11/20のお得決済

ウエルシア:Tポイント→1.5倍分で使える / 今日はロッテリアでポテト半額 / 4コマ(5回目)

【ズボラでも貯まる】その6:1万円以内の買い物は現金払い

お金が減っていくのが手に取るようにわかる

最も貯まるお金の使い方は、なんといっても支払いを「現金」ですることです。

クレジットカードは使わず、買い物をするたびに現金払いにすると、不思議とものを買わなくなるからです。

でも、すべての支払いを現金払いにするのは、さすがに難しいと思います。

そこで、「1万円以内の買い物は現金払いにする」、それだけでいいのです。

最も貯まるお金の使い方は現金払い

実は、これだけでもどんどん貯まっていきます。

というのも、日常の買い物のほとんどは、1万円以内ですむからです。

今まで毎月お金を使いきっていたという人は、これを1週間やるだけで、お金が手もとに残ります。

では、なぜそうなるのか?

それは買い物のたびに、財布からお金が減っていくのが手に取るようにわかるからです。

すると、なにも考えずにお金を使うことに対して、慎重になってくるのです。

また、カード払いでは実感しにくい、お金のありがたみがわかります。

かつて、私たちの両親、祖父母世代には、給料が銀行振り込みになっていない時代がありました。

毎月、現金の入った封筒を会社から直接手渡されていたのです。

給料袋のずっしりとした厚みを感じながら、バッグに入れて家路についていました。

なにげないことですが、昔の人はこの習慣によって、無意識にお金の大切さを実感しながらお金を使っていたはずです

意識せずに「無駄遣いしない脳」になれる

無駄遣いしない脳になる

そうなんです、現金払いはお金を使う際の気持ちに大きく働きかけます。

すると、意識せずにやってしまっていた無駄遣いを、自分の気持ちがストップさせてくれるのです。

また、レジで「ピピッ」とやればすむ電子マネーに慣れている人にとって、財布の中の小銭をじゃらじゃらと探して支払うのはとても面倒です。

でも、それが買い物の回数を減らす抑止力になるのです。

実際にこんな人もいるそうです。

お金を支払う際に、お札や小銭をじっと見つめながら店員さんに手渡す人。

さらに、あるタレントさんの場合、お札や小銭に名前をつけているというのです。

そこまでお金に愛情が持てれば、「無駄遣いしない脳」に自然となります

ときには、高額な電化製品などを買うこともあると思います。

そんなときは迷わず、クレジットカードを使いましょう。

まとまったお金を即金で支払わなくてすむので、こういったときにクレジットカードが威力を発揮してくれるのです。

私が特に現金払いをオススメしたいのは、日ごろからコンビニなどでしている小さな買い物にもクレジットカードを使っているような人です

そうした日々の買い物が、現金で支払うことでだいぶなくなっていきます。

それが積もり積もれば、年間で何十万円も貯まる人も出てくるはずです。

現金払い派になるだけで、無理をせずとも確実に貯められる人になっていきます

本記事は以下書籍から内容を一部抜粋して掲載しております。
「ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法」飯村 久美
書籍購入は以下から行えます(Amazon)

その5:夢を見るだけで みるみるお金が貯まる ≪【ズボラでも貯まる】≫ その7:(近日公開)

この記事を書いた人

編集部 編集部(へんしゅうぶ)»筆者の記事一覧 (396) http://manetatsu.com/contact/

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう