ポイ活でためたPonta ポイントを使い、「たぬきの大恩返し 夏」でauPAYふるさと納税の寄付をすると圧倒的にお得になった体験談です。

6,000円寄付額のふるさと納税が、3,700円相当額となりました

ポイ活、キャンペーンの合わせワザです。

普段は楽天ふるさと納税を利用していますが、8月中はauPAYふるさと納税がお得です。

「保有Pontaポイントがあれば、利用しなければ損」です。

au PAYふるさと納税と「たぬきの大恩返し 夏」の合わせワザ

筆者が実践した方法は、au PAYふるさと納税と「たぬきの大恩返し 夏」、そしてポイ活の合わせワザです。

1. アプリ「トリマ」でためたポイントをPontaポイントに交換

2. アプリ「StockPoint for CONNECT」で運用していたPontaポイントを引き出す

3. Ponta ポイントを「お得な交換所」で1.5倍にする

4. 「たぬきの大恩返し 夏」au PAYふるさと納税で返礼品を申し込む

※5,000円~6,000円の額がおすすめ

結果、最大500Ponta ポイント還元されます

この後、もしかすると、アンケートで2,000ポイントがもらえます。

「実質2,000円で名産品などがもらえる」といわれるふるさと納税は、寄付金のうち2,000円を超える分は所得税の還付や住民税の控除が受けられ、寄付上限額まで利用するだけでもお得です。

節税になるため、節約家の中でも利用している人も多いです。

他のふるさと納税サイトではなく、8月は、auふるさと納税利用をすることで「合わせワザ」を利用し、お得となることがわかりました。

1. アプリ「トリマ」でためたポイントをPontaポイントに交換

アプリ「トリマ」は、移動距離、歩数でマイルが貯まり、ポイントとなります

通勤や通学や歩くだけでもポイ活ができます。

マイルはPonta ポイントに交換できます

2. アプリ「StockPoint for CONNECT」で運用していたPontaポイントを引き出す

アプリ「StockPoint for CONNECT」は、Pontaポイントを投資体験できるアプリです。

引き出しには1%の手数料がかかりますが、キャッシュポイントをPontaポイントに戻すことができます。

「増やしておいた」ポイントをPonta ポイントにできます。

3. Ponta ポイントを「お得な交換所」で1.5倍にする

お得な交換所で1.5倍にしよう
≪画像元:au PAY ふるさと納税

日常の生活でためていたPontaポイント、キャンペーンで付与されたPontaポイント、ポイ活でためたPonta ポイントなどが、au PAY ふるさと納税で1.5倍利用できます

au PAY マーケットはもちろん、au PAYふるさと納税でも利用できます。

筆者は1.5倍増量でしたが、はじめて利用する人には2倍増量、1.5倍増量の上限を使った人用の1.1倍もあります

つまりは、Pontaポイントは1ポイント1円以上の価値があり、ポイ活で交換したポイントを「増量」させて使うことができることがわかります。

4. 「たぬきの大恩返し 夏」au PAYふるさと納税で返礼品を申し込む

au PAYふるさと納税で返礼品を申し込む
≪画像元:KDDI

2021年7月20日~8月31日まで開催中の「たぬきの大恩返し 夏」を利用することで、対象店舗、au PAY支払いで税込200円ごとに20ポイント(10%)還元されます。

「au PAY ふるさと納税」も対象です。

1auあたりの還元上限は、au PAYマーケットで

au・UQ mobileの人 → 500ポイント/回、1,000ポイント/期間

その他ご利用の方 → 500ポイント/回、500ポイント/期間

付与されます。

アンケートで2,000ポイントもらえる可能性も

アンケートでさらに2000ポイント
≪画像元:au PAY ふるさと納税

au PAY ふるさと納税では「アンケート回答でもらえるプレゼントキャンペーン」も実施しています。

期間中、アンケートに答えることで、抽選で50人に2,000Pontaポイント(au PAYマーケット限定)がもらえます。

抽選ではありますが、当たるとさらにお得です。アンケート回答をお忘れなく。

筆者の「au PAY ふるさと納税」体験談

筆者の体験談
≪執筆者撮影≫

au PAYふるさと納税では、寄付金額6,000円の返礼品を申し込み、5,512円分をポイント払いしました。

ポイ活でためたり運用したPonta ポイントがたまっていたため、今回、「お得な交換所」で1.5倍にしています。

お得な交換所で1.5倍にする
≪執筆者撮影≫

1度目 → 2,000 Pontaポイントを3,000 Ponta ポイントに

2度目 → 1,600 Pontaポイントを2,400 Pontaポイントに(2度目交換上限は2,000 Ponta ポイント)

交換所経由だけでも、3,600 Ponta ポイントが5,400 Ponta ポイントになりました。

交換所経由だけでもポイントが増えます
≪執筆者撮影≫

 
交換したau PAYマーケット限定のPonta ポイント5,420円分と、Pontaポイント92円分、合計5,512円分をすべて利用し、残額488円分はau PAY残高を使いました。

結果

・ 3,600 Ponta ポイントが5,400 Ponta ポイントに → 1,800 Ponta ポイントお得に

・ 「たぬきの大恩返し 夏」で還元されるPontaポイント → 500 Ponta ポイント還元

・ アンケート回答でもしかしたら2,000 Ponta ポイントが当たるかもしれない

といえます。

1ポイント1円で計算すると、2,300円相当額のお得となることは確実です。

加えて抽選で2,000 Pontaポイントがもらえれば、最大4,300円相当額お得になるかもしれないのです。

・ ポイ活やポイント運用のPonta ポイントでふるさと納税を支払えたこと

・ Pontaポイントは1.5倍で交換利用できたこと

・ 「たぬきの大恩返し 夏」で還元されるPontaポイントが500ポイントあること

この3点だけでも、かなり大きいと思っています。

楽天ふるさと納税と比較

普段は楽天経済圏に住んでいる筆者は、いつも利用している「楽天ふるさと納税」とも比較をしました。

楽天ふるさと納税と比較
≪執筆者撮影≫

楽天ふるさと納税で、同じ寄付先がありました。

現時点で360ポイント還元だったため、500Ponta ポイント還元のau PAYキャンペーンの方が還元率は高いです。

ただし、複数のふるさと納税サイトを利用するデメリットもあります

楽天ふるさと納税を利用していると、「2021年寄付状況」、「寄付自治体数」「寄付合計金額」を算出してくれ、かんたんシミュレーター利用で寄付上限額の計算、「あと約〇円寄付できます」表示まであります。

今回、au PAYふるさと納税も利用し複数サイト利用となることで、限度額までいくらなのか年度末に混乱しないか、心配にはなりました。

また、注意点としてはキャンペーンは1回あたり最大500ポイント付与なことも気になりました。

5,000円の寄付額でも6,000円の寄付額でも1万円の寄付額でも一律500ポイント付与です。

1万円で500ポイント還元だと5%還元でお得度が減ってしまい、筆者だと楽天ふるさと納税の方が還元率が高くなることもわかりました

そのほか、災害支援寄附は対象外だったりもするため、注意事項はよく読んでおく必要もあります。

期間中はauPAYふるさと納税「たぬきの大恩返し 夏」が断然お得!

ためていたPonta ポイントがあるなら、8月31日までの「たぬきの大恩返し 夏」でお得に。

楽天経済圏に住む筆者は、これまで楽天ふるさと納税をメイン利用してきました。

今回、au PAY ふるさと納税を利用してみて、ポイ活のポイント利用、キャンペーンによるポイント還元もあり、「たぬきの大恩返し 夏」期間は、「5,000円~6,000円の寄付額であればau PAY ふるさと納税に軍配が上がる」と思っています。

他サイトでふるさと納税をしてきた方も、au PAY ふるさと納税のお得なキャンペーンに注目です。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)