【d払い】ドラッグストアで最大17%ポイント還元の概要と注意点 dカード以外は対象外に要注意

d払いとは?

d払いで簡単お得

≪画像元:d払い

d払いは、株式会社NTTドコモが提供しているバーコード決済で、店舗での支払いを毎月のdocomoの携帯料金などと合算して請求を受け取ります

利用によってdポイントがたまり、たまったdポイントはdocomoのケータイの利用料金として利用ができたり、d払いでdポイントを利用できたりとその使い道は多数です。

しかし、街での利用とネットショッピングでは還元率が違うため注意が必要です。

街での利用:購入金額200円につき1ポイント

ネットショッピングでの利用:購入金額100円につき1ポイント


楽天・ヤフーなどの経済圏を紹介してきましたが、docomoもそういった経済圏を築城中のようです。

「dポイントスーパー還元プログラム」というキャンペーンを開催しており、自社のサービス利用者のポイント還元の倍率を挙げるというもので、このキャンペーンでは最大7%の還元を得ることができます。

条件

1. 当月のdポイントクラブの会員ステージがプラチナステージであること… +1%

2. 前月末時点でドコモのご利用料金のお支払いにdカードを設定していること… +1%

3. 前月末時点もしくは前月中いずれかの月額課金サービスのご契約や都度課金サービスのご利用があること… +2%

4. 「いちおしパック」に前月末時点で契約していること… 1%

5. 「DAZN for docomo」に前月末時点で契約していること… 1%

6. 「Disney DELUXE」前月末時点で契約していること… 1%

docomoユーザーでそのヘビーユーザーであればあるほど恩恵をフルに受けられます

※11月10日より『dポイントスーパー還元プログラム』の条件が変更となっています。

以前はdカード以外の他社カードもポイント還元の対象となっていましたが、11月10日より他社カードはポイント還元の対象外となってしまいます。

因みにdカードを所持していなくても、ATMや銀行口座・コンビニからdウォレットにチャージしその残高から支払う口座払いや、docomoユーザーであれば、docomoの電話料金とまとめて支払う支払う電話料金合算払いで還元を得られるので、無理をしてdカードを作る必要はないでしょう。

dカードで携帯料金支払い分以外の条件を満たしていれば、最大6%の還元を受け取ることができます。

最大還元を目指したいという方や、docomoユーザーであるというような人はdカードを作っておくことをお勧めします。

これからd払いを始めたい、というような人はdカードを作っておくことをお勧めします。

最大17%のポイント還元を誇るキャンペーンが開催予定!

キャンペーン名:d払い+10%還元キャンペーン

開催期間:2019年11月1日~11月14日

条件
・1回あたりの付与上限は500ポイント
・dカード以外のクレジットカードは対象外
・dカード、口座払い、電話料金合算払が還元対象
・期間中上限2000ポイント

注意点
・dポイントでの支払い分は、ポイント還元の対象外
・クーポンを使用した際、クーポンでの減額分はポイント還元の対象外

開催店舗

以下のドラッグストアでの買い物
・ツルハドラッグ
・ドラッグストアウェルネス
・ウォンツ
・くすりの福太郎
・B&D
・レディ
・ドラッグ新生堂 くすりのハッピー
・welcia
・welcia 金光薬品
・COLOR STUDIO コスメティック カラースタジオ
・welcia ダックス
・薬HAC ハックドラッグ
・Happy Drug
・マルエドラッグ
・サツドラ
・Tomod’s
・薬王堂
・マツモトキヨシ
・くすりのラブ
・シメノドラッグ
・ダルマ薬局
・どらっぐぱぱす
・ミドリ薬品
・Vadrug
・アメリカンドラッグ
・ドラッグストア スマイル
・SEIMS
・DRUG ユタカ
・スギ薬局
・ジャパン
・COSMETICS AND MEDICAL
・サンキュードラッグ
・スギヤマ
・ココカラファイン
・コクミン
・一本堂
・MUSEE DE PEAU
・北海道くらし百貨店
・シバタ薬品
・JUST DRUG
・くすりの救命堂
・コスモ21
・スーパードラッグキリン
・ドラッグモリヤマ
・藤村薬局本店
・ミネドラッグ
・マルノウチコスメティクスセレクション

条件

キャンペーンはエントリー必須

≪画像元:d POINT CULB

1回あたりの付与上限は500ポイント

dカード以外のクレジットカードは対象外

期間中上限2000ポイント

「dポイントスーパー還元プログラム」で得られる最大7%の還元と、10%の還元を得られる「d払い+10%還元キャンペーン」の合算で最大17%の還元を受けられます。

ローソンやポプラ、ファミリーマートなど使える範囲は徐々に拡大中で、docomoユーザーであれば使わない手はないでしょう。

注意点としては、エントリーが必須のためキャンペーンページで各自確認をしましょう。

d払いは株式会社NTTドコモがバックについていることから、ソフトバンクのPayPayのように大きなキャンペーンについても期待ができます。

ただ自社ユーザー優遇の形に舵を切ってしまったので、全ての人がその恩恵を受けられるというわけではなさそうです。

今回のキャンペーンはドラッグストアでの買い物がメインのため、ドラッグストアを多用するという方はこれを機にd払いを始めてみてはいかがでしょうか。(執筆者:蔵島 紅)

この記事を書いた人

蔵島 紅 蔵島 紅(くらしま こう)»筆者の記事一覧 (24)

プログラマーを辞めフリーライターへ転職。お金とガジェットが好物で、お得な事が大好き。キャッシュレスを生活に取り入れ、キャンペーンとお得な情報を求めて日夜彷徨う。発見したお得や裏技についてシェアしていきたいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう