未納時期とは?

これは「滞納」ではありません。

  • 年金を滞納すると数年で差し押さえを受ける
  • だから「ずっと滞納し続ける」ことはあり得ない

ということです。ここでいう未納とは「合法的に払わない」状態です。

「合法的に払わない」とは?

これは下の2通りがあります。

  • 納付猶予制度
  • 学生納付特例

それぞれ、下のような人が対象です。

この人たちは、年金を払わなくてかまいません。たとえば、

  • 大学の4年間、年金を払わなかった
  • 社会人になっても、その期間分はずっと払わない

というのは完全にOK(合法)です。

学生だけでなく、社会人が納付猶予制度を受けた期間も同じです。

  • 失業中に猶予を受けた
  • その後に就職したが、猶予期間の分は払わないまま

というのもOKなのです。ただ、こうした期間が長ければ長いほど、将来もらえる年金額が減っていきます。

どのくらい減るのか

おおよその目安は、1カ月につき1,629円です。

ということです。「1年で1,629円なら大したことない」と思うでしょう。

確かに、未納期間が「1カ月だけ」ならそうです。

大学4年間の分が未納のままだと?

この場合、1,629円の48倍(48カ月)なので、78,192円になります。

  • 老後に、
  • 年間でもらえる金額が、
  • 1年あたり78,192円減る

ということです。10年だと約78万円損するわけですね。

  • 年金は一般的に、65歳からもらう
  • 日本人の平均寿命は84歳
  • そのため、大体20年は年金をもらう

と計算すると、78万円の2倍で「156万円を損する」わけです。

「その頃にはもうすぐ死ぬからいんじゃね?」と思う人もいるでしょう。しかし、

  • 最後に遊べる方がいい
  • 100歳まで生きるかもしれない

ということを考えると、やはり10年で78万円は大きいです。

100歳で亡くなるとしたら、35年で総額「273万円」多くもらえます。

(ひ孫の国公立大学・4年分の学費も出してあげられます)

このような理由から、合法な未納期間であっても「できるだけ追納して、フルに納付しておく方がいい」のです。

【元記事】:年金はいくらもらえる? 年金受給額を「早見表」で確認! 現在の加入期間と月収ですぐわかる