるでしょう。

定期預金にしておけば普通預金ほど簡単に引き出せないので、浪費を抑制する効果があります


3. 貯蓄の第一歩として目標設定に利用

普通預金と違って、定期預金を作れば「ためた」という実感が得られるのも定期預金の特徴の1つです。
「〇〇万円の定期預金を作る」
という目標設定に定期預金を利用できます。


4. キャンペーンで高い金利を探してみる

ネットで高金利を探す


定期預金の金利が低すぎると感じている場合、より金利が高い銀行を探してみるのはどうでしょうか。

多くの銀行は定期預金に対して、金利を優遇するキャンペーンを行っています。

特にインターネット銀行は積極的にこのキャンペーンを行っている傾向があります。

同じ銀行でも窓口ではなくインターネットで定期預金を申し込むと金利が高くなることもあります。

よく使う銀行の定期預金の金利が低すぎるからといって、諦める必要はありません。

少し探してみれば、もっと金利が高い定期預金が見つかるかもしれません。(執筆者:潮見 孝幸)

この記事を書いた人

潮見 孝幸 潮見 孝幸»筆者の記事一覧

ITエンジニアとして金融の世界に入り、その後、資産運用会社で勤務。証券制度の法改正対応や業務の企画に従事。現在は独立し、金融ライターとして活動。資産運用、証券税制、社会保障制度などを中心として執筆中。執筆のほか、中国語翻訳、経営コンサルティングも手掛ける。1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
定期預金は浪費を抑制
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ