出かけた先で、ふと見つけた素敵な洋服

セールになっていたので、つい衝動買い

「この洋服、最後に着たのはいつだったかな?」

「最近着てないけど、また着るかもしれない」

「お店ではかわいいと思って買ったけど…」

クローゼットには、似たような洋服が何着もあるのに、今日着たいと思える服がないという経験はありませんか。

クローゼットの管理アプリ「JUSCLO」

手持ちの洋服をスマホでいつでも確認できます。

どのくらいの頻度で着ているかわかるので、、客観的に手放す選択もできます。

衝動買いしそうになったときも、クローゼットの洋服をその場で確認できるので、ムダな出費をおさえます。

JUSCLOでは、手持ちの洋服を撮影して登録することで、クローゼットの中身を管理できます。

登録は撮影とタグ付け、ブランド選択で完了

洋服の登録に必須なのは、

・ 写真
・ タグ(トップス・ボトムスなど)選択
・ ブランド選択

のみで、

・ 色
・ 価格
・ シーズン
・ サイズ
・ 購入日

も登録できます。

購入価格を登録しておけば、洋服にどのくらいの金額を使っているのかも一目瞭然です。

毎日のコーディネートを記録できる

撮影した写真から、毎日着用したものを選んでカレンダーに記録できる、「洋服版 家計簿」のような使い方ができます。

過去にさかのぼって記録することも、翌日に使いたいアイテムを前もって登録しておくこともできるので便利です。

JUSCLOで買い物上手・処分上手

JUSCLOを使ってクローゼットの整理をすることで、断捨離も簡単になり、購入時にも、活用することで失敗を防ぐ効果もありそうです。

着ない洋服を売却できる

カレンダーに記録して、使う頻度の少ないアイテムを数値で見れると、手放す判断ができます。

JUSCLOのアプリ上では、不要になった洋服の査定・売却もできるので、断捨離も気軽にできそうです。

送料が500円なので、それ以上の査定額のみの取り扱いです。

筆者はカレンダーの記録であまり使っていないアイテムと、写真に撮影したときに「似合わない」と思ったアイテムを思い切って売却し、合計2,000円ほどの臨時収入になりました。

新しい洋服を買う時にも役立つ

スマホにJUSCLOがあれば、洋服を買う時にクローゼットの中身と照らし合わせて買う洋服をイメージできます。

同じようなアイテムを重複して買ってしまって後悔、ということもありません。

店員さんに画面を見せながら、手持ちの洋服に合いそうなアイテムを相談できるので、買い物がとても便利です。

無駄な買い物をせず、効率よく新しい洋服を買えるのもJUSCLOの利点です。

アイテムの「コスパ」思考で買い物上手

アイテムの購入価格を登録して、着用したアイテムをカレンダーに記録すると、そのアイテムの「コスパ」がわかります。

Aの服:1万円で購入 5回着用 → コスパ2,000円

Bの服:3,000円で購入 1回着用 → コスパ3,000円

「購入価格 ÷ 使用した回数 = コスパ」

高いと思った洋服も、着用回数が増えればコスパは向上します。

・ 定番のアイテムは「良いものを長く使う」と決めて、ちょっと高くても買う

・ 流行のアイテムは、1シーズンだけと割り切って、安いものを選ぶ

「コスパ」として数字で見ることができると、買い物をするときの判断基準も明確にできます。

セール時期にも節約効果

6月~7月にかけて、夏物のセールが始まります。

冬物に比べてアイテムの価格が低めの夏物セールは「安物買いの銭失い」に陥りやすいです。

JUSCLOを利用して、欲しいアイテムを計画して賢くショッピングを楽しみ、上手に節約をしてください。(執筆者:亀井 香奈)