【ズボラでも貯まる】その8:電気をこまめに消す」 と お金が逃げていく

1日中つけっぱなしのほうが割安なエアコンもある

自動でお金が貯まる仕組みは、お金以外のことにも応用できます。

それが最も簡単にできるのが、電気代です。

私たちが節約する際、真っ先に思いつくのが「電気をこまめに消す」ことでしょう。

しかし、楽にお金を貯めたいのなら、電気はこまめに消してはいけません

では、どうすればいいか。

契約しているアンペア数を下げて、基本料金を下げましょう

契約しているアンペア数を下げて 基本料金を下げましょう

しかも1回の手続きだけで、あとはなにもしなくていいのです。

どちらが楽かは、もう明らかですよね。

40アンペアを30アンペアに下げるだけで、基本料金は300円ほど節約できます

その際、気をつけたいのが、消費電力の高いものを同時に使わないことです。

たとえば、ドライヤーは12アンペア、アイロンは14アンペア、電子レンジは15アンペアを必要とします。

そこに気をつけて、アンペア数を極端に下げなければ、ブレーカーが落ちる心配はありません

エアコンも、部屋が設定温度になるまでがいちばん電気を使います。

冷房を入れると、部屋が冷えるまではフル回転ですが、設定温度を維持するのにそれほど電気は使わないのです。

1日に何回もつけたり消したりするより、1日中つけっぱなしのほうが割安な省エネタイプの機種もあります

ハウスメーカーも24時間365日冷暖房システムを採用したりしていますね。

100円節約するのに、何回スイッチを切ればいいのか

こまめに消して回ることが苦にならない人は別ですが、家の中にあるすべてのスイッチを消して回るのは、とても大変なことです。

たとえば、60Wの電気を1時間つけっぱなしにしたときの電気代は、1.5円程度です(地域や契約により異なります)。

トイレに行くためにわざわざ部屋の照明を消すと、100円節約するために、800回もスイッチをバチバチ切る必要があるのです。

そうすることで、電気料金が大幅に抑えられるならともかく、節約できる額は微々たるものです。

照明とエアコンだけでもこまめに消すようになると、相当な回数になります。

それを習慣にするのはとても面倒です。

まめに電気を消したりするよりは、しばらく使わない電化製品のコンセントを抜いたり、冷暖房の設定温度を変えたりすることで、今より電気代が抑えられます

さらには、アンペアを見直すほうがよっぽど効果が高いでしょう。

日ごろ、電気をこまめに消す習慣があればいいのですが、それを無理にすることで、「また消してなかった」と夫婦げんかを始めるくらいなら、楽な方法で見直しましょうというのが、私の提案です。

本記事は以下書籍から内容を一部抜粋して掲載しております。
「ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法」飯村 久美
書籍購入は以下から行えます(Amazon)

この記事を書いた人

編集部 編集部(へんしゅうぶ)»筆者の記事一覧 (394) http://manetatsu.com/contact/

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう