10/19の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 今週末はスシロー仮装割ユニクロがオススメ / 4コマ漫画(3回目)

毎日がお買い得「オーケーストア」 常連筆者のリピ買い5選 PayPayとLINE Payもはじめました

「オーケーストア」は、関東圏を中心に展開している激安スーパーです。

「高品質・Everyday Low Price」を掲げており、その言葉通り、品質のよいものがとても安いお値段で売られています。

生活圏にオーケーストアがあることもあり、筆者もヘビーユーザーです。

今回は、筆者がリピート買いしている、オーケーストアのおすすめ商品をご紹介します。

筆者リピート買いのおすすめ商品

1. ピザ

初めてオーケーストアに行ったとき衝撃的だったのが、種類も豊富な手作りピザ。

直径30cmほどもあるピザを、わずか469円で購入できます。

直径30cmほどもあるピザ

ピザの種類もいろいろありますが、わが家のお気に入りは

「明太子ポテトピザ」

「ブルーチーズと4種のチーズピザ」

です。

「明太子ポテトピザ」は子どもも食べやすい辛さで、おなかにたまります。

「ブルーチーズと4種のチーズピザ」は、自宅で温めなおすとチーズのにおいがキッチンに充満するほど、濃厚で食べ応えのある1品です。

宅配ピザのMサイズ相当はあるピザがワンコインで買えてしまうので、「今日はもう疲れたのでご飯作れない…」というときに本当に助かっています。

2. お肉

オーケーストアではお肉がとても安く売られています。

鶏むね肉が好きでよく使います。

筆者が通っているオーケーストアでは、いつも

鶏むね肉100g:50円程度

豚肉小間切500g:440円

と、とてもお値ごろです。

ステーキ肉やかたまり肉なども売られているので、ちょっとリッチな食卓にしたいときや、新しい料理に挑戦したいときも便利です。

オーケーストアの鶏むね肉と豚小間切れ

3. お惣菜

お惣菜も種類が豊富で低価格です。

今回は

バターチキンカレー&ナンセット:298円

たぬきおにぎり:50円

で購入できました。

バターチキンカレーはバターの風味をしっかり感じられる本格派で、たぬきおにぎりは子どもたちの争奪戦になるほどです。

安くても味は一級品です。

オーケーストアのバターチキンカレーとたぬきおにぎり

4. 卵・牛乳

変動はありますが、卵や牛乳も、近隣スーパーと比べるとかなり安いお値段で購入できます。

今回購入したときは、

牛乳1本:159円

卵1パック:138円

でした。

わが家は卵も牛乳も、以前は生協で毎週注文していたのですが、安さにひかれて今はオーケーストアで購入しています。

オーケーストアの牛乳と卵

5. 冷凍食品

オーケーストアでは冷凍食品がよく割引されています

筆者が常に自宅に常備しているのが、こちらの冷凍うどんで5食入りで169円でした。

お弁当のおかずになる冷凍食品も豊富で、夏休みなど子どもの弁当が必要になる時期にはとても助かります。

オーケーストアの冷凍稲庭風うどん

オーケークラブ会員カード × スマホ決済でもっとお得に

通常価格もお安いオーケーストアですが、「オーケークラブ会員カード」を作ると、

食料品(酒類を除く)が本体価格 × 3/103(3%相当額)割引

※カード発行費用:200円

※入会金・年会費:不要

になります。

この割引は、現金払いのときのみ適用とされていましたが、2019年4月から、LINE Pay もしくは PayPayでのスマホ決済も対象となりました。

割引適用は加盟店手数料のかからない間だけとのことですが、スマホ決済分のポイントも獲得できるので、オーケーストアでの支払いがさらにお得になりますよ。

オーケークラブ会員カードとスマホ決済

≪画像元:オーケー株式会社

「毎日使うもの」が安い。オーケーストアはとてもお買い得

オーケーストアで筆者がリピート買いしているものをピックアップしてご紹介しましたが、ご紹介したもの以外のものも、オーケーストアでは低価格に抑えられています。

たとえば、筆者が行った日にはキャベツが1玉158円、納豆が3パック69円、お菓子のコアラのマーチも1箱69円で購入できました。

毎日必要になるものがどれも安いので、オーケーストアを活用することでわが家は食費を無理なく抑えられるようになりました。

ただし、レジ袋は1枚6円と高価なので、いつもエコバッグを忘れないように気をつけています。

オーケーストアが近隣にあるという方は、ぜひ足を運んでみてください。(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光(あおみ ひかり)»筆者の記事一覧 (231)

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう