いろんなお店で貯まって使えるポイントの代表である「Tポイント」と「楽天スーパーポイント」。より効率よく貯めるには、クレジットカードの利用が欠かせません。Yahoo!JCBカードならTポイントが、楽天カードなら楽天スーパーポイントが貯まりますが、どちらがより、お得なカードなのでしょうか?

基本的な還元率は大差なし

公共料金の支払や街での買い物

 両者とも、還元率は1%です。還元率が0.5%のクレジットカードが多い中、1%というのはありがたい還元率ですね。

ネット通販での買い物

 Yahoo!ショッピングでの買い物をYahoo!JCBカードで、楽天市場での買い物を楽天カードで決済した場合、どちらも還元率は2%になります。

※Yahoo!JCBカードの場合、スマートフォンからの買い物なら還元率が3%になります! 普段PCを使う人でも、欲しい商品があればスマホからアクセスしなおして買い物すれば、3%の還元が受けられます。

ポイントカード自体の還元率

 Tポイントの場合、Tカード、楽天スーパーポイントの場合はRポイントカード。これらのポイントカードを持っていると、ポイント提携先ではポイントの二重取りが可能です。

 ただし、楽天スーパーポイントは基本的にほぼ1%の還元率があるのに対して、Tポイントの方は基本的に0.5%の提携先が多く、単純に貯まるポイントは半分になってしまいます。

 その代わり、Tポイントの方が提携先が圧倒的に多いので、ポイントを貯められる機会が多いというメリットはあります。

「楽天ポイント」どんどん貯めたい人は、こちらがおすすめ↓
楽天公式お小遣いアプリ

カード決済しなければポイントは貯まらない!

 Yahoo!ショッピングや楽天市場を利用する時だけクレジットカードを使い、普段は現金派、という方は多いと思います。しかし、ポイントを貯めたいのであれば普段から積極的にカード決済をした方がいいです。

 実際、わたしは昨年楽天カードをメインで使っていましたが、1年間で貯まったのは約3万ポイント。そのうち、2万ポイントは通常の買い物による付与だったんです。せっかくクレジットカードを作っても、カード決済自体を滅多にしないのであれば貯まるポイントも大して多くはない、ということですね。(参考⇒普通に生活するだけで年間3万円の得 楽天スーパーポイントの上手な貯め方

 とは言え、スーパーでの買い物などはやはり現金で支払いたい、という人もいると思います。クレジットカードを使うと、人によってはつい使いすぎてしまうことがありますし、節約のためにポイントを貯めているのに、結局支出が増えてしまった、というのでは本末転倒です。

 そこで、おすすめなのは公共料金のカード決済です。電気代やガス代など、たいていの公共料金はカード払いができます。現物を見ながら購入する普段の買い物と違って、こうした支払い関係は口座振替にしようがクレジットカード払いにしようが「使いすぎちゃう」ことはありませんので、ぜひカード払いにしましょう!

※電気代の口座振替割引について
電気料金は、口座振替にすることによって毎月50円の割引がありますが、カード払いになると割引はありません。しかし、たとえば電気料金が5,000円だったとしたらポイントが50ポイント付きますし、実質的には50円引きになっているのと同じようなものです。年間の平均電気料金が5,000円以上なら、ぜひカード払いにしておきましょう。

 水道光熱費の他、携帯電話やパソコンの通信料、新聞代、生命保険の保険料など、カード払いできるものはいろいろとあります。たとえば、水道光熱費と通信料をカード払いにするなら、一般的な家庭の場合年間5000ポイントぐらいにはなるのではないでしょうか?

ポイントを「使う」ことを考えればYahoo!JCBの方が優秀

 ポイントを貯めているばかりで、まったくポイントを使っていないという人は少なくありません。でも、せっかく貯めたポイントなのですから、使わないと意味がありませんよね。

 Tポイントも楽天スーパーポイントも、それぞれの提携店や提携サービスでの利用ができますが、この提携先の多様さ・数で言えば完全にTポイントが勝っています

 楽天ポイントで支払いができるのは、楽天関連サービスを除くと、サークルKサンクスや大丸松坂屋、ミスタードーナツなど、かなり少ないです。

 Tポイントで支払いできる提携先はとにかく数が多く、しかもスーパーやドラッグストアも入っているので、普段の買い物で普通にポイント払いができる、というのが魅力的!

 わたしは楽天カードを今後も使うつもりですが、その理由は以下のとおりです。

楽天銀行や楽天証券など、楽天関連サービスで使っているものが多い
・近所にあるコンビニがサークルKサンクス
・一番よく利用する百貨店が大丸
・よく使う店の中にTポイント提携先が奇跡的に無い
・楽天市場でも頻繁に買い物するので買い物時にポイント払いができる

 わたしのように、楽天の方がポイントが貯まりやすく、かつポイントの使い道にも困らないという人であれば、楽天カードの方がいいでしょう。

 しかし、そうでないならぜひYahoo!JCBカードをおすすめします。普通に生活していれば、街中で出会えるのは圧倒的にTポイント提携店の方が多いですし、Yahoo!ショッピングもスマホから買い物すれば安定して高還元。(楽天もキャンペーンやセールで高還元になりますが、チェックするのが面倒)

 一番いいのは両方のカードを持って「Yahoo!関連の買い物ならYahoo!JCB、楽天関連の買い物なら楽天カード」と使い分けることですが、どちらか一つを持ちたいという人なら、わたしはYahoo!JCBカードをおすすめしたいと思います。(執筆者:吉見 夏実)

24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み「楽天カード」

ワンランク上の楽天カード「楽天プレミアムカード」の申し込み⇒公式サイト

「楽天ポイント」どんどん貯めたい人は、こちらがおすすめ↓
楽天公式お小遣いアプリ