年末、ファミリーマートでポイント10倍のキャンペーンが実施されます。

注意点も合わせて詳しく解説しましょう。

ファミマアプリでポイント10倍

(12/1~12/31)ファミマのアプリ限定でポイント10倍もらえる

12/1~12/31ファミマのアプリ限定でポイント10倍
≪画像元:ファミリーマート

12月1日~12月31日の期間中、まずはキャンペーンにエントリーしてください。

ファミマのアプリ(ファミペイ)に

・ dポイントカード
・ 楽天ポイントカード
・ Tカード

いずれかのポイントカードを連携します。

その上で、ファミリーマートで税込200円以上のお買い物をしましょう。

通常の10倍のポイントがもらえます。

どのポイントでも、通常は税込200円ごとに1ポイントのところ、キャンペーンでは10倍の10ポイントです。

期間中であれば、エントリーと買い物の順序は問いません。

12月に初連携なら上限2倍

キャンペーンポイントの還元上限は、1,000ポイントです。

しかし、12月中に初めてファミペイにポイントカードを連携した人は2,000ポイントと、上限が2倍になります。

一部対象外の店舗・商品・サービスあり

ファミリーマートの商品・サービスの中には、ポイント還元対象外のものがいくつかあります。

POSAカードや請求書支払い、金券類などです。

これらの商品を買っても、ポイント10倍にはなりません。

ファミペイの提示を忘れずに

ファミマ12月のポイント10倍ファミペイの提示を忘れずに
≪画像元:ファミリーマート

支払い前に、ファミペイの提示を忘れないでください。

提示を忘れてしまった場合や、プラスチックのポイントカードや他社のモバイルポイントカードを提示しても、10倍になりません。

支払い方法は何でもOK

ファミペイを提示すれば、支払方法は何でも構いません

三井住友カード(NL)なら、最大5%還元されます。

セゾンパール・アメックスのQUICPay払いでも、3%還元です。

ファミペイ内の決済機能「FamiPay」でも構いません。

ただし、楽天カードからチャージしても、12月よりポイント還元の対象外となります。

複数のポイントでの参加もOK

このキャンペーンは、どれか1つのポイントではなく、

全てのポイントでキャンペーンに参加できます。

上限6,000ポイントも夢じゃない

キャンペーンの上限は3つのポイントの合算ではなく、各ポイントの上限です。

例えば、dポイントカード・楽天ポイントカード・Tカードの全てを持っている人が、12月に初めてファミペイにポイントカードを連携すると、

・ dポイント:2,000ポイント

・ 楽天ポイント:2,000ポイント

・ Tポイント:2,000ポイント

と、合計6,000ポイントに上限がアップします。

エントリーはポイントごとに行う

ファミペイと連携できる3つのポイント
≪画像元:ファミリーマート

キャンペーンのエントリーは、ポイントごとに行います。

ファミマのキャンペーンページから、各ポイントのエントリーサイトにジャンプできますので、忘れずエントリーしましょう。

連携ポイントの切り替えが必要

ファミマ12月のポイント10倍には連携ポイントの切り替えが必要
≪画像元:ファミリーマート

ただし、3つのポイントで最大限に還元を受けるには、ファミペイ内で連携ポイントの切り替えが必要です。

上限に達したポイントを連携させたままですと、10倍の対象外となります。

アプリから切り替えを行ってください。

キャンペーンポイントの条件はポイントによって異なる

キャンペーンポイント(9倍分)の条件は、ポイントによって微妙に違います。

還元時期

・ dポイント:2022年2月末頃まで

・ 楽天ポイント:2022年2月28日頃まで

・ Tポイント:2022年2月末頃まで

通常ポイントとして還元されるポイントの有効期限

・ dポイント:還元日より48か月間

・ 楽天ポイント:最後のポイント増減日より1年間

・ Tポイント:最後のポイント増減日より1年間

複数ポイントを駆使してお得になろう

ファミリーマートでポイント10倍のキャンペーンが実施されます。

3つのポイントを駆使すれば、最大6,000ポイントも夢ではありません。

・ アプリでのポイントカード提示

・ ポイントごとのエントリー

・ ポイント連携の切り替え

を忘れず、お得になってください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)