2019年、どう考えてもイオン関係だと思われる商標が出願されました。

「イオンペイ」だとすると、「イオンの新しいスマホ決済か?」とも思わざるを得ません。

そして2021年9月、それは現実となりました。

イオンが送り出す新たなスマホ決済を、アプリとともに紹介しましょう。

商標からそれを予測するってすごいのよ

イオンのアプリはたくさんあって煩雑だった

イオングループには、便利でお得なアプリがたくさんあります。

しかし、アプリが50種類以上とたくさんあって、分かりにくいのも事実です。

「WAON」だけを見ても、

・ モバイルWAON
・ smart WAON
・ WAONサービス

などがあります。

イオンのお店のアプリでも、イオンお買物アプリ、イオンモール、イオン九州などがあり、カオスですね。

イオンのトータルアプリ「iAEON」(アイイオン)が誕生

イオンユーザー待望でしょ

9月1日、イオンのトータルアプリ「iAEON」(アイイオン)がリリースされました。

トータルアプリというだけあり、これまで煩雑だった各種アプリをギュギュっとまとめたようです。

SMSを受信可能な携帯電話番号(050で始まる番号を除く)を持っていれば、誰でもiAEONを利用できます。

アイイオンはどんなアプリか、以下で説明しましょう。

特徴1:イオンの各種割引の対象

イオンではさまざまな割引を実施していますが、適用かどうかは割引の種類によって異なります。

・ お客さま感謝デー(20・30日は5%引き):イオンペイ・モバイルWAON利用が対象

・ G.G.感謝デー(5・15・25日は5%引き):G.Gマークの付いたイオンカードを登録の上で、イオンペイを利用が対象

・ ありが10デー(10日はポイント5倍):イオンペイ・モバイルWAON・会員コード提示が対象

・ オーナーズカード(持株数に応じたキャッシュバック):併用可能

・ サンキューパスポート・バースデーパスポート:イオンペイが対象

特徴2:コード決済「イオンペイ」が追加

kコード決済が追加されて使いやすく

iAEONにはモバイルWAON機能も搭載されます。

モバイルWAONは、おサイフケータイ搭載のAndroid端末のみ利用可能で、16歳未満は保護者の同意が必要です。

電子マネーWAONカードは登録できません。

それに加えて、冒頭の商標登録で紹介した「AEON Pay」(イオンペイ)が利用可能です。

イオンマークのついたクレジットカードやデビットカードを登録すると、全国のグループ店舗のレジで使えます。

使えるお店について、詳しくはこちらをご覧ください。

登録するカードによって、以下のように年齢制限があります。

・ イオンマークのついたクレジットカード:満18歳以上

・ イオンデビットカード:満15歳以上

1回の利用につき5万円が上限です。

特徴3:使い方はシンプルで利用履歴も確認できる

1. トップ画面より「AEON Pay」をタップ

2. バーコードをレジでスキャン

3. 支払い完了

と、他のスマホ決済と支払い方法は変わりません。

簡単に使えちゃうわよ
≪画像元:イオン株式会社

イオンペイの利用履歴も、アプリから確認できます。

ポイント二重取りは不可

イオンペイの利用と、登録したカードの引き落とし、この2つでポイント二重取りができればベストですよね。

公式サイトには書いてありませんでしたので、iAEONコールセンターに問い合わせてみました。

「イオンペイの利用自体ではポイントが貯まらず、引き落とし時に登録したクレカなどのポイントが貯まるのみ」

とのことでした。

ポイント二重取りはできないとのことで、それならモバイルWAONを利用してもいいかなと思います。

3.WAON POINTを貯めたり使ったりできる

レジでWAON POINTを貯めたり使ったりしたい場合も、以下のように簡単です。

1. トップ画面下の「会員コード」をタップ

2. 会員コードをレジでスキャン(支払いに使う際はポイント数を店員に伝える)

≪画像元:イオン株式会社

獲得したり使ったりしたポイントも、アプリでカンタンに履歴を見られます。

ポイントの一元管理も可能

ポイント一本化はすごくうれしい

WAON POINTも、iAEONアプリで一元管理できます。

WAON POINTをアプリ内でまとめることやポイント交換なども、アプリからできるようです。

ちなみに、イオンで貯まる主なポイントは、以下のような違いがあります。

・ときめきポイント:イオンマークのクレカで貯まる(9/11以降はWAON POINTに変更)

・WAONポイント:電子マネーWAONをイオングループ以外で使った際に貯まる

・WAON POINT:ポイントカード提示、電子マネーWAONをイオングループで使った際に貯まる

以下の記事も参考にしてください。

4.利用者に合った「お気に入り店舗」のカスタマイズが可能

カスタマイズできるのもいですね~

iAEONでは、お気に入り店舗のカスタマイズも可能です。

リリース時は、イオン北海道、イオン東北、イオンリテール、イオン九州、イオン琉球、イオンモール、OPAの事業会社の約1,000店舗から、最大5店舗を「お気に入り店舗」に登録できます。

お気に入り店舗の、お得なクーポンやキャンペーン情報などを簡単に確認でき、お得です。

また、グループ各社が、独自に提供しているアプリやサービスへの連携もできます。

これからは「iAEON」1つである程度用が足りる

今まで煩雑だったイオンのアプリをまとめるべく、「iAEON」がリリースされました。

コード決済「イオンペイ」が登場し、モバイルWAONも利用可能です。

イオンペイは、キャンペーンに期待したいですね。

WAON POINTを貯めたり使ったり、まとめたりできます

これからは、iAEONだけである程度用が足りそうですね。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)