目標金額を日割りで出すと、夢に近づく

そもそも、なんのためにお金を貯めるのでしょうか。

「将来のため」

「いざという時のため」

「夢を叶えるため」など

その理由はさまざまです。

今の時代、お金を貯める主な理由は、将来の不安に備えるためではないでしょうか。

確かに、それは間違っていません。

でも、それだけだと、貯め続けるのが難しくなってきます。

それはなぜか。お金を貯める楽しみがないからです。

お金を貯めるには、私たちの気持ちを突き動かす、前向きな動機が必要になってくるのです

私の相談者のこんな話をご紹介します。

あるとき、彼女とお金を貯める目的について話をしていました。

そのとき、ランニングが趣味である彼女は、夢を「ホノルルマラソンに参加すること」に決めたのです。

ホノルルマラソンに参加したい

「それじゃあ、いつ行こうか。費用はどれくらいかかるの」

「3年後かな。予算は30万円くらい」

「じゃあ、今月からお金を貯めましょう。3年で30万円だから、1年で10万円。1か月で9,000円弱。1日300円ほど貯められれば、夢は叶いますね」

「それくらいでホノルルに行けるの。なんだかほんとうに行けそうな気がしてきました」

こうしてお金を貯める動機をはっきりさせて、目標金額を細分化していきます

すると、夢が現実味を帯びてきて、モチベーションが高まります。

1か月1万円ほどなら、無理な金額ではありません

その結果、彼女は3年後にホノルルマラソン参加の夢を叶えたのです。

もし仮に、彼女の目標がホノルルマラソンではなく、30万円という金額だったらどうなったでしょうか。

なかなか貯まらなかったと思います。

10万円くらい貯まったところで、ほかのことに使っていたかもしれません。

お金が貯まったときの姿を思い描く

具体的な夢を目的にする

そうです、重要なのは目標を金額ではなく、具体的な夢を目的にすることです。

最初に100万円とか、500万円とか金額を設定するのではなく、なにがしたくてお金を貯めるのか、という使いみちを先にはっきり決めます。

たとえば、100万円を目標にしたとしても、「100万円貯まったら、コレがしたい!」というところまで具体的に思い描きましょう

お金が貯まったときの自分の姿がしっかり描ければ、それだけでお金は貯まったも同然なのです。

それは、毎日忙しくしていても、潜在意識がそのことを忘れないからです。

相談に来られた人たちに、私がよくする質問があります。

「これからの人生でなにがしたいですか。夢はありますか」

紙に夢を書いてくださいというと、皆さん、ワクワクしながらいろいろな夢を書き出していきます。

「海の見える丘の上に家を建てたい」

「キャンプに行くために4WD車が欲しい」

「地中海を船でクルージングしたい」

という感じです。

次に、書き出した夢に優先順位をつけてもらいます。

そして、やりたいことが明確になったところで、ようやく具体的なお金の話を始めます

このように夢があれば、実際にお金を貯めることも、夢を実現させることも難しくないのです。

本記事は以下書籍から内容を一部抜粋して掲載しております。
「ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法」飯村 久美
書籍購入は以下から行えます(Amazon)