原材料や物流費・人件費値上げの影響で、3月14日(月)よりマクドナルドの一部商品の値上げが実施されます。

今回は、値上げ後の新価格と、筆者が考えるお得に利用する方法を合わせて紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込です

値上げしても行きたい

マクドナルド13品を値上げへ(3/14~)

今年に入り、物の値上げがとまりません。

お手頃価格で人気のマクドナルドも、例外ではありませんでした。

3月14日(月)より、全国のマクドナルドで商品の値上げを実施。

全メニューではなく、次の13品が値上げ対象です。

【店頭価格】

・ハンバーガー:110円→130円(20円値上げ

・チーズバーガー:140円→160円(20円値上げ

・チキンクリスプ:110円→130円(20円値上げ

・ダブルチーズバーガー:340円→350円(10円値上げ)

・てりやきマックバーガー:340円→350円(10円値上げ)

・フィレオフィッシュ:340円→350円(10円値上げ)

・ソーセージマフィン:110円→130円(20円値上げ

・チキンクリスプマフィン:140円→160円(20円値上げ

・マックグリドル ソーセージ:150円→170円(20円値上げ

・マックシェイク Sサイズ:120円→130円(10円値上げ)

・マックフルーリー オレオクッキー:240円→250円(10円値上げ)

・チキンマックナゲット 15ピース:580円→590円(10円値上げ)

・サイドサラダ:280円→290円(10円値上げ)

この値上げにともない、夜限定の「倍マック」も新価格に+100円へと変更になります。

さらに、店頭価格以外の「デリバリー価格」と「マックカフェ」の一部メニューも値上げを実施しています。

【デリバリー価格】

デリバリー価格

≪画像元:日本マクドナルドホールディングス(pdf)

【マックカフェ価格】

マックカフェ価格

≪画像元:日本マクドナルドホールディングス(pdf)

値上げ後の対策

今回の値上げにより、ハンバーガーをはじめとする主力商品からサイドメニューまで、店内価格が10~20円上がりました

値上げ分をカバーするには、クーポンや割引、キャッシュレス会社のキャンペーンを活用するなど、工夫が必要です。

・マクドナルド公式アプリクーポン

・無料アンケートでもらえる「KODOクーポン」

・新聞の折り込み「チラシクーポン」

・スマートニュース、グノシー、LINE、Yahooアプリのクーポン

・PayPay・d払いなどのコラボキャンペーン

・楽天ポイントやdポイントで支払う

ざっと書き出してみただけでも、マクドナルドで使えるクーポン・決済方法はこれだけあります。

無料サービスも合わせて使おう

クーポン・割引と併用して、マクドナルドの無料サービスを利用するのもおすすめです。

マクドナルドには、普通に注文するよりもお得な「増量サービス」がありますので、ぜひ活用しましょう。

・バーガーのソース多め

・オニオン、オニオンスライス、ピクルスの増量 ※対象バーガーのみ

・ドリンクの氷抜き

・マックフライポテトの塩別

・ケチャップ無料

・サイドサラダはドレッシング2個まで無料

・チキンナゲットソースは+1個まで無料

増量することで食べごたえもアップし、より満足感が得られます。

新セット「ひるまック」誕生(3/14~)

マクナルドの一部商品値上げと同時に、昼の定番「バリューランチ」をリニューアルします。

3月14日(月)以降は、新たに「ひるまック」として販売をスタート。

より親しみやすい名称となった「ひるまック」ですが、バリューランチとの違いあるのでしょうか。

「ひるまック」の内容・価格を、バリューランチと比較しながら紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込です

ひるまック

≪画像元:日本マクドナルドホールディングス

 

3月14日(月)より、新たに販売する「ひるまック」。

これにより、2016年から提供を続けてきた「バリューランチ」がなくなります。

内容は変わらない

内容は変わらない

≪画像元:日本マクドナルドホールディングス

リニューアルによって、セット内容が変わるかと思いましたが、内容はバリューランチと同じでした。

【600円セット】

ビッグマック

【550円セット】

ダブルチーズバーガー

てりやきチキンフィレオ

てりやきマックバーガー

フィレオフィッシュ

マックフライポテト&ドリンクのLサイズへの変更も、これまで通り+70円注文できます。

こうしてメニューを見たところ、変わるのは名称のみで、お得感は今まで通り崩れません。

値上げバーガーも「ひるまック」ならお値段据え置き

マクドナルドでは、原材料や人件費などの高騰により、3月14日(月)から一部商品の値上げに踏み切りました。

「ひるまック」のメニューで選べる商品も、一部値上げを実施しているものがあります。

・てりやきマックバーガー:340円 → 350円(10円値上げ)

・フィレオフィッシュ:340円 → 350円(10円値上げ)

・サイドサラダ:280円 → 290円(10円値上げ)

・マックシェイクSサイズ:120円 → 130円(10円値上げ)

このように、対象メニュー4品は、すべて10円値上がりしました。

しかし、「ひるまック」は、バリューセットの販売価格と同じです。

つまり、値上げした商品も、「ひるまック」では、お値段据え置きで提供されます。

例えば、「フィレオフィッシュひるまック(550円)」を、サイドサラダ・マックシェイクSとセットで購入した場合。

単品なら+30円の値上げとなりますが、ひるまっクで購入すれば、値上げ前と同価格です。

値上げ商品も変わらない値段で買えることを考えると、「ひるまック」へのリニューアルはメリットがあるように思います。

新定番ランチ「ひるまック」お得感はそのまま

「ひるまック」は名称が変わっただけで、お得感は「バリューセット」となんら変わりません。

値上げにより、むしろお得に感じられます。

マクドナルドの新定番「ひるまック」を、ぜひランチタイムに利用してください。

値上げされても「マック欲」に襲われる

価格が上がっても、マクドナルドを無性に食べたい時は突如やってくるもの。

そんなときは、使えるクーポンとサービス、バリューランチを活用して、できるだけお得に利用しましょう。

キャッシュレス各社のキャンペーンは、定期的に実施していますので要チェックです。(執筆者:三木 千奈)