少しだけ食事の時間を早めるだけで、100~250円ほどお得に食事ができることも多いです。

この記事では「朝11時までの注文」でランチ代の節約につながる朝食の安いチェーン店と、朝食を24時間注文できるチェーン店も紹介します。

お得な朝カレーを早めのランチでいただきます

1. 250~490円でガッツリ食べられる「とんかつ 松のや」

松のやのお得な朝食
≪画像元:松屋フーズ

「松のや」では、選べる小鉢も付いた250円の「玉子かけごはん定食」のほか、490円とワンコイン以下で楽しめる得朝ロースカツ定食などお得な朝食が勢ぞろいしています。

選べる小鉢は下記の中から選べるので、コロッケや納豆にすると食べ応えがアップするのでおすすめです。

・ コロッケ

・ お新香

・ 納豆

・ 冷奴

2. サラダ付本格カレーが400~480円「マイカリー食堂」

松屋の「マイカリー食堂」
≪画像元:松屋フーズ

「マイカリー食堂」は松屋フーズが運営するカレーチェーン店です。

一般的なカレールーを使って、じゃがいも・にんじん・玉ねぎ・牛ブロックなどの標準的なカレーを作ると、1人分は190円ほどかかります。

スパイスやルーに溶け込む野菜にこだわるなら、当然ですが価格も高くなり、安くても250円ほどは必要です。

また、生野菜を50円で計算すると、自宅で何も乗っていないカレーを作っても合計で300円ほどかかります。

自炊の場合には水道光熱費がかかるほか、買い物や調理にかかる手間もあるので、ゆで卵も乗ったプレーンカレーや欧風カレーの400円は安いと言えます。

ほかのメニューも500円以下で食べられるものばかりなので、本格カレーをこの金額で楽しめるのは、とてもリーズナブルです。

3. ゆで太郎の「朝そば」

ゆで太郎の「朝そば」
≪画像元:ゆで太郎

そばはうどんよりも割高なイメージを持つ人も多いかもしれませんが、「ゆで太郎」の朝ごはんならすべてが税込390円以下というリーズナブルな価格でそばが楽しめます。

ゆで太郎のボリューム満点の日替わり得セット
≪画像元:ゆで太郎

朝食ではありませんが、2021年9月1日からは、ボリューム満点の日替わり得セットが通常価格より100円引の620円で提供されています。

どうしても朝食タイムに行けないという人には、ランチタイムでの食事もおすすめです。

日替わり得セットのほかに、「かつ丼祭」で割引になっている商品がたくさんあります。

ただし、割引の終了期間については告知されていないため、気になる人は早めに行ってみてください。

4. ドリンクバー無料&24時間注文OK「ジョイフル」

ジョイフルのいつでもおはようメニュー
≪画像元:ジョイフル

ランチも税込で500円と安価なファミリーレストラン「ジョイフル」では、24時間利用できる「いつでもおはようメニュー」という朝食メニューがあります。

「いつでもおはようメニュー」は、全品ドリンクバーが付いているのが特徴です。

下記の3メニューは、ボリュームも満点なのでとくにおすすめと言えます。

・ 七種の和定食:税込614円

・ 幕の内定食:税込614円

・ エッグスラットとカスピ海ヨーグルトTMのプレート:税込504円

ただし、22時~翌日5時までの間に利用した場合には、深夜料金として10%が加算されてしまうので注意が必要です。

朝食が安いほかのチェーン店も知りたいときは

「ほかのチェーン店も知りたい」という人は、以前にもランチタイムを早めることでお得になるチェーン店を紹介していますので、ぜひご覧ください。

時間帯をズラしてお得に食事

ランチタイムを30分~1時間ほどズラすだけで、安価な朝食メニューが楽しめるチェーン店は意外に多いものです。

いまより食費を節約したいと思っている人で、食事の時間を自由に変更できる人は、今回紹介したような朝食メニューで節約につなげてみてください。(執筆者:最強節約ママ 山内 良子)