近頃の筆者の悩みは、体重がじわりじわりと増えていること…。

さらには少し動いただけでも息が切れるありさまで、運動不足を痛感。

これではいけない! と、この春から一念発起、運動をする習慣を身に着けることに。

実は過去にはフルマラソンにも出たことがある筆者、まずは経験のあるジョギングから始めることにしました。

とはいえ、ズボラな筆者は三日坊主になってしまう不安が捨てきれません。

高級なウエアをそろえたところで、たんすの肥やしになってしまう心配も…。

というわけで、まずチェックしてみるのはダイソー。

今季もスポーツウェアが充実しています 早速チェックしてみましょう。

DAISOのコンプレッションウェアで走れる

スポーツアイテムが豊富

ダイソーは今シーズンもスポーツアイテムが豊富です。

特に屋外向けのウエアが充実して、陳列されていると感じました。

筆者が近隣店舗で調査した際は、例えばアームカバーひとつを見ても、メンズ・ウィメンズ合わせて、なんと店頭に11種も販売されていました。

11種の製品は機能にそれぞれ個性があり、ニーズに合った製品を選ぶことができます。

筆者が同店舗で確認したところ、ダイソーで販売されている製品の機能タイプは主に、

・ 接触冷感

・ UV対策

・ 吸水速乾

・ 伸縮

・ 着圧・コンプレッション

の5機能。

これらの機能が組み合わされた製品が数タイプ販売されています。

例えば、あるアームカバーは伸縮・UV対策・接触冷感の機能がついて税込み220円、という具合です。

肘上・肘下など、長さにバリエーションがあるものもありました。

ご希望の機能をイメージした上で店頭に行くと、選びやすいですよ。

おすすめは高機能タイプ!

そんな展開バリエーション豊富なダイソーでスポーツウェアを選ぶなら、高機能タイプがGOOD!

特に筆者がおすすめしたいのはこの3つです。

1. スパッツ・レギンス

C:\Users\poco\Desktop\2205.3.4\3.4\sports1.JPG

・ スポーツレギンス(税込み550円)

スポーツ用スパッツ・レギンスは筆者の近隣店舗ではウィメンズ2種、メンズ1種が販売されていました。

税込み550円のスポーツタイプと、税込み330円の接触冷感タイプ(丈長タイプ)です。

レギンスのおススメは、やはりスポーツタイプです。

写真のものはウィメンズ・L~XLサイズです。

スポーツタイプはUV対策、吸水速乾機能付きです。

10分丈で、材質はポリエステル87%、ポリウレタン13%でした。

着心地はさらりとしており、貼りつきにくく感じました。

もちろん洗濯機で洗濯可能。

ウエスト部分はベルト状に縫製されており、フィットします。

C:\Users\poco\Desktop\2205.3.4\3.4\sports2.JPG

2. アームカバー

C:\Users\poco\Desktop\2205.3.4\3.4\sports3.JPG

・ スポーツアームカバー(着圧タイプ)(税込み330円)

アームカバーは1番陳列されている種類が多かったのですが、おすすめは着圧タイプのこちらです。

写真のものはウィメンズ・フリーサイズで、UV対策、接触冷感、吸水速乾、コンプレッション機能付き

長さは44cm、肘上、肩近くまでありました。

材質はポリエステル88%、ポリウレタン12%です。

親指部分に立ち上がりがあるのがうれしいですね。

C:\Users\poco\Desktop\2205.3.4\3.4\sports4.JPG

筆者はかなり二の腕のボリュームをあるのですが、 1時間ほどランニングしてみてもずり落ちてくることはありませんでした。

コンプレッションは程よい着圧で、痛いこともなく快適でした。

3. ふくらはぎサポーター

C:\Users\poco\Desktop\2205.3.4\3.4\sports5.JPG

・ スポーツ丸編みふくらはぎサポーター(税込み220円)

写真のものはメンズです。

ひざ下タイプで、長さは33cm。

材質はナイロン58%、ポリエステル23%、ポリウレタン19%です。

ふくらはぎサポーターの販売はこちらの1種だけでした。

UV対策、コンプレッション機能付きです。

こちらの製品は、コンプレッションが圧倒的にしっかりしていました

数回洗濯してみましたが、へたる様子もなし。

筆者としては、高級スポーツブランドの製品にも引けを取らない逸品だと感じました。

ダイソーのスポーツウェアのコスパ

上記の製品は、ダイソーの中ではやや高価格の製品です。

100円ショップでは税込み110円でアームカバー、レギンスなどが販売されていることも。

しかし、上記の3製品は高価格帯とは言っても、それでもかなりのコスパ◎製品なのです。

というのも、大手ファストファッショングループで販売されているスポーツウェア製品と比較してみたところ、

・ アームカバーは税込み790円

・ レギンスは税込み990円

でした。(ふくらはぎサポーターについては、同ブランドから同様の製品の販売はありませんでした)

ダイソー製品ならば、やや高めの製品を選んだとしてもまだお得

同じ100円ショップ製品の中で、高価格を選んでも損はありません。

コスパ抜群のダイソーウェアで明日からはじめよう

ダイソーのスポーツウェアは高機能で良コスパ。

スポーツを始めるなら、ぜひチェックしてみてほしい製品だということがわかりました。

筆者のおすすめは高機能製品ですが、希望にぴったり合う機能の製品を選んでみてください。

スポーツウェアは洗い替えをふくめて数枚用意したいと考えると、ダイソーで選ぶことで大きなコストダウンができそうです。

新しいことを始めようと考える時に、ウェアを選ぶなど形から整えると、自然とやる気もわいてくるものです。

ダイソーのスポーツウェアで、気持ちのいい汗をかいてみませんか。

筆者も三日坊主にならないよう、がんばります。

情報は調査時のものであり、内容やデザインなどが変更となっている場合があります。

なお店舗により取扱の内容は異なりますので、お求めの際には事前にご確認ください。

また取扱説明をよくご確認いただき、注意してご使用いただけますようお願い申し上げます。(執筆者:新木 みのる)