借金には「良い借金」と「悪い借金」があります。

・ 良い借金: 計画的に返済できる借金

・ 悪い借金: 無計画な借金

こう書くとシンプルですが、「悪い借金」の中でも特に危険なのは「借金で借金を回す生活」です

・ 消費者金融の借り入れを返済するために、銀行系カードローンから借りる

・ 銀行系カードローンを返済するために、別の銀行系カードローンから借りる

そのような多重債務から抜け出すには意識改革が大切ですね。

「悪い借金」をなくすための3つのステップをみていきましょう。

1. 現状を冷静に把握する

家計簿を見て悩む主婦

「今のままでも何とかなる」

「大金が入れば全額返済できる」

もし上記のように考えていましたら、考えを改めてください

今と同じ状況が続けば借金も残りますし、急に大金が入った経験はほとんどない、もしくは全くないのではないでしょうか。

現実を冷静に把握するのが最初のステップです

2. 借金と真剣に向き合う

次に、借金の総額を知ってください

毎月の最低返済額だけでなく、借金の総額と向き合うと良いでしょう。

どこから、どのくらい借りているのか。

全て書き出した後、完済までどのくらいかかるかを計算してください

消費者金融のサイトなどで、借金返済シミュレーションが提供されていることがあります。

そのようなシミュレーターを利用すれば、完済までの期間が簡単に分かります。

特にリボ払いを利用していれば、期間の長さにショックを受けるかもしれません

その結果、以前と同じように、「借金から目を背けたい」という気持ちが芽生えるかもしれません。

しかし、そこからがスタートです。

夢と現実は違います。

夢から目覚め、現実を知ることで、はじめてショックを受けるのです。

3. 完済までの期間を短縮する方法を考える

家計簿と給与袋と電卓

次に、どうすれば完済期間を短縮できるかを考えてください

そのためには節約、もしくは収入アップのどちらか、あるいは両方が必要かもしれません。

節約

節約のコツは、大きな固定費から見直すことです

住居賃、車の維持費、保険料は減らせないでしょうか。

家計で大きな支出を占めているものは何か、考えてみましょう。

収入アップ

収入アップの方法には、転職や副業があります

今より好条件の求人は見つからないでしょうか。

副業やダブルワークが可能なら、取り組むことは出来ないでしょうか。

その結果、借金返済に回せるお金が増えれば、繰上げ返済も現実的になります。

生活費にも事欠く状態なら債務整理を検討する

なお、すでに生活費にも事欠く状態なら、債務整理(任意整理)を検討してください

任意整理に成功すれば利息がカットされますので、見る見る元本が減っていくでしょう。

そのように複合的に考えながら、身を滅ぼす悪い借金の解決に向けて踏み出してくださいね。(執筆者:金村 甚吾)