三井住友カードには、両面にカード情報が記載されていない「ナンバーレス」(NL)というカードがあります。

7月より、三井住友カードゴールド(NL)が登場したので、キャンペーンとともに徹底解説します。

三井住友カードゴールド(NL)の概要

三井住友カードゴールドでナンバーレスが登場
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードゴールド(NL)の概要を紹介します。

概要を紹介します

カードデザインは、通常の三井住友カードゴールドとそっくりです。

年会費はちょっとお安めなゴールド、といった感じでしょうか。

三井住友カードゴールド(NL)のメリット

まずは、三井住友カードゴールド(NL)のメリットを紹介します。

一般カードの「三井住友カード(NL)」と一部重複するところもあります。

【メリット1】カード情報の印字なしでセキュリティが向上

セキュリティーが向上したのはいい感じです
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードゴールド(NL)には、カード情報が印字されていません

発行当初よりVisa/Mastercardの両ブランドを用意しており、両ブランドとも金色ベースか緑色ベースからデザインを選択可能で、いずれもナンバーレスです。

情報として印字してあるのは、氏名とカードが発券された日付のみで、ネット決済に必要なカード番号・有効期限・セキュリティコードは印字されていません。

これなら、盗み見されたカード情報を使い、ネットで不正利用される心配がありませんね。

盗み見とか危ない時代です
≪画像元:三井住友カード

ネット決済に必要なカード番号・有効期限・セキュリティコードは、「Vpassアプリ」で確認できます。

【メリット2】Visa/Mastercardの両ブランドともタッチ決済を搭載

三井住友カードゴールド(NL)では、Visa/Mastercardの両ブランドとも、当初よりタッチ決済機能を搭載しています。

利用可能店舗も増えているクレカのタッチ決済は、衛生上効果的です。

また、悪意を持った店員にカードを手渡すことによる、スキミングの機会も少なくできます。

【メリット3】最短5分で発行可能

最短5分でカードが作れるって本当ですか
≪画像元:三井住友カード

ゴールドカードは発行までに時間がかかる印象ですが、三井住友カードゴールド(NL)は申込から最短5分で即時発行可能です。

即時発行を希望する場合は、以下の手順で進んでください。

1. 9時~19時30分に「即時発行」ボタンよりカードを申込

2. 審査(5~10分)

3. 電話認証

4. 認証完了

5. Vpassアプリをダウンロードして登録

6. Vpassアプリ内でカードを確認

これだけで、ネットショッピングに必要な情報を確認でき、iD加盟店(Apple PayやGoogle Payに登録)やネット決済ができます。

プラスチックカードは最短翌営業日に発行され、後日自宅にカードが届けられるので、届き次第Visa/Mastercard加盟店でも利用可能です。

【メリット4】すでに三井住友カードを持っていても発行可能

すでに別の三井住友カードを持っていても、三井住友カードゴールド(NL)を発行できます。

デビュープラスやプラチナプリファード、提携カードなどと、二刀流での使い分けも可能です。

ただし、すでに三井住友カード(NL)を持っている人のみ、別の国際ブランドを選ぶ必要があります。

【メリット5】コンビニ3社・マクドナルドで最大5%還元

≪画像元:三井住友カード

三井住友カードゴールド(NL)をセブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドで利用すると、最大5%還元です。

・ 通常ポイント:0.5%

・ コンビニ3社・マクドナルド:+2%

・ コンビニ3社・マクドナルドでタッチ決済:+2.5%

という内訳です。

会社ごとではなく4社合計で集計されますので、ロスがより少なくなり、効率的に最大5%還元を受けられます。

【メリット6】年間100万円以上利用でお得

≪画像元:三井住友カード

三井住友カードゴールド(NL)を年間100万円以上利用すると、通常は5,500円かかる年会費が、翌年以降永年無料となります。

年間100万円の利用は結構な高いハードルですが、全ての支出を集約すれば何とかなるかもしれません。

1万ポイント還元

三井住友カードゴールド(NL)を年間100万円以上利用すると、翌年以降の年会費が永年無料になるだけでなく、Vポイントが1万ポイントプレゼントされます。

条件をクリアすれば、初年度だけでなく毎年もらえ、通常ポイントは別途付与されます。

【9/30までの申込】初年度年会費も無料

さらに、2021年9月30日までに三井住友カードゴールド(NL)の申込をして、2021年11月30日までに発行されると、初年度の年会費も無料になります。

申込期限や発行期限以外の条件は一切ありませんので、忘れず期限内に手続きしましょう。

【メリット7】新規入会&利用で最大1万3,000円分がもらえる

≪画像元:三井住友カード

三井住友カードゴールド(NL)では、9月30日までに三井住友カードゴールド(NL)に新規申込をして、カード入会月の2か月後末までに発行されると、最大1万3,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。

その内訳と条件は、以下の通りです。

・ 新規入会:1,000円分のVポイントギフトコード

・ 入会2か月後末までの利用:利用金額の15%分のVポイント(上限1万2,000ポイント)

≪画像元:三井住友カード

1,000円分のVポイントギフトコードは、アプリ「Vポイント」をダウンロード&初期設定して、ギフトコードを入力または読み取ることでVポイント残高として買物に使えます。

三井住友カードゴールド(NL)のデメリット・注意点

ここからは、三井住友カードゴールド(NL)のデメリット・注意点を紹介します。

【デメリット・注意点1】通常のポイント還元率は0.5%と平凡

三井住友カードゴールド(NL)をマックやコンビニ、特定加盟店以外で利用しても、還元率は0.5%と平凡です。

年間100万円達成によるボーナスポイント、コンビニ・マック以外で、メインカードとして幅広くガンガン使おうという気にはなれませんね。

【デメリット・注意点2】ネット決済にはVpassアプリが必須で面倒かも

アプリ入れるとかになったら面倒でしょ
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードゴールド(NL)でネット決済をするには、カード番号・有効期限・セキュリティコードを確認できる「Vpassアプリ」が必須です。

セキュリティの面からすると心強いですが、若干面倒にも思えます。

また、古いOSのスマホはそもそもVpassアプリに対応していません。

【デメリット・注意点3】旅行保険が心もとない

三井住友カードゴールド(NL)の旅行保険は、国内・海外とも最高2,000万円で、通常の三井住友ゴールドと比較すると、若干補償が薄いです。

しかも、カードを使わなくても付帯するのは300万円のみで、残りの1,700万円は旅行代金をカード払いしないと付帯しません

コロナ禍の状況で、旅行保険を改悪するカードが増えていますが、三井住友カードゴールド(NL)も例外ではないかもしれません。

【デメリット・注意点4】「三井住友カードゴールド」との比較

比較してみるとどちらがいいかわかります
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードには、「三井住友カードゴールド」という元祖ゴールドカードがあります。

氏名が印字されているかどうか以外、表面を見ても見分けがつきません。

三井住友カードゴールド(NL)とどう違うのか、中身を比較しました。

年会費などをみてどっちにするか考えてみる

三井住友カードゴールド(NL)は、年会費を控えめにしてハードルを低くしている代わりに、iDの選択肢や旅行保険、バーチャルカードについては三井住友カードゴールドに劣ります。

もっとも、三井住友カードゴールド(NL)はスマホがほぼマストといえるカードであり、iDはApple Pay、Google Pay経由でも十分でしょう。

旅行に行かないのであれば、旅行保険も手厚くする必要がありません。

普段使いでお得なゴールドカード

三井住友カードゴールド(NL)は、カード情報が印字されておらず、セキュリティが向上しています。

コンビニやマック、特定加盟店ではポイント還元率が飛躍的にアップします。

ただし、ゴールドならではの旅行保険は若干薄く、普段のポイント還元率も決して高くありません

初年度で一気に100万円使う自信のある人、セキュリティを重視する人は、発行すべきでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)