※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

蓑田 真吾の記事一覧

蓑田 真吾

執筆者:社会保険労務士 蓑田 真吾 蓑田 真吾

社会保険労務士 独立後は年金などの社会保険制度、人事労務管理に関する講演活動を行い、また、労務トラブルが起こる前の事前予防対策に特化。現在は有効的な社会保険制度の活用、様々な労務管理手法を積極的に取り入れ、企業をサポートしています。 【他保有資格】2級ファイナンシャル・プランニング技能士、労働法務士 等 寄稿者にメッセージを送る

老後の「年金繰り下げ」にあたっての注意点とは?65歳の年金請求時までには決断すべき3つの判断基準 画像
ライフ

老後の「年金繰り下げ」にあたっての注意点とは?65歳の年金請求時までには決断すべき3つの判断基準

年金受給にあたって、「75歳までの繰り下げ」が報道されています。

+1
雇用保険の「加入要件拡大」を検討中 その背景と改正で恩恵を受ける人とは? 画像
ライフ

雇用保険の「加入要件拡大」を検討中 その背景と改正で恩恵を受ける人とは?

労働者に対する公的保険の一つに挙げられる雇用保険は失業保険や育児休業給付金を受給する際の保険とのイメージが先行していると思われます。

+4
リカレント教育時に活用したい「教育訓練給付金制度」とは?給付対象と金額、途中で受講をやめた場合など概要をご紹介 画像
ライフ

リカレント教育時に活用したい「教育訓練給付金制度」とは?給付対象と金額、途中で受講をやめた場合など概要をご紹介

雇用保険制度の中には教育訓練給付金制度というものがあります。

+0
2023年4月に解禁された賃金のデジタル払いとは 強制なの?ポイントもOK?気になる点を解説 画像
ビジネス

2023年4月に解禁された賃金のデジタル払いとは 強制なの?ポイントもOK?気になる点を解説

賃金の支払い方法は労働基準法で賃金支払いの5原則として、厳格に定められています。

+0
仕事と介護の両立に際して活用したい「介護休業給付金」とは?給付額の目安と利用上の注意点も解説 画像
ライフ

仕事と介護の両立に際して活用したい「介護休業給付金」とは?給付額の目安と利用上の注意点も解説

継続して働いていくにあたっては家庭の事情により仕事を継続することが困難になることもあるでしょう。

+0
定年退職後のビジネスパーソンの傷病手当金受給にあたっての注意点とは? 画像
ライフ

定年退職後のビジネスパーソンの傷病手当金受給にあたっての注意点とは?

人生100年時代となり、定年退職後も引き続き働くというビジネスパーソンは増加傾向にあります。

+0
誤解の多い「任意継続被保険者制度」とは 画像
ライフ

誤解の多い「任意継続被保険者制度」とは

健康保険には退職前の職場で加入していた健康保険制度に任意に継続して加入できる任意継続被保険者という制度があります。

+4
75歳以上が対象となる後期高齢者医療制度とは?切替方法や窓口負担割合についても解説 画像
ライフ

75歳以上が対象となる後期高齢者医療制度とは?切替方法や窓口負担割合についても解説

諸外国に比べて日本は長寿大国と呼ばれています。

+7
飲酒運転を引き起こして負傷した場合の健康保険上の取り扱いは? 画像
ライフ

飲酒運転を引き起こして負傷した場合の健康保険上の取り扱いは?

年末年始は忘年会、新年会のシーズンとなり、他の月と比べてもお酒を飲む機会が増えることが予想されます。あってはなりませんが、飲酒運転によって負傷した場合であっても治療しないというわけにはいかず、その場合の健康保険上の取り扱いはどうなるのでしょうか。

+2
有給休暇消化中にそのまま就職した場合の取り扱いとは 有休消化、雇用保険、社会保険はどうなる? 画像
ライフ

有給休暇消化中にそのまま就職した場合の取り扱いとは 有休消化、雇用保険、社会保険はどうなる?

働き方改革の影響もあり、様々な働き方が出てきています。

+5
「106万円の壁」の誤解 デメリットばかりではありません 画像
ライフ

「106万円の壁」の誤解 デメリットばかりではありません

社会保険加入者の適用拡大が進んでおり、「年収の壁」についてもクローズアップされています。

+4
年金請求前には解決しておきたい「宙に浮いた年金記録」とは?対処法をご紹介 画像
税金

年金請求前には解決しておきたい「宙に浮いた年金記録」とは?対処法をご紹介

年金制度においては今後も法改正が予想されていますが、今後も改正されないもしくは改正があったために取り残されているものの一つとして、持ち主不明の年金記録があります。

+12
最低賃金には2種類ある テレワーク時や残業代など「実務上の影響と注意点」とは? 画像
ライフ

最低賃金には2種類ある テレワーク時や残業代など「実務上の影響と注意点」とは?

年金制度とは逆行するものとして、近年上昇を続けるものに最低賃金があります。

+1
失業保険の区分「特定理由離職者」と「就職困難者」とは?自己都合退職との違いやおさえておきたいメリット 画像
ライフ

失業保険の区分「特定理由離職者」と「就職困難者」とは?自己都合退職との違いやおさえておきたいメリット

一定の理由で離職した場合には「特定理由離職者」や「就職困難者」として、自己都合退職とは別の区分となります。

+7
法改正を控える児童手当 今後の予想される動きと論点とは?改正後の支給対象や金額についても解説 画像
投資

法改正を控える児童手当 今後の予想される動きと論点とは?改正後の支給対象や金額についても解説

子育て世帯にとっては身近な児童手当ですが、継続的かつ固定的な手当であり、今後は「異次元の少子化対策」と称し、法改正も予定されています。

+0
「130万円の壁」を超えた場合に事業主が発行する「証明」とは? 画像
ライフ

「130万円の壁」を超えた場合に事業主が発行する「証明」とは?

被扶養者の社会保険には「130万円」という基準があります。 多くの企業には(12月や3月等)「繁忙期」が存在しますので、扶養の範囲内で働きたいビジネスパーソンと、特に繁忙期にはできるだけ働いてもらいたい企業では利害が一致

+5
【新たな年収の壁が出現か】予定されている社会保険制度改正について 画像
税金

【新たな年収の壁が出現か】予定されている社会保険制度改正について

いわゆる「106万円の壁」問題は連日、報道でも多く取り上げられています。 執筆時点では101人以上の企業に勤めるビジネスパーソンの場合、配偶者等の扶養から抜けて社会保険に加入しなければならないこととなっています。 そこで

+20
家族が亡くなったとき「年金請求時」に確認する重要項目 画像
税金

家族が亡くなったとき「年金請求時」に確認する重要項目

家族が亡くなった場合、多くの手続きが生じます。 年金分野に限定しても確認すべき論点は複数あります。 どのような可能性があり どのような確認をし どこで手続きをすべきか をおさえておくことがいざその時が訪れても慌てずに済む

+26
年金の「繰り上げ制度」において認識しておくべきこと 画像
税金

年金の「繰り上げ制度」において認識しておくべきこと

繰り上げの減額率が旧来の0.5%から0.4%となる(生年月日による区分があり)など制度としても改正が進められている繰り上げです。 他方、繰り上げの決断をすべき前には認識しておくべき部分が多数あり、今回は繰り上げ制度におい

+8
【あなたはどうする?】年金の「繰り下げ」制度において着目すべき点とは 画像
税金

【あなたはどうする?】年金の「繰り下げ」制度において着目すべき点とは

75歳まで年金を繰り下げることで84%も年金が増える制度に変わっています。 ただし、単に増えることばかりに着目するのは本質的ではなく、もちろんメリットを享受するには一定の制度的な理解が必須です。 今回は繰り下げにおいて抜

+12
学生時のバイト先にそのまま就職した場合 雇用保険加入のタイミングは? 画像
ライフ

学生時のバイト先にそのまま就職した場合 雇用保険加入のタイミングは?

大学生となれば学業の合間にアルバイトをすることが多く、場合によってはそのままその「職場」に就職するということも考えられます。 このような場合、雇用保険はどのように扱われるのでしょうか。 今回は卒業後も引き続き働く場合の公

+0
法改正後の「育児休業中にもらった賞与」の社会保険料免除制度とは?ケースごとに解説 画像
ライフ

法改正後の「育児休業中にもらった賞与」の社会保険料免除制度とは?ケースごとに解説

報道等によって男性育休への注目が集まっています。 諸外国に比べて日本の男性育休取得率は決して高いとは言えず、各種制度の改正によって男性育休が取りやすい土壌は整ってきました。 ただし、育児休業中に賞与が支給される場合におい

+4
固定残業制度と社会保険上の抜け落ちがちな論点とは? 画像
ライフ

固定残業制度と社会保険上の抜け落ちがちな論点とは?

給与支給形態のひとつに、固定残業代制度があります。 多くの労働判例で固定残業代制度について争いがありますが、適正な取り扱いをすれば直ちに違法な制度ということは全くありません。 また給与と社会保険は切り離して考えることがで

+0
従業員が逮捕・拘留された場合、社会保険の取り扱いはどうなるのか? 画像
ライフ

従業員が逮捕・拘留された場合、社会保険の取り扱いはどうなるのか?

ひんぱんに起こることではありませんが、万が一会社の従業員等が逮捕された場合、今まで当たり前のように給与天引きしていた社会保険料はどのようにすべきかという問題があります。 社会保険は要件を満たした場合は強制加入となることか

+2
【社会保険適用拡大で】対象となる人数の考え方と対象となった後のメリットを解説 画像
ライフ

【社会保険適用拡大で】対象となる人数の考え方と対象となった後のメリットを解説

老後2,000万円不足問題と並び注目が集まっているものの一つに「社会保険の適用拡大」が挙げられます。 具体的には2016年10月から始まり、執筆時点において、次は2024年10月に「被保険者数が51人以上」の企業まで対象

+0
【給与明細】いろいろ引かれてるけど(涙) 手取り額と長期的な視点について解説 画像
税金

【給与明細】いろいろ引かれてるけど(涙) 手取り額と長期的な視点について解説

毎月の給与は、「総支給額」からいろいろなものが引かれ、「振込支給額」が手元に残る金額となります。 引かれるものは社会保険料や所得税などさまざまな項目がありますが、今回は給与明細の振り込み支給額について解説します。 本来の

+7
外国人労働者の日本での年金制度 いつから加入? 脱退一時金とは? 画像
税金

外国人労働者の日本での年金制度 いつから加入? 脱退一時金とは?

日本ではコンビニエンスストア等の小売業等を中心に外国人労働者が増えている状況です。 年金制度に着目すると、外国人と日本人との相違点として、外国人のほうが日本の年金制度に加入できる期間の少なさが挙げられます。 今回は外国人

+3
2030年に迫る「男女の年金受給開始年齢の引き上げ」とは?労働法との関連についても解説 画像
税金

2030年に迫る「男女の年金受給開始年齢の引き上げ」とは?労働法との関連についても解説

70歳までの継続雇用努力義務が施行され、「長く働く」ことへのシフトチェンジが行われています。 ただし、厚生年金への加入状況と生年月日によっては65歳よりも前から年金の支給が始まっており、いつまで働くか、また、年金制度との

+10
学生であれば活用したい「国民年金の学生納付特例制度」とは 要件、よくある誤解、留意点も解説 画像
税金

学生であれば活用したい「国民年金の学生納付特例制度」とは 要件、よくある誤解、留意点も解説

わが国の年金制度の1階部分にあたる国民年金は、20歳から60歳までの480か月間にどれだけ保険料を納めたかによって(国民年金制度から支給される)、老齢基礎年金額が決定します。 しかし、20歳と言えば、勉学に主軸を置いてい

+3
【年金】繰り下げを請求予定が途中で亡くなってしまった場合の取り扱いとは? 画像
税金

【年金】繰り下げを請求予定が途中で亡くなってしまった場合の取り扱いとは?

人生100年時代が到来し、長生きという「リスク」に備えて可能な限り多くの年金を受給するにはどう準備すればよいか、頭を悩ます方が増えています。 そこで、公的年金制度には「繰り下げ」という制度があり、受給開始を遅らせることで

+17
働けない場合であっても社会保険料が免除されない「2つの期間」とは? 画像
ライフ

働けない場合であっても社会保険料が免除されない「2つの期間」とは?

社会保険料制度には、出産・育児により働くことができない期間に対する免除制度が設けられています。 同制度を活用しても年金額の減額はなく、免除期間中も保険証は通常通り使うことができるため、非常に大きなメリットと言えます。 他

+7
不祥事を起こした場合の「減給」の制裁の限度額とは?他の処分の種類についても解説 画像
ライフ

不祥事を起こした場合の「減給」の制裁の限度額とは?他の処分の種類についても解説

社内で不祥事に対する処分として、「減給の制裁」を科す場合、無制限に賃金をカットできるわけではありません。 労働基準法では、労働者の経済生活を脅かすことがないように一定の制限が定められています。 今回は不祥事による減給の制

+1
【産前産後→育休】育児世帯における社会保険料の免除制度における2つの相違点とは? 画像
ライフ

【産前産後→育休】育児世帯における社会保険料の免除制度における2つの相違点とは?

健康保険、厚生年金には保険料の免除制度があります。 長い職業生活の中で出産、育児によって、一時的に給与の支払いがなくなってしまうことは決して珍しいことではありません。 今回は、健康保険、厚生年金(以下、社会保険)の中で制

+2
70歳以降も働く方の「在職老齢年金」とは?対象条件と誤解しやすい部分を解説 画像
税金

70歳以降も働く方の「在職老齢年金」とは?対象条件と誤解しやすい部分を解説

年金制度の2階部分にあたる厚生年金から支給される老齢厚生年金については、同年金を受給しながら働いている場合、カットされてしまうことがあります。 これは在職老齢年金制度といい、厚生年金に加入しながら仕事を継続し、かつ、老齢

+34
賞与が「年4回以上」支払われた場合のメリットとデメリット 画像
税金

賞与が「年4回以上」支払われた場合のメリットとデメリット

新型コロナウイルス感染症は2323年5月8日付で第5類へと移行し、緊急事態宣言時と比べると(もちろんリスクがゼロということではありませんが)ある程度落ち着いたとみてよいでしょう。 そこで、企業によっては支給が延期または中

+4
【年金制度】子供の加給年金と児童手当について 画像
ライフ

【年金制度】子供の加給年金と児童手当について

2022年の出生数は過去最少の約79万人となり、初めて80万人を下回りました。 年金制度においても近い将来、制度の支え手となる「現役世代」が少なくなることは制度の持続的維持の観点からも良いニュースとは言えません。 しかし

+7

もっと見る