Pontaポイントで資産運用を疑似体験 損をしてもポイントが減るだけなので気軽に挑戦

Pontaポイントで資産運用

ローソンで買い物をすると

「Pontaカードはありますか?」

とよく聞かれる、Pontaカードは日本全国で広く普及しているポイントサービスのカードです。

ローソンやレンタルビデオ・リユースショップのゲオなど提携しているお店でポイントをお得に貯められます。

「Pontaカードでポイントを貯めているんだけど使い道をどうしようかな」

と迷っている人は、Pontaポイントを投資にまわしてみてはいかがでしょうか。

Pontaポイントで資産運用に失敗しても、当たり前ですが現金も無くなりませんから気軽にはじめられます

投資家デビュー

ポンタポイント運用公式サイト

≪画像元:STOCK POINT

2019年の春頃から資産運用にもPontaポイントを使えるようになったのですが、意外に知らない人も多いのではないでしょうか。

Pontaポイントを集めてるけど使い道に迷っている方は、Pontaポイントで投資家デビューできる時代になりました。

20Pontaポイントから本当に存在する企業に擬似投資でき、資産運用の練習になります。

まだ始まったばかりの仕組みですが、運用したポイントを実在の企業の株式にかえたり、擬似株主優待でクーポンがプレゼントされるなどの可能性もあります。

資産運用は女子や未経験者も多め

Pontaポイント運用ユーザーの経験値 全体と女性

Pontaポイント運用ユーザーの株式投資、資産運用は未経験者が4割を占めます。

女性では実に半数以上が未経験者です。

Pontaポイント運用をはじめた理由

アンケート調査によると、Pontaポイント運用を始めた理由の1位は

「面白そうだから」

という人が多かったようで、これまで資産運用に興味はあっても手を出せなかったという層にも浸透しているようです。

確かに、株式投資は、身近に経験者や知っている人がいないと不安ですし、1人ではじめるのには勇気がいります

しかし、Pontaポイントでなら仮に損をしてもポイントが減るだけですみますからゲーム感覚で始められます

運用できる銘柄例

Pontaポイントで運用できる銘柄は、それほど多くありません。

例えば、

・ ローソン

・ ゲオホールディングス

・ 日本航空

・ 三菱UFJフィナンシャルグループ

・ リクルートホールディングス

などの日本株の銘柄とダウ30に連動するETFなどが運用可能です。

選べる銘柄はそれほど多くはありませんが、少ないポイントでも株式投資を擬似的にできるのは面白いのではないでしょうか。

ポイント運用で経済動向にアンテナをはる

Pontaポイントで資産運用ができるようになりました。

貯まっているPontaポイントで擬似的に株投資ができます。

もしも損をしてもPontaポイントが減るだけなので実際にお金を投資するよりも気軽にできるのではないでしょうか。

株投資や資産運用に興味があるけど手を出せなかった人は、Pontaポイントから始めてみるのもよいかもしれません。

ポイントとはいえ、運用することで経済の動きにもアンテナをはれるようになります。(執筆者:田守 正彦)

この記事を書いた人

田守 正彦 田守 正彦»筆者の記事一覧 (54)

フリーランスのWEBライター。教育機関やバンコクの大学で働く傍、海外投資に興味をもち20代の頃から香港やアメリカの証券口座に直接行き、口座を開いて実際に取引をしていました。得意分野は投資・教育・旅行・新しい働き方です。新しい分野にも積極的に挑戦しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう