「確定申告書を提出したのに、なかなか還付金が戻ってこなかった」

そのような経験をしたことがある人は、結構多いのではないでしょうか。

私も税務署職員時代に「まだ還付金が振り込まれていないけど、どうなっているの?」との質問を確定申告期間中に何度も受けた経験があります。

還付金の振り込みは、確定申告書の提出が後になるほど遅くなります

確定申告書の提出期間を変えるだけで提出してから最短2~3週間で税金が戻ってきますので、その方法について説明します。

確定申告還付金を最短2~3週間で受け取れる「3つのコツ」

コツ1:所得税の還付申告は年明けすぐに提出

確定申告期間は2月16日から3月15日までですが、この1か月の期間は納税申告の人が申告すべき期間であり、還付申告書を提出する人は年明けから確定申告書を提出できます

3月中に還付申告書を提出しても問題ありませんが、申告期限間近になると税務署には大量の申告書が提出されます。

1度に大量の申告書が提出されると、税務署職員の申告書内容チェック作業が追いつかず、提出してから1~2か月後にならないと税金は還付されません。

1月中に申告書を提出すれば、提出される申告書の量が少ない時期ですので、早期に税金の還付を受けることができる

のです。

コツ2:e-Taxでの申告は還付スピードが早い

e-Taxでの申告は還付スピードが早い

≪画像元:国税庁

あまり知られていないのですが、「電子申告(e-Tax)」と「紙申告(書面申告)」では、還付されるタイミングが異なります

「紙申告」の場合、申告書提出してから1か月~2か月後が還付される時期ですが、「電子申告」の場合はなんと3週間程度です。

「電子申告」は自宅から申告できる制度ですが、税務署に来署してもできますので、自宅から申告するのが不安な人は税務署に足を運んでみてください。

コツ3:添付書類に不備・不足がないようにする

税金の還付を早く受けたい場合に注意しないといけないのが、提出する添付書類の不足です。

確定申告書に添付する書類には、

・「任意添付書類」

・「法定添付書類」

の2種類があります。

「任意添付書類」とは、

申告書の作成のために活用した資料などをいい、経費の領収書などが該当します。

一方、

「法定添付書類」とは、

法律で申告書と一緒に添付して提出する義務がある書類をいい、住宅ローン控除を適用する場合の売買契約書のコピーなどが該当します。

還付申告を受ける場合、確定申告書に法定添付書類がないと税務署は法定添付書類が提出されるまで還付手続きをストップします

そのため1日でも早く還付を受けたい場合には、提出する際の添付書類もしっかりそろえることが大切です。

確定申告書の税金の計算間違いには要注意

どんなに早く申告書を提出しても申告した内容に誤りがあれば、税務署から指摘を受けます。

税務署から指摘を受けた場合、税金が還付されるのは申告書を再提出(期限内であれば訂正申告書)して、税務署が申告書の内容を再確認した後です。

そのため、早めに確定申告書を提出するのはもちろんのこと、提出書類をそろえ、適正に申告することが還付金を早く受けるためには必要です。(執筆者:平井 拓)