自動車の維持費は現金払いが主流でした。

特に、車検時にかかる税金や保険などの法定費用は、現金払いが原則となっています。

その理由は、税金や保険は業者の利益ではなく国や保険会社に支払う費用に該当するからです。

そのため、クレジットカード払い不可の業者も多いのが現状です。

しかし「少しでも安く抑えたい」そんな人にとって、朗報ともいえる支払い方法があります。

この方法で支払えば、法定費用も還元も可能です。 

車検代電子マネーで払おう

車検代をクレジットカード決済できない業者が多いのはなぜ?

「税金や保険の支払いは現金支払いのみ」だと思っている人がいますが、自動車保険や最近では自動車税のクレジットカードでの支払いが可能となりました(一部地域を除く)。

クレジットカードで支払えばポイントを貯られ、支払期日にも余裕ができるので出費の多い時期は、家計も助かります

車検費用をクレジット決済していない業者が多いのはなぜでしょう。

車検費用には、下記の費用があります。

1. 車検基本料金

2. 法定費用

3. 整備代・部品代

法定費用は、自賠責保険や重量税、印紙のため業者の売上には該当しません

また、法定費用は車検時に納める費用なので、業者のなかには立て替えて支払う場合もあります

先に立て替えたお金を含めて請求書を発行している業者もいるため業者にとってはまとまった資金を確保する必要があるのです。

業者にとってクレジットカード払いは、下記のようなデメリットがあります。

・ 入金までに時間がかかる

・ クレジットカードの手数料が差し引かれる

・ 手数料の金額によっては赤字となる

このように、業者にとって不利益が生じるため、法定費用は現金払いを原則としているところが多いのです。

電子マネー決済なら法定費用も払えてポイントもつくのでお得

車検代を電子マネーで

車検代は、法定費用も含めると10万円を超える大きな支払いです。

少しでも、還元したい人にとって注目すべき支払い方法が「電子マネー」での決済です。

電子マネーといっても種類がいくつかあります。

・ PayPayやLINE PayといったQRコード決済系

・ SuicaやICOCAといった交通系

・ WAONやnanacoといった流通系

わたしの会社でもPayPayとd払いを取り扱っています。

最近、PayPayでの支払いをするお客さまが増えました。

どのくらい還元されるのか気になり尋ねたところ、車検代を支払いした人の中には、9万円程度の支払いで数千円の還元があるとのことでした。

QRコード決済会社によって違いはありますが、PayPay加盟店で決済すると最大1.5%還元されます。(2020年4月現在)

ドコモならd払い、 auならau Pay、ソフトバンクはPayPayといったように各キャリアで特典や還元率の違いがあります。

どこの業者に依頼をするのか悩んだ時には、どのキャリアのQRコード決済が可能なのか調べてみるのもオススメです。

車検代は数万円~10万円の支払いになります。

現金で支払うよりQRコード決済の方が断然お得です。

法定費用も還元するにはQRコード決済がお得

今回は、車検代をお得に支払う方法について紹介しました。

自動車は、保険や税金のようなまとまったお金が毎年必要です。

最近では、自動車税や自動車保険はクレジット払いも可能となりポイント還元ができます

自動車保険や自動車税に匹敵する金額の法定費用の支払いは、現金払いだけの業者も多いのが現状です。

車検は、自動車のユーザーであれば必ず受けなければならない義務です。

自分が使っているQRコード決済が可能な業者に依頼することで節約にもつながります。(執筆者:自動車会社経営25年 河野 みゆき)