「一応収支はプラスになるようにしているけれど、思ったほどお金が貯まらない。どうしてだろう…」

家計簿をつけていてこのように思った経験のある人はいるのではないでしょうか。

そのような時には、お金の使い方を徹底的に分析してみるとよいかもしれません。

私も以前は年間10万円しか節約できていませんでした。

「このままではマズイ」と漠然とした不安があり、あれこれと試したところ次の年には節約額を70万円にまで増やせました。

この記事では、うまくやりくりしているつもりなのになかなか貯金できない人に向けて、すぐにできる3つの節約手順を紹介します。

「年間60万円のムダ」 を節約できる「3つの手順」

手順1. 予想以上の支出のある費目を見直す

まずは家計簿を見て「なんでこんなに多いの!?」と思う支出を減らすことから始めましょう。

その費目にこそ大いに節約できる可能性があるのです。

私の場合には次の2項目の出費が異常に高くなっていました。

クレジットカード

毎月のクレジットカードの出費が3~4万円程ありました。

多い月の支払額は10万円にものぼりました。

しかも、その内訳が何に使われたものなのかを家計簿に記録していませんでした

衣服や美容品が大半だったのではないかと思われます。

交際費

飲み会や食事、旅行代の出費もかなり大きく、金額は毎月2~5万円程でした。

当時は「行かないと印象がよくないのでは」という懸念があり、誘われる飲み会やイベントには全て参加していました。

このように

「自分ではそこまで使っているつもりではなかったけれど、意外に金額が高く、かつ節約しやすそうな項目・費目」をピックアップ

します。

手順2. 出費が多い原因を突き止める

次に、ピックアップした項目・費目の支出額が「なぜ多いのか」を考えてみます

この原因がなくならないとその先もよくわからないままにお金を使い続けることになってしまうので、きちんと分析しましょう。

私の場合は次のように考えました。

クレジットカード

ポイントが貯まるのを言い訳にして、カード支払いで頻繁に買い物をしていました。

また「請求が来るのは翌々月だから今月は大丈夫」という妙な安心感を抱いていて、実際の請求金額が多少大きくても目をつぶるという悪い癖もついていました。

交際費

「行かないと交友関係が悪化するかも」

「みんなで過ごす楽しい時間を逃したくない」

こういった気持ちがあってイベントや飲み会には全て参加していました。

しかし、中には愚痴大会やお酒を飲むのを強要されるような会もありました。

ある程度の飲み会は交友関係を良くするのに役立ちますが、必要以上に行くことはないと思いました。

このように

自分なりの反省点を出しながら、原因を洗い出してみる

のです。

ノートやメモに書き出すと記憶に残ってより改善しやすくなります

原因をつきとめる

手順3. お金の使い方を改める

無駄遣いの原因が分かったら、あとはそれまでの方法を変えるだけです。

私は次の通り、お金の使い方を改善しました。

クレジットカード

できる限りカードを使わずに現金支払い

を選びました。

それまでは目先のポイントを追いかけていましたが、長期的な目線で収支を意識するためです。

また、現金を使うことで「お金を消費する感覚」を養う目的もありました。

さらに、家計簿に「クレジットカード代」として分類していたものを衣服、スキンケアなどにカテゴリー分けする改善をしました。

そうすることで収支の内訳がより詳細にわかって「もっと節約したい」と思うきっかけにもなりました。

交際費

目的のある飲み会や、自分が本当に行きたいイベントに絞って参加する

ようにしました。

たとえば、隣の部署のメンバーと親睦を深める懇親会や友達と旅行計画を立てるランチなどです。

誘われたからなんとなく行った飲み会や、お酒を飲まされそうな会に行くのはやめました。

このようにお金の使い方を変えただけで、年間で約70万円を節約できました。

それまで当たり前だと思っていた支出を見直して、分析・改善したことが功を奏したと思っています。

貯金できない原因は必ず見つかる

収支を意識しているつもりなのにお金が貯まらない人に向けて、すぐに実践できる節約の3つの手順を紹介しました。

貯金額が少ないと感じる時にはどこかに原因があるので、まずは家計簿を見直してみましょう。

少し使い方を変えるだけで、お金はどんどんと貯めやすくなります。

節約できそうな項目・費目が思い当たる人は、この3つの手順を試してみてください。(執筆者:近藤 遥)