業務スーパーでは、9月1日から「生誕20周年決算セール」を開催しています。

冷凍食品から調味料、お菓子まで、さまざまな商品が割安になっているのでお得に買い物をするチャンスです。

さらに、今は20周年セールということ以外にも「お得の相乗効果」がたくさんあります。

今だからこそ「業務スーパーに行かなきゃ損!」とも言えるタイミングなのです。

今回は、全体的に商品の価格が安くなっている今、業務スーパーへ行くべき理由について紹介します。

【業ス】3つのお得が揃うのは今だけ

チラシに掲載していない「非公開セール品」がたくさんある

筆者はいつも、セールのチラシを見て買うものを決めてから業務スーパーに行っているのですが、今回のセールでチラシには載っていない「非公開セール品」の多さに驚きました。

業務スーパーの「生誕20周年決算セール」のチラシには載っていない商品も決算セール品として安売りされているのです。

筆者が行った店舗では、ざっと数えただけでも40個以上の商品がチラシには掲載されていない「非公開セール品」として割安になっています。

ちなみに筆者は関東に住んでおりますが、20周年セールで関西のチラシにしか載っていない商品を「非公開セール品」として安く購入できました。

店員さんに聞いてみたところ、チラシに乗っていないセール品な店舗によって異なるとのことです。

何が安いのかは店舗によって異なりますが、チラシに掲載されていない商品でも「20周年セール品」として割安になっているので、いろいろな商品をお得に買えるチャンスです。

セールとは別に「月間特売」も開催している

業務スーパーでは、「月間特売」として月ごとにお買い得な商品を用意しています。

驚くことに、20周年セール開催中にもこの月間特売品は別に用意してあるのです。

地域によってセール内容に違いはありますが、20周年セール品とは違うものが月間特売品として安くなっています

20周年のセール品と月間特売品があるのはセール開催中の今だけです。

【関東地方】

関東の業スのチラシ
≪画像元:業務スーパー

【近畿地方】

関西の業スのチラシ
≪画像元:業務スーパー

酒税法改正で10月から値上げのお酒の特売も多い

酒税法改正で10月から始まる値上げにあわせて、酒類の値下げをしている店舗も多いようです。

特に、10月から値上がりする「第三のビール」はどのメーカーの商品も割安になっていました。

第三のビールは350ml缶1本あたり約10円の値上げが予定されているので、値下げしている今こそ安く購入するチャンスです。

店舗によって品揃えに違いはありますが、酒類も取りそろえている業務スーパーはたくさんあるので、チェックしてみましょう。

3つのお得がそろっているのは今だけ

「20周年記念セール」、「月間特売」、「酒税法改正による酒類の値下げ」、これら3つのお得がそろっているのは今だけです。

ただし、業務スーパーはフランチャイズ経営であるため、チラシ以外のセール品は店舗によって異なります。

今回紹介した商品がなかったり、他の商品が安くなっている可能性がありますので、あくまでも参考程度にしていただけたら幸いです。(執筆者:三木 千奈)