PayPay改悪! その内容は?

ヤフーとソフトバンクの合弁会社で、着々と勢力を広げているPayPay。

その還元率の高さと、キャンペーンの充実具合から数多くの人がその勢力に飲み込まれていきました

PayPayについては、以下記事にて紹介しています。

【関連記事】:「PayPay経済圏」拡大中 経済圏の中身と高還元率獲得のポイント

【関連記事】:令和の「Pay合戦」! 筆者が考える「覇権を握るPay」と「おすすめPay5選」

しかし、10月からその還元率の低下が決定しています

PayPay 10月1日からの利用特典の変更点

「PayPay」利用特典

≪画像元:PayPay(pdf)≫

・ PayPay残高 or ヤフーカード: 3% → 1.5%

・ ヤフーカード以外のクレジットカード: 0.5% → 対象外

・ 1回あたりの付与上限: 1万5,000円 → 7,500円

・ 1か月あたりの付与合計上限: 3万円 → 1万5,000円
※特典サービス利用得点、請求書払い利用得点の付与分と合算

還元率の低下は残念ですね

しかし、10月1日から11月30日まで最大10%を還元するキャンペーンをするとの発表があります

詳しく見てみましょう。

ニッポンPayPayPay!プロジェクト

ニッポンPayPayPayプロジェクト

≪画像元:PayPay≫

経済産業省により推し進められている、消費者還元事業のポイント還元と、PayPayのポイント還元によって最大10%還元となります

内訳は以下の通りです。

【還元率】

・ 消費者還元事業による還元: 5%

・ PayPay決済による還元: 5%

【付与上限】

・ 消費者還元補助: 月2万円

・ PayPay: 1回1,000円、月2万5,000円

【キャンペーン期間】

・ 消費者還元事業: 2019年10月 ~ 2020年6月

・ PayPay: 2019年10月1日 0:00 ~ 2019年11月30日 23:59まで

10%還元はおいしいですが、このキャンペーンにも注意点がいくつかあります

注意点

1. ヤフーカード・PayPay残高払い以外は対象外

これまではヤフージャパン以外のクレジットカードでも、0.5%の還元が行われていましたが、10月からはヤフーカード以外のクレジットカードは、還元対象外となります

自社のユーザーを優先する方針に、舵を切った形になります

これからもPayPayを使い続けたいという人は、銀行口座をPayPayに登録し、PayPay残高にチャージして使うか、ヤフージャパンカードを新たに作成した方がよいでしょう

2. 全ての店舗で適用されるわけではない

PayPayが使用できるすべての店舗でキャンペーンを行っているというわけではなく、キャンペーンのポスターが貼られている店舗でのみ開催となっています。

支払いをする前に、店舗にポスターが貼られているかどうかを確認した方がよさそうです。

次回の大型キャンペーンを期待して備えておく

PayPayの改悪と、10月からのキャンペーンについてまとめてみました。

PayPayが今回還元率を低下させたように、他のバーコード決済類も軒並み還元率は落ちてくると考えられます

しかし、PayPayのことです。

また、いつ「100億円あげちゃうキャンペーン」のような大きいキャンペーンを開催するかわかりません

まだPayPayをやってないという人は、こういったキャンペーンに備えてヤフージャパンカードの作成や登録できる銀行口座の用意をしておいてもいいかもしれません。(執筆者:蔵島 紅)