この記事では、楽天ペイを使用して楽天ポイントを3重取りし、最大で2.5%のポイント還元される方法について解説したいと思います。

知っていればどなたでもすぐにできる簡単な方法ですので、楽天ペイを既に利用されている方も、まだ使ったことがない方も確認してみてください。

楽天ペイでポイント3重取り

楽天ペイアプリ
≪画像元:楽天ペイメント

1. 楽天キャッシュをチャージする

楽天ペイアプリで楽天カードを登録して楽天キャッシュをチャージすると、それだけで楽天通常ポイント(以下楽天ポイントと言います)が貯まります。

楽天キャッシュは楽天経済圏で使用できるお金のようなものなので楽天市場でも使用できます。

楽天カードから楽天キャッシュチャージをすると金額の0.5%(200円で1ポイント)還元されます

チャージ方法には、楽天銀行から直接する方法などもありますが、楽天カードからチャージするだけでポイントがもらえるので、この方法を使わない手はありません。

チャージ方法
≪画像元:楽天ペイメント

2. 楽天キャッシュで支払い

楽天ペイで楽天キャッシュを使って支払いをすると、支払金額の1.0%(100円で1ポイント)のポイント還元を受けられます。

楽天キャッシュチャージ分と合わせると楽天ポイントの還元が1.5%となり、通常の買い物をするだけで、楽天ポイントをお得に貯められますね。

ちなみに、楽天ペイで獲得できる楽天ポイントは翌日か翌々日にはポイントが反映されています。

お得なだけではなく、ポイントを使いやすくなるという点でも楽天ペイはおすすめできます。

3. 楽天カードの提示

忘れてしまう傾向にあるのが楽天カードの提示です。

還元率は店舗によって異なりますが、たとえば、楽天カードの提示でマクドナルドは1.0%(100円で1ポイント)のポイント還元があります。

支払いの際に楽天ペイ決済(楽天キャッシュ使用)で楽天カード提示すると最終的には2.5%のポイント還元を受けられます。

これでポイント3重取り達成です。

楽天カードの提示で楽天ポイントが貯まる店舗の一覧から「楽天キャッシュ利用可」と記載されているお店であれば、ポイント3重取りが可能です。

街で使える楽天カード
≪画像元:楽天

楽天ペイのその他の便利な使い方

楽天ペイでSuicaを使う

こちらは外回りのお仕事をされている方などに特におすすめしたい機能です。

楽天ペイアプリ中でSuicaを登録、楽天カードからチャージすると金額の0.5%(200円で1ポイント)が還元されます。

また、通常楽天ポイントをSuicaにチャージもできます。交通系の電子マネーが使用できるお店での消費に便利ですね。

ただし、楽天ペイでのSuica発行は、おサイフケータイに対応したスマホの機種のみで使用できる機能です。

瞬間チャージ機能

瞬間チャージ
≪画像元:楽天ペイメント

楽天ペイでは期間限定ポイントを優先的に支払いに使用できる機能もあります。これと組み合わせると便利なのが「瞬間チャージ」機能です。

あらかじめ設定しておけば、楽天ポイント支払いで支払い不足が発生した際に自動で楽天キャッシュチャージ、キャッシュ支払いをしてくれるサービスです。

チャージされる楽天キャッシュにはポイント還元0.5%(200円で1ポイント)が適用されます。

楽天ペイ決済で楽天ポイントをお得に貯める

ここまでをおさらいすると、

・ 楽天ペイアプリで楽天カードを登録し、ここから楽天キャッシュをチャージ・楽天キャッシュ支払いをするとそれだけで1.5%ポイント還元で「ポイント2重取り」が可能

・ 提携する店舗で楽天カードを提示するとさらに0.5%~1.0%ポイント還元で「ポイント3重取り」ができる

・ その他、楽天ペイでSuicaを登録すると楽天カードからのチャージで0.5%ポイント還元される。楽天ポイントでSuicaへチャージすることも可能

・ 楽天ポイント払いには支払い不足防止の瞬間チャージの組み合わせが便利

ということです。

普段の買い物で楽天ペイ決済を利用して、楽天ポイントをお得に貯めてください。(執筆者:永瀬 真人)