「闇金ウシジマくん」という金融漫画

やってきた借金取り

真鍋昌平氏によって2004年から2019年まで、ビッグコミックスピリッツで連載されていた漫画です。

単行本は全46巻、他にテレビドラマ化、映画化もされているので、ご存じの方も多いでしょう。

闇金融「カウカウファイナンス」を経営する丑嶋馨(ウシジマ カオル)の元に訪れる客、関係者を軸に進んでいくストーリーです。

登場人物ごとに「フリーターくん」、「フリーエージェントくん」、「タクシードライバーくん」など、それぞれがシリーズ化されています。

そんな「闇金ウシジマくん」ですが、実にリアルな人間模様が描かれ、特に債務者の心理が良く描かれています

債務者に共通する要素

闇金に苦しむ男性

今回注目したいのは、そんな債務者に共通する要素です。

私が全巻読んで思った要素は以下です。

「気軽に危険な借金に手を出している」

「いつの間にか借金に追い込まれている」

「借金をしている実感がない」

「いつか、何とかなると思っている」

債務者によって異なる部分はありますが、「気付けば借金に手を出し、実感がなく、それでも何とかなると思っている」という要素が強いように感じます。

その状態に至る根本的な原因に、

「目の前のお金以外に考えられない性格」

があるのではないでしょうか。

通常は、「闇金に手を出したから目の前のお金しか見えない」と考えますが、「目の前のお金しか見えないから、闇金にまで手を出してしまった」という考え方もあります。

逆に言うと、普段から長期的なお金の使い方を意識すれば、借金地獄に落ちるリスクは避けやすくなるでしょう。