最近はポイント投資や少額から投資をはじめられるサービスがいろいろと誕生しています。

その中でも特徴あるサービスが今年の3月からスタートしました。

今回は、その新しい投資サービスである「日興フロッギー+docomo」を紹介します。

日興フロッギーとは

日興フロッギーは記事から株を買える
≪画像元:SMBC日興証券

日興フロッギーは、もともとは投資メディアとして運営されていましたが、昨年末から投資もできるサービスになりました。

今年の3月からは、NTTドコモと提携し、dポイントを利用した株式投資ができるようになりました

それが、「日興フロッギー+docomo」というサービスです。

SMBC日興証券プレスリリース
≪画像元:SMBC日興証券【NEWS RELEASE(pdf)】≫

100ポイントから投資可能と最低投資の単位が小さいので、比較的投資を始めやすいサービスであると言えます。

今なら口座開設するだけでdポイントを獲得できるのでお得です。

dポイントは、日常生活でさまざまなシーンで獲得できます。

獲得したdポイントを投資に回せば、現金を使わずに具体的な銘柄への投資ができるというわけです。

なお、dポイントはNTTドコモのスマホを利用していない方でも、dアカウントを作成すれば利用できます

dアカウントを連携
≪画像元:SMBC日興証券

「日興フロッギー+docomo」の特徴

このようにポイント投資できるサービス自体は他にもたくさんあります。

たとえば、TポイントやLINEポイントで株式購入、また、楽天ポイントで株式購入できるサービスなどです。

【初心者入門】楽天ポイントではじめる「投資信託」 設定~開始まで2分「かんたん手順」画像付、おすすめ商品も解説

「日興フロッギー+docomo」には、他のポイント投資にはない大きな特徴があります。

学びながらポイントを獲得できる

ということです。

具体的には、日興フロッギー内にあるさまざまな記事を読むとポイントを獲得できるのです。

前述の通り、日興フロッギーはもとは投資メディアとして運営されていたので、サイト内に非常に多くの記事が掲載されています。

一般的な証券会社では、相場環境の解説や株式投資戦略等に関する情報が配信されているのですが、専門的な内容もあり投資初心者には難しいものもあるのです。

一方で、日興フロッギーの記事は投資初心者向けに分かりやすく書かれています

また、ユーチューバーのHIKAKINさんなどによる著名人や「億り人」と呼ばれる投資家へのインタビュー記事など内容も豊富です。

dポイントが使えるようになりました
≪画像元:SMBC日興証券

日興フロッギーのおすすめ利用法

このように、学びと投資の実践を並行してできるのが日興フロッギーの最大の特徴です。

ポイント投資では少額から開始できるのがメリットですが、資産形成の投資には必ずしも向いているとは言えません

そこで、どこかのタイミングで一般的な投資も開始する必要が出てくるのですが、その際に必要になるのが投資の知識です。

その知識を得られるのが日興フロッギーです。

投資の実践と並行しながら得られた知識なので、資産形成の投資にも役立つ可能性はあります。

学びを意識しながら日興フロッギーを利用しましょう。

たとえば、

記事で紹介されている注目銘柄のうちの気になった銘柄をいくつか買って、その後の値動きをチェック、値動きを見ながらその投資判断がどうだったのか検証してみる

といったような使い方もおすすめです。

日興フロッギーの記事
≪画像元:SMBC日興証券

日興フロッギー利用時の注意点

投資初心者に向いているサービスであるとは言え、利用時には注意点があります。

日興フロッギーでは1株単位から取引できるものの、これは一般的な最低取引単位である100株単位未満での取引になるわけです。

株主としての権利のうち議決権の行使や株主優待の享受できるのは、100株以上の保有した場合です。

また、通常の取引とは異なる仕組みであるため、リアルタイムでの株取引はできません

相場を見ながら取引をしたい方には注意が必要です。

さらに、取引金額が100万円以下の場合の買付手数料はゼロですが、売却時には0.5%の手数料かかります

100万円を超える売買には1%の手数料がかかります

売却時の手数料は安いとは言えず、取引金額が大きい場合にはむしろ高コストです。

これから投資を学びたい人におすすめ

日興フロッギーは、ポイント投資サービスの中でも投資を実践しながら学べる点が特徴です。

国内株式しか購入できず一般的な株式投資と異なるがゆえの注意点もありますが、ポイント獲得を楽しみながら実践的な知識も得られるので、これから投資を学びたいと思っている方にとっては、おすすめのサービスです。

関心のある方は詳細を確認してみてください。(執筆者:佐藤 彰)