「丸亀製麺でお得な打ち立てセットを販売」、というニュースが飛び込んできました。

今回は、打ち立てセットについて徹底解説しましょう(記事中の価格は全て税込)。

【8/31まで】1人あたり最大230円お得な「打ち立てセット」を販売

1人あたり最大230円お得な「打ち立てセット」を販売
≪画像元:トリドール

7月21日~8月31日の期間中、丸亀製麺ではうどん・天ぷら・いなりがセットになった「打ち立てセット」を販売します。

3人前で1,500円、4人前で2,000円の2種類で、1人前500円の計算です。

うどんはかけうどん(温・冷)、ぶっかけうどん(温・冷)、ざるうどんの3種類から、並サイズを選べます。

天ぷらは、お好きなものを選んでください。

店内飲食だけでなく、持ち帰りもできます(基本的に価格は同一)。

「うどん弁当」よりもお得

「うどん弁当」よりもお得なセット
≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺では、うどん・天ぷら・いなりがセットになった「うどん弁当」を、すでに販売しています。

えび天うどん弁当は、冷ぶっかけうどん(並)・えび天2つ・いなり1つが600円です。

打ち立てセットなら、同じ商品でも1人前500円の計算ですので、100円お得ですよ。

最大限お得になるには天ぷら選びがカギ

最大限お得になるには天ぷら選びがカギ
≪画像元:丸亀製麺

3人前の内訳は、うどん3つ、好きな天ぷら6つ、いなり3つで、最大690円お得になります。

3人前の内訳は、うどん3つ、好きな天ぷら6つ、いなり3つ
≪画像元:丸亀製麺

4人前の内訳は、うどん4つ、好きな天ぷら8つ、いなり4つで、最大920円お得です。

3人前も4人前も、1人あたり最大230円お得になる計算に変わりありません。

うどんはどれを選んでも300円、いなりも1つ110円ですが、どの天ぷらを選ぶかでお得度が変わってきます

どの天ぷらを選ぶかでお得度が変わってきます
≪画像元:丸亀製麺

丸亀製麺で定番販売されている天ぷらで最も高額なのは、160円のえび天です。

筆者はかしわ天が大好きなのですが、150円のかしわ天はえび天にわずかに及びません。

計算してみると、通常は「うどん300円+いなり110円+えび天2つで320円=730円」のところ、打ち立てセットは1人前500円の計算のため、230円お得になります。

店舗限定で、えび天よりも高額な天ぷらを販売しているかもしれません。

その天ぷらを選べば、もっとお得になります。

打ち立てセットの注意点

ただし、打ち立てセットを注文する際には、以下の点に注意しましょう。

氷うどんは対象外

≪画像元:丸亀製麺

丸亀史上最も冷たいうどん「氷うどん」が、8月31日まで持ち帰り限定で販売されています。

並サイズ300円と、ぶっかけうどんやかけうどんと同価格ですが、こちらは打ち立てセットにできません

ざるうどんは持ち帰りできない

今回の打ち立てセットは持ち帰りも対象で、しかも店内飲食と価格は基本的に変わりません。

ただし、ざるうどんは店内飲食限定で、持ち帰りできませんので注意しましょう。

持ち帰り未実施店舗もあります

打ち立てセットがない店舗もある

以下の店舗では、持ち帰りだけでなく店内飲食でも打ち立てセットがありません。

・EQUiA北千住店
・JR有楽町駅
・羽田空港第2ビル店
・アトレ秋葉原1店
・南池袋店

うどん札を使った方がお得な場合も

≪画像元:丸亀製麺公式Twitter

3月~6月に配布されたうどん札の有効期限は、打ち立てセットの販売期間と同じ8月31日まで延長されています。

ずいぶんたまっている人も多いのではないでしょうか。

うどん札なら、5枚で天ぷら100円引き、10枚でうどん並1杯無料です。

10枚なら300円引きの計算ですので、打ち立てセットのお得額を上回ります

注文の際は「打ち立てセットで!」と言おう

8月31日までの期間中、丸亀製麺ではお得なセットメニュー「打ち立てセット」を販売します。

えび天を注文するのが最もお得ですが、わずかに損をしても筆者のようにかしわ天を選んでも構いません。

人によってお得はそれぞれなのですから。

打ち立てセットを希望の際は、持ち帰りも店内飲食も「打ち立てセットで」とあらかじめ言うと確実です。

心配なら、注文時だけでなく支払い時にも確認しておきましょう。

言わないと、セット価格でなく単品価格で請求されるかもしれません。(執筆者:角野 達仁)