近年は共働き家庭も多くなり、家計管理の方法は家庭によって様々になってきました。

この記事では共働き夫婦に見られる家計管理法のパターンを解説し、その中でも最も夫婦の絆が深まる最強の家計管理術をご紹介します。

お金も貯まるし、夫婦仲も深まる最強の家計管理術

家計管理の王道パターン3選

家計管理の王道パターン3選

1. 支払い担当を決めて、それ以外はすべて自由

共働き夫婦によく見られる家計管理パターンの1つに、家賃や光熱費など項目ごとに支払い担当を決めて、それ以外は全て自由にするというやり方があります。

これは最も自由度が高い方法で、お互いの金銭事情に干渉する事もありません。

2. 各々決まった金額を振り込み、残ったお金はそれぞれのお小遣い

次に多いパターンが、共用の生活費用口座と貯蓄用口座を作って、各々決まった額を口座に振込み、残った金額をそれぞれのお小遣いにするという方法です。

家賃や光熱費、交際費、食費などの費用は全て生活費用口座から出すので2人で協力して生活しているという実感を持つ事ができる一方、自由度も保たれるので圧迫感がありません。

3. 給与振込先を一箇所にまとめ、全てそこから出す

もう1つのパターンは、給与振込先を一箇所にまとめて、生活費・貯金・それぞれのお小遣いを全てそこから出すというものです。

これは最も貯金が貯まりやすい方法ですが、定額のお小遣い制が辛いと感じる人も多いかもしれません。

自分達に合った家計管理法の決め方

自分達に合った家計管理法の決め方

先にご紹介した3つのパターンはそれぞれ良い所と悪い所があり、どの方法が一番良いかというのは一概には言えません。

大切なのは自分達に合った家計管理法を選ぶ事です。

自由度が高いほど貯金は貯まりづらく、気づいたら必要なときにお金がない!という家庭も少なくありません。

まずは自分達のライフスタイルや価値観を振り返ってみて、

・何にどれほどお金をかけたいのか?

・月にいくらぐらい使っているのか?

・お金をいくら貯めたいのか?

2人で一緒に1つ1つ思い出しながら紙に書いてみましょう。

お金の価値観は育った環境によって人それぞれ全く違うので、書き出した内容がバラバラでも構いません。

相手の考えを否定せず、まずはお互いの価値観を知る事から始めましょう。

その上で、妥協点を探りあいながら自分達に合う方法を決め、まずは1年間実践してみて下さい。

1年間やってみて違うようなら、また次の方法を試せば良いので、気楽に始めてみましょう。

家計管理法を変えたい時の妻・夫への提案方法

「既に一緒に暮らしているが、お互いのお金の流れが把握できなくて不安…」

「これから一緒に暮らすけど、相手の収入を聞きづらくて困っている…」

という方もいるかもしれません。

相手の事がよくわからないまま、遠慮や我慢をしている状態では、いつか必ず爆発します。

早い段階で家計管理法について、2人で話し合う時間を設けましょう。

ライフプランシュミレーションっておもしろいんだって! やってみよう!

そのためにオススメしたいのが、各種金融機関が公開しているライフプランシミュレーションを利用する事です。

出産や介護などのライフイベントや老後の生活資金にいくら必要になるのか、2人で一緒に計算してみて下さい。

この作業によって

・子供はいつ、何人欲しいのか

・どんな教育にしたいのか

・趣味の費用はどうしたいのか

・老後はどんな暮らしがしたいのか

人生の全ての価値観を共有する事ができます。

ライフプランシュミレーションをするには、必ず現在の収入や貯金、今後の収入、年金受給額を打ち込む必要があるので、相手の金銭事情も自然と把握でき、お互いの不安解消につながります。

「収入と貯金、いくらなの?」

なんてストレートに聞きづらい人は、まず気軽に

「ライフプランシュミレーションっておもしろいんだって! やってみよう!」

と誘ってみて下さい。

信頼関係も築ける最強の家計管理術

夫婦の絆を深める家計管理に大事なのは、出来る限り、お金の出入りをオープンにする事です。

とは言っても、せっかくお互い自立して働いているので、無意味に少ない金額のお小遣い制を強いる必要はありません。

お金が貯まって夫婦仲も深まる最強の家計管理法とは、2人で一緒にライフプランシュミレーションを行った上で、貯金目的と貯蓄額目標を設定し、家庭のお金を2人で一緒に管理する方法です。

具体的には、生活費用口座と貯蓄用口座の両方を、アプリなどでお互いがいつでも見られる形にする事です。

そして

「今月も目標額貯まったね。」

「この調子なら私達の夢の世界一周旅行ができるね」

と、貯金の進捗を一緒に楽しんで下さい。

2人の今後の楽しい人生のために、目標を共有して「一緒に」貯めていく事が重要なのです。

目標を共有して「一緒に」貯めていく事が重要

まとめ

夫婦ともに収入がある場合、ライフスタイルによって家計管理の方法は様々です。

特に話し合う事もなく、適当になってしまっているという方もいるのではないでしょうか。

これを機に家計管理について話し合い、夫婦の信頼関係を深めながら効率的にお金を増やしていきましょう。(執筆者:島村 妃奈)