※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

dポイント交換で最大15%増量になるキャンペーン 交換元の対象ポイント一覧とさらにお得になるテクニックもご紹介

節約・ポイ活 節約・ポイ活
dポイント交換で最大15%増量になるキャンペーン 交換元の対象ポイント一覧とさらにお得になるテクニックもご紹介

クレジットカードや銀行のポイントは、知らないうちに増えていることが多いです。

3月にdポイントへ交換すると、もれなく10%増量、最大15%増量になります。

dポイントに交換すると増量になるキャンペーン、どのように参加するとお得でしょうか。

気になる過去からの履歴、そして、お得に利用できそうなテクニックも紹介します。

dポイント増量キャンペーンをさらにお得に利用するテクニック

3月1日よりdポイント交換で増量キャンペーン

3月1日よりdポイント交換で増量キャンペーン(画像提供元:NTT DOCOMO)

3月1日より、各種対象ポイントをdポイントに交換することで、dポイントが最大15%増量になるキャンペーンが開催されます。

キャンペーン期間:2024年3月1日~3月31日

期間中に、

  • エントリーする

  • キャンペーン対象企業のポイントをdポイントに交換すると、

もれなく10%増量となり、抽選で10人に1人の確率で交換ポイントに+5%増量されます。

「最大15%増量」と書いてあるが……

もれなく10%増量になる点に着目しよう(画像提供元:NTT DOCOMO)

今回のキャンペーンでは「最大15%増量」と書いてありますが、

注目すべきは「もれなく10%増量」であること。

抽選に当たると「最大15%増量」に“なるかもしれない”ということで、5%分は不確実である点はおさえておきましょう。

  • キャンペーン対象企業ポイント5,000ポイントを交換するなら

→dポイント5,000ポイント+もれなく500ポイント…5,500ポイントは絶対

10人に1人の確率で5%分の250ポイントがもらえる“かもしれない”最大5,750ポイントになる

とはいえ、10%分は「もれなく増量」になるため、お得ではあります。

改悪なのか?過去の実績を見てみると

dポイントに交換すると増量するキャンペーンは定期的に行われていて、前回2023年12月は5.5%増量でした。

2021年11月…15%増量

2022年3月… 15%増量

2022年8月…10%増量

2022年11月… 10%増量

2023年3月…15%増量

2023年8月…10%増量

2023年12月…5.5%増量

2024年3月…10%もれなく増量、抽選で15%増量

前回5.5%と比較すると、今回の10%は増えています。しかし、2023年3月に15%だったことを考えると、前年度比較では改悪と思われても仕方ありません。

とはいえ、2023年8月では10%増量だったわけです。もれなく10%増量は良いレートのような気もしてきます。

キャンペーン対象企業

キャンペーン対象企業(画像提供元:NTT DOCOMO)

キャンペーン対象企業は以下の通りで、ポイントサイトやクレジットカード会社、銀行や電力会社などたくさんの企業が参加します。

3月1日~

アメフリ、出光カード(プラスポイント)、NTTコムリサーチ、キューモニター、くらしTEPCOポイント、thanks!、GMOポイ活、JCBカード

(Oki Dokiポイント)、ジャックスカード

(ラブリィポイント)、スマイルポイント、UCカード(永久不滅ポイント/UCポイント)、セゾンカード

(永久不滅ポイント)、中国電力

(エネルギアポイント)、DCカード(DCハッピープレゼント)、NICOSゴールドカード(ゴールドポイントプログラム)、MUFGカード

(グローバルポイント)、三菱UFJ銀行

(三菱UFJポイント)、デジタルウォレット、東邦ガス

(がすてきポイント)、東北電力

(よりそうeポイント)、東北電力フロンティア

(フロンティアeポイント)、ドットマネー、ニフティポイントクラブ、関西電力(はぴeポイント)、フルーツメール、ふるなび、PeXポイント、ベネフィット・ワン(ベネポ)、ベネフィット・ワン(ハッピーポイント)、ベネフィット・ワン(ワクワクポイント)、Point Income、MENICOiN、Powlポイント、マイ大阪ガス(マイ大阪ガスポイント)、myCoin、松井証券ポイント、マテックポイント、マネックスポイント、ライフカード(LIFEサンクスプレゼント)、リクルートポイント、りそな銀行(りそなクラブポイント)、埼玉りそな銀行(りそなクラブポイント)、関西みらい銀行(関西みらいクラブポイント)、ワラウ、m3ポイント

3月4日~

旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

リクルートポイントでの“ちょっとしたテクニック”

お得に利用できるテクニックとしては、リクルートポイントでのテクニックがあります。

リクルートポイントの活用方法(画像提供元:NTT DOCOMO)

リクルートのサービス(じゃらん、ホットペッパービューティー、ホットペッパーグルメ、ボンパレモール)では、ためたいポイントをPontaポイント、dポイント、リクルートポイントから選べます。

この時、リクルートポイントにしておくと、今回の10%増量が受けられます。

  • ホットペッパーグルメでディナー予約4人、「直接」dポイントをためるなら…

1人50ポイント×4人=200ポイント

  • ホットペッパーグルメでディナー予約4人、リクルートポイントをためるなら…

1人50ポイント×4人=200ポイント

リクルートポイントをキャンペーンで10%増量できれば220ポイント

数か月ごとに開催される増量キャンペーンなので、すぐに使いたいdポイントがある場合では不向きですが、ポイントが多いならリクルートポイントをある程度ためておき、今回の増量で一気にdポイントに交換すれば“ポイントを増やす”テクニックもできます。

ポイントをためておいて増量キャンペーンでdポイントに交換するとお得

確実に増量できるチャンスなので交換しておこう

ポイントを積極的にためていなくても、りそな銀行のりそなポイントや、クレジットカードの永久不滅ポイント、マツモトキヨシのマツキヨポイントなど、「利用していたら自然とたまっていた」こともありそうで、そういったポイントを交換するのにもいい機会です。

各種ポイントからdポイントに交換すると増量するため、交換できるポイントを「ある程度ためておく」ことで増やしてみましょう。(執筆者:FP3級、節約生活スペシャリスト 谷口 久美子)

《谷口 久美子》
この記事は役に立ちましたか?
+2
谷口 久美子

執筆者:FP3級,節約生活スペシャリスト 谷口 久美子 谷口 久美子

大学事務職員、外資系ITコンサルティング秘書職を経験。結婚、出産し、現在は2児の母親をしながらフリーライターとして活動しています。大学時代から貯金は大好きで、コツコツ貯め、20代で1000万円貯金をした経験あり。日々の節約やポイ活はもちろん、外貨預金、株主優待などを取り入れ、無理せず楽しくお金とつきあう方法を研究中です。 優待株・高配当株・J-REIT・米国株も併せ、2022年時点で世帯保有250銘柄以上。 <<保有資格>>実用英語技能検定2級,秘書技能検定2級,日本漢字能力検定2級,司書資格,節約生活スペシャリスト,3級ファイナンシャル・プランニング技能士 <<メディア出演>>2022.9.13 楽天証券トウシル/2022.11.7 週刊現代/2022.12.16 TBS ひるおび/2022.12.16 からだにいいこと/2023.2.18 楽天証券トウシル 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

編集部おすすめの記事