秋の気候は大掃除にも最適です

「大掃除」と言えば、12月に入ってから年末までにおこなうというイメージがありますが、最近では、気候のよい秋に大掃除をする人も増えています。

涼しい秋は「大掃除」にピッタリの季節です。

今回は、大掃除をするなら秋がおすすめの理由のほか、秋に掃除することがどういうふうに節約につながるのかについて触れていきたいと思います。

「秋の大掃除」のススメ

冷暖房不要

冬に大掃除をする場合はスタートには暖房で部屋を暖めますし、夏には汗を抑えるため冷房をかけながら作業をします。

秋であれば、気温の高い日であれば部屋を暖めなくてもスタートできますし、夏ほど汗もかかないので冷房も不要です。

掃除のための電力が不要であるばかりか、大掃除でカラダも温まり、ほどよく快適になります。

さらに、梅雨時期や夏直後の秋の大掃除は、カビの原因にアプローチしたり増殖を抑えたりするのにも効果的というからすばらしいです。

窓を開けたままで快適な日にやれば電気代は節約

乾燥機不当

大掃除と言えば、カーテンやカーペット類など、大きなものを洗濯することになる人が多いのではないでしょうか。

冬は晴れていても、ぶ厚い生地や大きなものは乾きにくいですが、秋なら冬よりも乾きやすいというメリットがあります。

冬に大掃除をして、カーテンやカーペット類など大きなものをコインランドリーの乾燥機で乾かしている人は、秋の大掃除に切り替えてみると節約につながります

秋晴れの日にカラっと乾けば、乾燥機を使わず節約

カーテンやカーペット類が乾きやすい

お湯不要

寒い冬の大掃除だと水に触るのも辛いため、ついついお湯を使ってしまいます。

お湯は温かくて気持ちがいいですが、肌の脂を奪って乾燥させてしまうため、ハンドクリームなどで念入りなケアをしないと手荒れがひどくなります。

秋であれば、水でも大丈夫な掃除や手洗いはお湯を使わずできるので、余計なガス代や電気代がかかりませんし、手先への影響も少なくて済みそうです。

水の冷たさが痛くない時期にやればガス代節約

秋の大掃除のススメ

今回紹介したように、秋の大掃除にはメリットがたくさんあります。

いままで年末に大掃除をしていたという人のなかで、電気やガス代が気になっていたという人は、ぜひ「秋の大掃除」を実践してみてください。(執筆者:山内 良子)