ゴールドカードというと、ステータスの高い人が持っているようなイメージがあり、ゴールドカードにはさまざまなメリットがあります。

代表的なもので言えば、空港のラウンジサービスを無料で利用できる点です。

多くの場合、1,000円以上かかるラウンジ利用料が無料になり、フリードリンクなどのサービスがついて、飛行機搭乗までの時間をゆったり過ごすせます。

また、旅行保険が手厚い点も挙げられます。

しかしゴールドカードのデメリットが高い年会費です。

メリットを享受しようとしたら、少なくとも5,000円程度、高い数万〜10万円以上の年会費がかかる場合もあります。

年会費無料のゴールドカード

年会費無料のイオンゴールドカード

イオンゴールドカードは、年会費が無料です。

年会費が安いゴールドカードはいくつかあります。

例えば楽天ゴールドカードですが、ラウンジの無料使用回数に制限があります。

他の割安ゴールドカードも同様で、高い年会費のカードと比べると見劣りがあります。

しかし、イオンゴールドカードは年会費が無料なのに加えて、通常のゴールドカードと遜色なく、旅行保険等自動付帯や空港ラウンジ無料などのメリットがあります。

通常のゴールドカードに付随するステータス完備されているのに、年会費が無料です。

例えば、JALカードと併用すると、格安年会費で還元率最大2%でマイルが貯まり、なおかつラウンジの無料利用が可能になります。

 

大きなデメリットは「作ろうと思って作れるカードではない」点です。

イオンゴールドカードは発行するのに、クリアしなければならない発行条件があります。

条件1:イオンカードを作る

年会費無料の通常カードです。作るハードルはそんなに高くありません。

CMで有名な楽天カードを作ることと大差ない感じで作ることができます。

条件2:年間100万円以上の利用

カード会社側で審査があります。

これはこちら側で何かをする必要はなく、年間一定金額を利用すると、向こう側で勝手に審査がされるようです。

条件3:招待制

審査で認められると、ゴールドカード発行の招待が届きます。

その招待を受け入れて登録すれば、晴れて年会費無料のイオンゴールドカードが持てます。

イオンからの招待制で入会できる特別なカードが、イオンゴールドカードです。

年間100万円の壁

年100万円というと、ちょっと厳しい…と思う方がいるかもしれません。

しかし、年100万円は意外と簡単に到達できます。

生命保険文化センターによると、全国平均の消費額は年額にすると、生活費で約390万円ということです。

 

イオンカードに決済を集中させれば、意外と簡単に年間100万円の壁を超えることができると思います。

ゴールドカード欲しさに、普段しないような無駄遣いをしてしまうと本末転倒です。

必要な消費などに絞って、イオンカードを使っていきましょう。

【関連記事】:年に1回10万円の高級ホテルに無料で宿泊できる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」

入手出来たら、超お得なカードです。

イオン経済圏で、イオンカードを使っている方なら、難しくはありません。

上手にイオンカードに生活費を集中させて、無料のゴールドカードの招待状を待ってみるもの楽しみになります。(執筆者:久保 文明)