ドコモ経済圏の人にとって、「dカードGOLD」は欠かせません。

そこで今回は、dカードGOLDのメリットだけでなく、デメリット・注意点を解説することで、カード選びの参考にしていただきたいと思います。

dカードGOLD

dカード GOLDのメリット8つ

まずは、dカード GOLDのメリットを解説しましょう。

【メリット1】クレカ・電子マネー・ポイントカード・タッチ決済の1枚4役

クレカ・電子マネー・ポイントカード・タッチ決済の1枚4役
≪画像元:NTTドコモ

dカードGOLDは、クレジットカード・電子マネー「iD」・dポイントカード・タッチ決済の1枚4役です。

カード裏面にdポイントカードのバーコードがあり、カード1枚でポイント二重取りができます。

電子マネー「iD」やタッチ決済利用でも1%還元を受けられ、後払い式なのでチャージの手間もありません。

【メリット2】dカード特約店ならさらにポイントが貯まる

さらにポイントが貯まる
≪画像元:NTTドコモ

dカードGOLDは、100円利用するごとにdポイントが1ポイント還元されます。

これだけでも十分ですが、以下のdカード特約店で利用すると、さらにポイントが貯まります

・ マツモトキヨシ:3%還元

・ ノジマ:1%還元+3%引き

・ スターバックスカード(オンラインチャージ):4%還元

【メリット3】ドコモ利用料金が10%還元


≪画像元:NTTドコモ

dカードGOLD会員は、ドコモのケータイ/ドコモ光の利用金額1,000円(税別)ごとに、dポイント100ポイントが還元されます。

毎月1万円(税別)を12か月利用すると、年間1万2,000ポイント貯まり、年会費の元が取れますよ。

「ドコモでんきGreen」も10%還元


≪画像元:NTTドコモ

ギガホ・ギガライト・ahamoの利用者が、ドコモでんきGreenも利用すると、電気料金100円(税別)につきdポイント10ポイントが還元されます。

地域電力よりも基本料金が500円高いものの、電力量料金は地域電力と変わりません。

「ahamo」ではデータ容量+5GB&dカードGOLD利用料金10%還元(上限月300ポイント)

「ahamo」ではデータ容量+5GB&dカードGOLD利用料金10%還元
≪画像元:NTTドコモ

「ahamo」利用者は、ケータイ料金の10%還元がありません。

その代わり、dカードGOLD利用料金100円につき、10ポイント還元されます(上限は月300ポイント)。

また、ahamoの利用料金の支払い方法をdカードGOLDに設定すると、データ容量5GBが毎月プレゼントされます。

もともとのデータ容量20GBと合わせて25GB、十分ではないでしょうか。

【メリット4】(6/3より)dカードGOLD特典分の還元も「dポイントクラブ」のランクアップ対象に

≪画像元:NTTドコモ

2022年6月3日、「dポイントクラブ」がリニューアルします。

現在よりも、さらに貯めやすくなる印象です。

現在、ステージの判定対象となるdポイントに、「dカードGOLD特典分の還元ポイント」は含まれていません。

リニューアル後は、これが含まれるようになります。

ドコモ利用金額の10%還元は、ランクアップに大きな助けですね。

【メリット5】「dカードお支払割」でドコモ利用料金が月187円お得に

≪画像元:NTTドコモ

ドコモケータイ料金・ドコモでんき利用料金の10%還元は、dカードGOLDで支払う必要はありません。

他のクレジットカードで支払っても、そのクレカのポイント還元などの特典を受けられます。

しかし、ドコモ利用料金をdカードGOLDで支払うと、「dカードお支払割」の対象です。

対象プランをdカードGOLDで支払うと、月187円引きとなります。

1%還元の他のクレカで月187円お得になるには、月1万8,700円支払わなければなりません。

そう考えると、お得な割引ですね。

【メリット6】最大10万円のdカードケータイ補償

≪画像元:NTTドコモ

dカードGOLDには、3年間最大10万円のケータイ補償が付いています

紛失・盗難・修理不能(水濡れ・全損)などが対象です。

同一カラー・同一機種のスマホ(ない場合はドコモ指定の端末)をdカードGOLDで購入すると、後日返金されます。

通常のdカードは購入後1年以内、最大1万円と比較すると、充実補償です。

【メリット7】年100万円以上利用で年会費を超える特典がもらえる

年会費を超える特典がもらえる

≪画像元:NTTドコモ

dカードGOLD会員限定で、「dカードGOLD年間ご利用額特典」があります。

dカードGOLDを年間100万円以上利用すると1万1,000円相当、200万円以上利用すると2万2,000円相当の、選べる特典がもらえるものです。

ケータイ購入割引クーポン、メルカリクーポンなどがあります。

【メリット8】コスパの高い家族カード

≪画像元:NTTドコモ

dカードGOLDの本会員の年会費は1万1,000円ですが、家族カードの1枚目は年会費がかかりません

2枚目以降も年会費1,100円/枚と、維持コストが安いです。

一般的に、家族カードは本会員カードよりもスペックが落ちますが、dカードGOLDはそんなことありません。

「dカードGOLD年間ご利用額特典」がないくらいで、それ以外は本会員カードと同スペックです。

dカード GOLDのデメリット・注意点4つ

全てにおいて完璧なクレジットカードは存在しません。

dカードGOLDにも、もちろんデメリットや注意点がありますので、解説しましょう。

【デメリット・注意点1】ドコモを利用していない人にはお得が少ない

ドコモを利用していない人にとっては、dカードGOLDはさほどお得がないかもしれません。

10%還元も受けられませんし、ケータイ購入クーポンも使えません。

「dカードお支払割」も対象外です。

【デメリット・注意点2】ポイント対象外が結構多い

多くの利用先で1%還元を受けられるdカードGOLDですが、以下のようなポイント還元対象外もあります。

・ ドコモケータイ/ドコモ光料金

・ ドコモの端末故障修理代金

・ ドコモのバリューコースにおける分割支払金/分割払金

・ NTTファイナンスおまとめ請求

・ 電子マネーへのチャージ

・ 国民年金保険料

特に注意したいのが、ドコモケータイ/ドコモ光料金をdカードGOLDで支払っても、1%還元を受けられない点でしょう。

dカードお支払割の月187円引きは受けられます。

電子マネーへのチャージは軒並み対象外ですので、他の手段を検討してください。

【デメリット・注意点3】年会費が高い

dカードGOLDの年会費は1万1,000円です。

お得なサービスが多いカードだとしても、最近の趨勢から考えると高いです。

ドコモサービスでガンガン還元を受けないと、元を取れないかもしれません

【デメリット・注意点4】キャッシュレス診療が使えない

dカードGOLDの海外旅行傷害保険には、キャッシュレス診療サービスが付帯していません

キャッシュレス診療とは、海外の医療機関で治療を受ける際、被保険者の代わりに保険会社が治療費を支払ってくれるサービスです。

病気やけがで治療中、お金の心配をしなくていいのは大きなメリットです。

もちろん、帰国後に保険会社に治療費を請求すればいいのですが、手続きが面倒です。

なにより、いったん自分で立て替えなければならないのは、金銭的に大きな負担となります。

「ドコモ経済圏住民」は持って損はなし。それ以外の人は慎重に検討を

dカードGOLDは、ドコモ利用料金が10%還元、dポイント加盟店でポイントがザクザク貯まるなど、ドコモ経済圏の人は持っていて損はありません。

一方、ドコモ経済圏の住民でない人にとって、お得度は決して高くありません

慎重に検討して、カードを選びましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)