スマホ決済は、改良を繰り返して良くなっていきます。

PayPayでも、改良などのため変更点がありますので、紹介しましょう。

サービス終了や変更に注意

6/30でPayPayあと払い、PayPayカード決済での+1%還元が終了

PayPayあと払い、PayPayカード決済での+1%還元が終了
≪画像元:PayPay

PayPayを利用すると、前月の利用状況に応じて0.5%~1.5%のPayPayポイントが還元されます。

2021年12月1日からは、PayPayあと払い(支払い後にリボ払いへの変更が可能)、PayPayカード(旧ヤフーカードも含む)決済を利用すると、+1%還元されていました。

上限は2,500ポイント/回・月ですので、月25万円までは+1%還元です。

ところが、6月30日をもって、PayPayあと払い、PayPayカード決済で+1%還元が終了します。

7月1日以降は、PayPayあと払い、PayPayカード決済をしても、+1%還元がありません。

PayPayステップの0.5%~1.5%還元のみです。

6/30で「PayPayピックアップ」が終了

PayPayピックアップ
≪画像元:PayPay

「PayPayピックアップ」は、スマホから注文・支払いをして、あとは待たずにお店で受け取るだけというサービスです。

しかし6月30日をもって、PayPayピックアップのサービスが終了します。

福岡PayPayドーム内の売店などは、2022年内にサービス終了予定です。

(7/1より)PayPay銀行Visaデビットの利用特典が「PayPayポイント」に変更

PayPay銀行Visaデビットの利用特典が「PayPayポイント」に変更
≪画像元:PayPay銀行

これまで、PayPay銀行のVisaデビット付キャッシュカード(Tカード)を500円利用すると、Tポイントが1ポイント還元されていました。

・Visaデビット付キャッシュカード(ベーシックカード)

・カードレスVisaデビット

については、500円利用ごとに1円キャッシュバックされていました。

7月1日(確定データの到着日)からは、3種類のVisaデビット全てで、500円利用ごとにPayPayポイントが1ポイント還元されるようになります。

PayPayポイント受取にはPayPayアカウントとの連携が必要

PayPayポイント受取にはPayPayアカウントとの連携が必要
≪画像元:PayPay銀行

PayPayポイントを受け取るには、PayPayアカウントとの連携が必要です。

PayPayアカウントと連携をした月の利用分より、PayPayポイントが還元されます。

(8/23まで)Tポイントの移動をする

Tポイントの移動をする
≪画像元:カルチュア・コンビニエンス・クラブ

Visaデビット付キャッシュカード(Tカード)に貯まっているTポイントは、

・Visaデビットに記載のTカード番号をモバイルTカードに登録する

・他のTカードにVisaデビットのTポイントを移行する

のいずれかの手続きを、8月23日までに行ってください。

PayPayポイントに交換するのもアリですね。

新たなサービスにも期待

今回は、PayPayの主な変更点について紹介しました。

「PayPay経済圏」への準備が、着々と進んでいる印象です。

終わるサービスあれば始まるサービスもありますので、そちらに期待しましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)