「サヤ取り」銘柄の選び方

株式サヤ取りでは、サヤの開閉によって利益を得ます

それゆえに、

過去の値動きをしっかりと調べ、サヤの動きが分かりやすい銘柄をペアに選ぶこと

が欠かせません。

具体的には、株式サヤ取りでは「変動感覚」を養うことが大切です。

以前の記事で解説したように、

過去の一定期間の日々の終値をグラフと場帖にまとめ、サヤの動きを調べていく

のです。

過去の終値データは「株式投資メモ」のサイトから取得します。

株式投資メモ 個別株価データ

≪画像元:株式投資メモ

調査期間が短すぎるとサヤのリズムが分からないため、短いリズムを刻むペアでも最低6か月、そうでない場合には1年以上の動きを見る必要があります

この調査を怠ってしまうと、適切なタイミングで仕掛けることもできません。

しっかりと調べたうえで、「このペアならばサヤを取れそうだ」と実感できる銘柄を選びましょう。

「サヤ取り」仕掛けの具体例

これだけでは分かりにくいでしょうから、具体例を示してみます。

筆者は、現在はサヤ取りをやっていませんが、本稿の執筆にあたって、

2018年の値動きから判断し、2019年に仕掛けるならばどのペアがよいのか

という視点で、サヤ取りに向いていそうなペアを1つ探してみました。

ここで紹介するのは、三井物産と参天製薬のペアです。

全くの異業種ですが、異業種間だからこそ大きなサヤが生まれることがあり、サヤ取りに適したペアが見つかるのです。

三井物産と参天製薬「2018年の動き」

まず、2018年の終値とサヤの開閉を調べます。

2018年における両銘柄の終値(日足)をグラフにすると、次のようになっています。

2018年の両銘柄の終値

どちらの銘柄も1,500~2,100円の価格帯でうねりを見せており、サヤ取りに向きそうだと判断しました。

2018年のサヤを実際にグラフにしてみると、次のようになりました。

2018年のサヤ

両銘柄のサヤは、極端な動きを見せることなく、上限は300円前後、下限は-200円前後で拡大と縮小を繰り返しています。

上限・下限のギリギリを狙いすぎると、仕掛けのタイミングを逃す可能性があるため、ある程度余裕を持たせるべきです。

仕掛けた後、サヤが不利に展開した場合には、増玉(その後の値動きで再び仕掛けること)で対処できるため、上限・下限ギリギリにこだわりすぎる必要はありません。

したがって、三井物産と参天製薬でサヤ取りする場合には、

・ サヤが200円程度になったら、三井物産を売り、参天製薬を買い、サヤが0円前後に縮小したら利確

・ サヤが-100円程度になったら、三井物産を買い、参天製薬を売り、サヤが0円前後に縮小したら利確

というように、縮小を取る仕掛けがよさそうです。

三井物産と参天製薬「2019年の動き」

さて、2018年の値動きによって縮小を取る戦略を立てました。

2019年、三井物産と参天製薬の値動きは次のようになりました。

2019年の動き折れ線グラフ

2018年のようなボックス相場ではないものの、どちらか一方が異常な値動きをすることもなく、良いあんばいに寄り添いながら動いています。

2019年のサヤは、次のようになりました。

2019年のサヤグラフ

2018年の調査をもとに、縮小を取る仕掛けでサヤ取りするならば、

1月:
サヤが200円以上になったとき

3月:
サヤが200円に迫ったとき

8月:
サヤが-100円以上になったとき

9月:
サヤが-100円以上になったとき

11月:
サヤが-100円以上になったとき

12月:
サヤが-100円以上になったとき

というように複数のタイミングで仕掛けられることが分かります。

実際の値動きからお宝ペアを探してみる

今回は執筆にあたって探したため、それほど多くのペアを吟味したわけではありません。

もっとサヤの開閉が規則正しく、分かりやすいペアがあるはずです。

四季報などから「値上がりするお宝銘柄」を探し、失敗してきた人も多いはずです。

そのような人は、実際の値動きから「サヤ取りしやすいお宝ペア」を探してみてはいかがでしょうか。(執筆者:兼山 艮)